« 科学コミュニケーション――科学語での会話 | トップページ | 公衆衛生 »

2011年12月 6日 (火)

ひとまずまとめ――患者調査において、「宮城県の一部地域及び福島県の全域について調査を行わない」事について

先日より言及している、福島県全域および宮城県の一部において「患者調査」を行わない、という事について、ある程度情報が集まりましたので、取り敢えずまとめておきます。

●話の流れ

その前にまずは、どういう経緯でこの話題が広まっているか、流れを押さえておきましょう。

▽発端

確か、何か調べ物があって、twitterのリアルタイム検索で見つけたのだったと思います。そこで、福島県や宮城県において、「患者調査」が行われないという事が、驚きをもって紹介されていました。そして、次のページにリンクが張られていました。

白血病急増のネット情報に関し日本医師会に、引き続き「患者調査」について厚生労働省に電話照会を行った 宮島鹿おやじ

ここでは、投稿者が、先日広まった「白血病が7倍(省略して表現)」という情報に関連して、医師会および厚労省に問い合わせを行った経緯が詳しく紹介されています。まず医師会に、白血病に関する統計的な資料はあるかと訊き、そこで「患者調査」というものがあると言われ、厚労省に問い合わせた、という事のようです。厚労省職員との電話でのやり取りが、詳しく書かれています。
そして投稿者は、その説明のある内容に驚愕します。それが、「福島県が患者調査から除外されている」という事です。
このやり取りの記述はなかなかによく書けていて、読む人にはセンセーショナルに映ったのでしょう。twitterで紹介している人も、国は何をやっているのだ、と憤っていました。

これらをリアルタイム検索(Yahoo!のtwitter検索サービスを指す)で目にして私は、ちょっと扇動的なのではないか、と感じました。まず、「調査」というのは、色々な目的があり、調べ方にもバリエーションがあります。また、調査から除外したという事は、そう決定するに至った何らかの合理的な理由があるのかも知れない、と思ったのです。
上の掲示板ではその理由について、

国:復興を優先するため、被災した地域については今回の調査からはずした。

こう説明されたとあり、ここに投稿者は疑問を持ったようでした。他に被災している地域があるのに、なぜ、と。確かにその疑問も尤もな所があるし、自分は「患者調査」というものについてよく知らないので、調べてみようと考えました。また、私がリアルタイム検索を見た時点では、この話題に触れているのは数件程度だったのですが、内容がセンセーショナルな事もあり、不正確な情報のままこれが広まってしまってはまずいな、と思い、情報求む――患者調査において、「宮城県の一部地域及び福島県の全域について調査を行わない」事について という記事を書き、この「患者調査」という調査でなぜ福島県・宮城県を除外するのか、それについて詳しい内容を知っていたり資料があれば教えて欲しいとお願いしました。

そこで得られた情報については後で紹介する事にして、次に、私の「悪い予感」の通りになってしまった事、つまり、この「福島県を除外する」というインパクトある情報に、色々余計なものが付け加わって不正確なまま次々に拡散されていった、という流れについて書きます。

▽拡散

上でも書いたように、リアルタイム検索で最初に私が見た時は、話題にしているのはせいぜい数件程度でした。しかし、この種の情報は、余計なものが乗っかって広まる事があるので、リアルタイム検索を定期的に見ていたのです。
なぜtwitterに注目したかと言うと、twitterというのは、フォロー・フォロワー、という繋がりがあり、公式RTの仕組みを持っていて、しかも一投稿140文字制限がある事で、容易に不正確な情報が爆発的に拡散される可能性を有しているからです。人気のあるユーザーは、フォロワー数が数千から数万あり、その人の投稿やRTをタイムライン上で見、それを有用な情報として更に拡散させる、という構造を考えれば、驚異的です。※広告系のものでイレギュラーな方法を用いてフォロワー数を増やしているのもあるし、フォローはその人を支持して行うとは限らないので、フォロワー数というのは、参考にはなるが大まかな目安程度に取っておくのが無難

そして案の定、この嫌な予感は当たってしまいました。フォロワー数(※簡単に言うと、フォローというのは、その人の投稿が自分の画面上――タイムラインという――に出るように設定する事。フォロワーが沢山いるというのは、相手の投稿が自分のタイムラインに出るよう設定する人が沢山いるのを示す)が多い、twitter上の ある層において著名な人々が、情報を広めたのです。たとえば次のような人達です。

東海アマ氏(フォロワー数:54,634 ※本エントリー執筆時点。以下同様)

きくちゆみ氏(フォロワー数:14,536)

はなゆー氏(フォロワー数:20,124)

数万のフォロワー数を持つこれらの人々が紹介し、それがRTされて、次々に拡散されていくという構造です。
ここで「RT」を補足すると、「RT」とは「リツイート:retweet」の事で、他人の投稿を転載する機能を指します。これはtwitter公式の機能で、自分の画面上で何か興味深い投稿が流れてきた場合、それをRTする事によって、自分をフォローしている他の人の画面にも元の投稿が表示される、というものです。
たとえば、A氏がB氏をフォローしていて、B氏が面白い投稿を書いていたのが画面に流れてきたので、それを紹介すべく、A氏がB氏の投稿を「RT」します。そうすると、A氏をフォローしているがB氏はフォローしていないC氏の画面上にも、B氏の投稿が表示されるという寸法です(A氏がB氏の投稿を転載した事になるから)。
ここでポイントなのは、RTは投稿の転載であるから、それだけでは、好意的な意味なのか否定的な意味なのかは判別出来ない、という事です。前後の投稿を見れば、どういう意図でRTしたかは解る場合がありますが、twitterの投稿は140文字ずつのもので、前後の投稿は簡単に参照出来ないので、転載された投稿が、転載した人の意図を離れて拡散されてしまう場合があります。
RTは数クリックで出来るという気軽さがあるので、不正確な情報が短期間で爆発的に広がる危険性をはらんでいる訳です。これが、twitterでの動向に注目する理由です。
※公式の機能を使わずに、「自分の投稿の中に」他者の投稿内容を転載するというやり方もある(非公式RTと呼ばれる)。

上で紹介した人々のページの下に、「○○と他△△人がリツイート」と表示されていますが、これが、RTされた数を表します。フォロワー数が多い人の注目される投稿は、優に100RTを超えます。その全てが肯定的な意味でRTされるとは限りませんが、数千から数万の人が投稿を見て、また数百人からの人がRTをするのですから、その情報の拡散の度合いは相当なものと思われます。

こういったプロセスでtwitter上で拡散されてきて、私が最初見た時には数件だったのが、1時間辺りに数件から十数件はこの話題を取り上げるようになっていました(リアルタイム検索を、「患者調査」で検索した結果)。これは非常にまずいな、と思いました。検索でこれだけ出るというのは、「見て知ったが広めてはいない」人も含めると、かなりの数の人に情報が行き渡った事が推測出来るからです。中には当然、怪しさを指摘する懐疑的な意見もありますが、きちんと調べずに広めているのも非常に多い。

このように、twitter上で着々と広まっている様子が見て取れ、これはいけないな、と思い、このまま、2ちゃんねるのまとめサイトなどで取り上げられたらたまらないな、と考えていたのですが、やはりこの好ましく無い予測も当たってしまいました。

アルファルファモザイク:「白血病や癌などの追跡調査、今後は福島県は 除 外 します☆(ゝω・)v」by厚生労働省

これは2ちゃんねるのスレッドの投稿を抽出してまとめたサイト(いわゆる「まとめサイト」)で、人気のある所では、相当の閲覧数があります。また最近は、ページ上に、twitter上で記事を簡単に紹介出来るボタンを備えたブログも多いので(アルファルファモザイクでは、記事タイトル左部にある)、twitterと連鎖して情報が爆発的に広まる事があります。

このようにして、おそらくかなりの人々に、福島・宮城で「患者調査」が行われない事が広まったと推測出来ます。
ここで何が問題かと言うと、「患者調査を一部地域で行わない」のは事実なので、それ自体は別に良いのですが、広める人の中には、「他の余分な情報」を付け加える人がいる事です。たとえば次のようです。

http://twitter.com/#!/precious_grove/status/143101234952409088

http://twitter.com/#!/Ukoh_rain/status/142884598324535296

http://twitter.com/#!/molderlyouma/status/142819490424553472

http://twitter.com/#!/taknom/status/142797581108514816

「隠蔽」の語が踊っています。福島県全域および宮城県一部において患者調査を行わないという「事実」に、それが「隠蔽」のためである、という「解釈」を加えている訳です。これは端的に言って、「陰謀論」です。つまり、国が自身に都合の悪い情報を隠さんと調査を(一部で)中止した、という考察を行なっているという意味で、国の陰謀を示唆している。
しかし、ある現象が確認された場合、それに至った経緯や原因として考えられるものは一つではありません。今の文脈だと、患者調査を一部で行わないという現象は、「国が都合の悪いデータを隠蔽するため」だという理由以外に、様々な理由を考える事が出来ます。そして、それを確認するためには、「証拠」が必要です。既に公開されている資料等を探して、総合的に検討し、尤もらしい理由を探る作業が必須です。そこで、次からは、私が集める事の出来た資料および、コメントで頂いた意見を紹介します。

●資料

※PDFファイルからの引用に際して、改行や文字間のスペースを適宜調整する

まず根本的な所から。「患者調査とは何か。どんな目的で行われるか」について。

厚生労働省:患者調査

厚生労働省のサイト内の、患者調査の資料を載せているページです。ここの「調査の目的」に、次のようにあります。

 この調査は、病院及び診療所(以下「医療施設」という。)を利用する患者について、その傷病状況等の実態を明らかにし、医療行政の基礎資料を得ることを目的とした。 ※強調は引用者

平成23年度の患者調査の概要については、平成23年患者調査にご協力ください|厚生労働省 に掲載されています。
また、群馬大学の中澤港准教授(公衆衛生学、人類生態学、人口学)の講義資料に、患者調査を含む各種調査について詳細な説明がありますので、ご覧下さい。
人口統計・保健統計(テキスト第 2 章)(PDF)
中澤氏の資料より引用します(文を引用してリストにした。強調は原文。下線は引用者による)。

  • 患者調査 死因別死亡は人口動態統計でわかるとして,医療費や医療ニーズを把握するためには,どれくらいの人がどういう病気になってどういう医療を受けているのかという情報が必要である。それを調べるのが患者調査である。
  • 厚生労働省所管
  • 統計法による指定統計(詳細は患者調査規則)
  • 病院及び診療所を利用する患者について、その傷病状況等(推計患者数,受療率)を明らかにする
  • 3年周期で実施。直近は平成 20 年度実施(平成 21 年 12 月 3 日に結果の概要が発表された*9)。
  • 全国の病院、一般診療所、歯科診療所から層化無作為抽出された施設で,指定された3日間のうち1日について,患者の傷病名等を記録し,報告する。
  • ▽季節・曜日の代表性は不明
  • ▽傷病別に受療率が推計できるが,罹患率は求められない(病気に罹っても医療施設を利用しない人がいるため。罹患率がわかる疾患は限られている)
  • 平成 20 年度患者調査からは,入院患者総数が 139 万人強(病院が 133 万強,診療所が 6 万弱),外来患者総数が 686 万人強(病院が 173 万弱,診療所が 383 万弱,歯科診療所が 131 万弱)といったことがわかった。歯科診療所の外来患者のみ前回(平成 17 年度)より増えているが,他はすべて前回より減っている。

これが、当該調査の概要です。つまりこの調査は、特定の日に医療施設にかかった人がどのくらいいるか(受療率)を、医療施設の一部(標本)について、医療施設の管理者に調査票に記録してもらい、医療の需要や医療費について把握するために行われるものである、と要約する事が出来ます。

これは「標本調査」ですから、全体から一部を採ってきて(抽出する、と言う)調べ、そこから全体の性質を推測するものです。これは、見方によっては「大雑把」なものですが、どのくらいの精度を要求するかというのは、調査目的によります。患者調査の目的に鑑みて妥当な調査という事なのでしょう(精度を高めようとするとコストがかかるので、それとのバランスを取る必要がある)。
そして、三年に一度、ごく短期間について調査します。ですから、ある病気に罹った人がどのくらいいるかを精密に、継続的に記録し報告するものとは、基本的に目的が異なっている訳です。
これは、先日eurisko1さんに、コメント欄で詳しくご説明頂いた内容とも整合しています。
従って、一部地域で患者調査を行わないという事実のみをもって、「国が隠蔽している」という解釈を正当とする事は出来ません。そもそも調査目的が違うからです。

次に、患者調査において「福島県全域および宮城県の一部を除外」する事について、その理由が述べられている資料を示します。※順番は、資料の発表時の時系列順では無く前後します

---------

統計分科会審議会議事録|厚生労働省
これは、10/20に行われた統計分科会審議会の議事録です。ここで除外の理由について説明されています。その部分のみを抜粋します。

大震災に対して特別な措置を講じたものということで、大きな被害を受けた地域を対象地域から除外するというものが3調査

患者調査につきましても、これも3年に1度の調査なんですが、今年が調査の年になっておりまして、まさに今月が調査月になっているわけですけれども、宮城県の一部地域と福島県の全域については、調査を行わないということで対応しております。

医療施設調査と患者調査で、宮城県の一部と福島県の一部はやむを得ないと思うんですが、福島県は全域で患者調査とか、静態を行わないというのは、地域保健医療計画の策定に障害を及ぼさないのかどうかということをちょっと心配する ※引用者註:これは他の委員からの質問部分

患者調査なんですけれども、これは今、福島県は特に地震だけの影響ではなくて、原発の影響もあって、平時でない状況が続いているということで、そういった状況をあえて調査したとしても、その後の利用に耐え得るかという考え方から、患者調査の方については今回見送るという形を取っております。 ※強調は引用者

このようです。
ここでは、福島県全体を除外する理由として、原発事故への対応の影響である事が示されています。
ここで注意しなくてはならないのは、質問をした土屋委員の疑問は、調査しない事によって、医療行政を行うに当たって支障が出ないか、という懸念であって、たとえば白血病が増えていたとしてそれを見落とすのではないか、といった疑念とは全く異なっている所です。先述したように、そもそも三年ごとの調査なのですから、継続的に厳密に調査する、というのとは違っています。

---------

第46回 統計委員会 議事録(PDF)

 最後に4番目の患者調査についてでございます。  この調査は3年ごとに医療機関を対象としまして、その医療機関を利用する患者の傷病の実態を調査するものでございます。この調査についても、震災に関連しまして、調査対象地域及び報告者数に関する変更が行われております。具体的には、まず、調査対象地域から宮城県の一部の地域、これは先ほど申し上げた医療施設調査と同様に、石巻市や気仙沼市周辺地域ということでございますが、これらの地域及び福島県を除外するとともに、この地域内の報告者が除外されることから、報告者数を削減するというものであります。これによりまして削減される報告者数は、 病院が約200ということで当初予定客体数全体の3%程度。一般診療所が約100ということで当初予定客体数全体の1%程度。そのほか、若干の歯科診療所となっております。 ※強調は引用者

ここでは、宮城県の一部がどこであるかの説明がしてあります。

---------

第30回 基本計画部会 議事録(PDF)

それから、患者調査につきましても、宮城県の一部、福島県の全域について調査を行わないということで連絡しております。具体的に宮城県の一部というのは、津波の影響を受けているところでございます。 沿岸部の辺りについてできないという形になっております。福島県については、この患者調査も衛生部門を経由して調査しているのですけれども、地震のほか、原発の避難者の対応等に忙殺されているということがございまして、こちらについても調査を行わないことになっております。 ※下線、強調は引用者

ここでは、より具体的な理由が説明されています(他の統計の取り扱いや方針についても詳しく説明しています)。つまり、福島県全域が患者調査の除外対象となっているのは、「原発の避難者の対応等に忙殺」されているというのが理由の一つであると示されています。

●考察

このように、福島県・宮城県(の一部)が除外されている事について、理由を示す文書がいくつかあります。
つまり、福島県全体が除外されるのは、被災地であり、かつ原発事故関連で忙殺されていて人手が割けないから、という事のようです。また、現況で何とかデータがとれたとしても、それを患者調査の目的に照らして役に立つものとして活用出来るか、などが勘案されて、他の事を優先し、今回は患者調査から除外した、という流れなのでしょう。私はこれは、除外するに合理的な理由であると考えます。

ここで、参考になりそうなものを紹介します。

おしどりケンのワイヤーグラフ誌: 12月5日 厚労省への電話取材

漫才コンビの方のブログのようですが、厚労省に電話で問い合わせたという内容が書かれています。ここで、福島と宮城が除外された事について説明されている様子があります。引用します(原文の文字修飾は外し、改行を修正して引用する。強調は引用者による。以下同様。文章は全て原文ママ)。※一番下に注意事項

厚労省の人
「県や保健所を通じまして、医療機関に調査票を配布をしているんですけれども、その調査票にですね医療機関のほうであの、カルテを送っていただきカルテから症状なり患者の治療状況 を転記して頂くんですね、その患者調査の…は…に実施…アップされておりまして…というのはご覧いただけるとおもうんですけれども、はい、まあ調査を実施するにあたり、医療施設のほうも被災をしていて保健所も被災による復興作業で、そういう事で、とても調査できる状況ではないという事ですね。」
「もう一つは、限られた医療施設、一部地域では施設が全壊したり半壊したりしている状況もございますので、…通常の状況ではない…結果の偏りという事も考えられますので、…正確な推計ができないという事であの、除外をしております。」

このようにです。標本調査では、調べる対象のあり方によって結果に偏りが出る事があるので、それが考慮されている。その他、岩手県が除外されていない事についても言及があります。

おしどりマコ
 わかりました。
 ではこの宮城の一部、というのは主に大体どのあたりなんでしょうか。
除外をされる地域というのは。
厚労省の人
沿岸部、石巻医療県というのがありまして、市区町村ごとに調査設定をしているんですけれども、医療県で対応できないのが石巻医療県と気仙沼医療県

ここは、先に挙げた資料にある内容と整合します(「石巻市や気仙沼市周辺地域」)。

厚労省の人
「えーえーえー、はいあの被災した、そうですね原発の周辺の人たちが避難をしている状況で、そういう人たちの診療に追われている状態もございますので、 あの平時でも (声が小さすぎて聞きとれず)  」

ここでも、原発事故関連でリソースが割かれている事が言われており、前掲の資料と整合します。また、福島県と協議した、という事も書かれています。

厚労省の人
「えーえーえー、患者調査はもちろん被災ー  福島や宮城の情報を出来るだけ把握する必要があるという事は重々分かっておりますが、先ほど申し上げたようにデータの正確性、あとまあ調査に協力いただける自治体の協力を得られなかったという状況な訳なんですけども、別途災害による健康状況をフォローする調査があのー、内閣府の方で行なわれておりますので、そちらの結果等をご参照していただければ、全くその被災後の健康状態が国の方では分からない、という訳ではございませんので」

ここも整合しています。また、内閣府の調査にてフォローが出来る事も示唆されています。

このように見ていくと、除外される理由について、ある程度詳細に解ります。私としては、特に問題の無い、合理的な理由に思います。

もちろん、「出来ればやるに越した事は無い」のは解り切っている事です。受療率は重要な指標なので、正確なデータが取れるなら、あった方がいいに決まっている。しかし、現況ではそれが出来ないという見通しがあって、他に優先すべき事があると判断され、除外に至った訳です。

もしこれを見ても納得出来ない、というのならば、何とかリソースを割いて、「他のものより優先させて」患者調査を行うべきである、という事を合理的に論証する必要があります。そして、「隠蔽」を仄めかす人は更に、「隠蔽という動機を示す証拠」を提示せねばなりません。これは陰謀論ですから恐ろしく強い主張です。それを支持するに充分な強力な証拠を示す必要があるのです。それには、公衆衛生や保健統計の専門概念を把握して、各種調査の意義を理解し、何よりも患者調査を優先させるべき理由を示し、「今示されている除外の根拠」が不合理的な理由を、出所のはっきりしているデータに基づいて説明する。福島県の原発事故対応に忙殺されているという理由が今示されていますが、それがおかしいと言うのならば、福島県の現状、被災状況や資源配分のあり方を網羅的に把握して、その上で、「現状でも充分可能でありやるべきだ」と反駁しなければなりません。
それには、様々な資料を調べ、県や国に問い合わせをし、医療施設の情況を精査しないと充分な考察とは全く言えないでしょう。

隠蔽している、国は誤魔化している、と「言う」のは簡単です。しかし、それを論証するのは困難です。憶測を重ねていても、少しも先に進む事は出来ません。重要なのは「証拠」です。それを示さずに騒ぎ立てるのは無責任です。
もし、無責任に主張しているのでは無いし、国の欺瞞に対し正当に憤っているのだ、と認識しているのであれば、それなりに資源を割いて、調べ尽くすべきでしょう。それが出来ないのなら、何も言っていないのと同じです。

※注意事項:音声のアップロードでは無く電話による問い合わせの文字起こしという事で、情報の信頼の度合いは一段落ちる、というのを考慮しておく必要があります。これは、内容を意図的に変えている可能性の話では無く(厳密に考えればあり得るがキリが無いので措く)、聞き逃し、聞き間違い、書き忘れ、書き間違い、などのエラーによって情報が変容してしまうのを考える、という事です。これは、発端の阿修羅での投稿内容においても同じ事が言えます。
ですから、問い合わせ内容と、既に示した資料との整合を見る事によって検討しています。
また、言及先のブログや関連のtwitterを見ると、立場としてはむしろ脱原発のようなので(かつ、正確な情報発信を心がけているように見える)、その意味で、積極的に国に利する事を書くバイアスはかかりにくいという想定もしてあります。いずれにしても慎重に見て下さい。

|

« 科学コミュニケーション――科学語での会話 | トップページ | 公衆衛生 »

「社会論」カテゴリの記事

「科学論」カテゴリの記事

コメント

リンクに不具合があったので修正しました。
Chromeでしか確認していなかったので解りませんでした。すみません。

投稿: TAKESAN | 2011年12月 7日 (水) 20:57

メモ
http://magazine9.jp/oshidori/

その内関連のがアップされると思われ。

投稿: TAKESAN | 2011年12月 8日 (木) 11:23

http://twitter.com/#!/flurry/status/144668642414567424

▼ 引  用 ▼
患者数を調べる調査とは別
▲ 引用終了 ▲
えっと、この人は本当に何を言ってるんですか?
受療率の定義にリンク張って示しているのに見ていないんですかね。

受療率を調べるのに患者数を調べないとか、一体どういう意味なのか。しかも私がそう言ってるかのように書いてるし。

http://twitter.com/#!/flurry/status/144669890018689028
なら直接ここに書けばよろしい。

投稿: TAKESAN | 2011年12月 8日 (木) 17:31

こんばんは。
何だろうと思って、twitterのリンク先を読みにいってしまいました。リンクされてるのの間に2つ発言があるのですが、何書いてるのかたしかによくわかりませんね。
患者調査ですが、いろいろな調査の起点になる、ってそれはないでしょうし、リスク因子との関連の検討もできないでしょう。
どんなふうに調査してるの読んだら、その人の言うような判断にはならないと思うのですけれど。

投稿: ちがやまる | 2011年12月 9日 (金) 02:07

おはようございます。
詳細なまとめをありがとうございました。

貴ブログを拝見してからあちこちを見て回りましたが、あたかも被災地の健康調査がまったく行われないように表現され、非難を表明される方々も一定数おられる様なので驚きました。
この方々はニュースはごらんになっておられないのでしょうか。ニュースを見なくてもネットが繋がればきちんと検索できるのですが。
福島県は独自に福島県立医大を通して健康調査をしていますし、内閣府も大きな予算で全ての住民、子供などの健康調査を行うことを報告しています。 
福島県の調査については、モルモットにされるなどのお考えを持たれた方々もおられるようなので、陰謀云々で人の不安を煽る人は本当に罪深いと思います。 

TAKESANさまが情報を求めておられるときに、なかなか情報が書き込まれないので、誘い水になればと、ついつい不充分な知識で書き込んでしまいご迷惑をおかけしたのではないかと心配していました。
その後の調査を拝見し、私の不備は完全に直していただいたきました。 誠に有り難うございました。

投稿: eurisko1 | 2011年12月 9日 (金) 07:51

ちがやまるさん、今日は。

あの方の意見は、しばしば目にする事があるのですが、相手の言ってる事を全然見て無かったり、関連の知識を調べて無かったり、な感じですね。
知らないというのはまあしょうが無いにしても、こちらが言ってもいない事を言ったかのようにされるのはさすがに困るので、リンクしてみました。

---------

eurisko1さん、今日は。

こちらこそ、先日は教示頂いて、ありがとうございます。大変助かりました。

基本的な姿勢として、これこれこうである、としてネガティブな意見が表明されている場合には、「これこれこうである」の部分がそもそも本当なのか、という所を検討するのが大事ですね。クリティカル・シンキングと言うか。

資料を調べない人は、直観を補強するような情報をしか得ようとしないバイアスがかかっているのかも知れません。
また、今回の患者調査のように、その意味合いや目的を確認しないのは、体系とか定義とか(割合や率や標本調査の定義や意義)、そういう「知識」を検討する事を蔑ろにしている、あるいはなめているのだと思われます。

「モルモット」みたいな見方というのは、社会学的な事や心理学的な事もあるでしょうね。表現のされ方、された場、した人の立場、などが総合されて、印象が形成されるのだと思います。コミュニケーションという観点ですね。とても難しいです。

投稿: TAKESAN | 2011年12月 9日 (金) 13:16

http://www.magazine9.jp/oshidori/111209/

取材は参考になります。
なぜ福島県全域を、という風になったかのより詳しい理由はやっぱり知っておきたいですし。
でも「患者調査」の意義と言うか目的について、ちゃんと調べておられないかも知れませんね。

リンク先で押さえられていないのは、第30回 基本計画部会 議事録、の資料ですか。

私が本文で、原発を利する方向にバイアスはかかりにくいだろう、という註を書いていた理由は解ってもらえると思います(むしろ逆方向のバイアスがかかり気味)。

投稿: TAKESAN | 2011年12月 9日 (金) 20:28

案の定と言うか、上でリンクした記事への反応に、やはり患者調査をしない事への疑念がちらほら。
だから、そもそもの調査の目的等をきっちり考えておく必要があるという訳です。

それにしても、国の説明が要領を得ないものであるとは感じますが。

投稿: TAKESAN | 2011年12月 9日 (金) 20:33

引用:「でも「患者調査」の意義と言うか目的について、ちゃんと調べておられないかも知れませんね。」

具体的にどんな表ができてて、それをどう利用できるか、っていうところを見てないで、「先天性奇形や白血病を調べる患者調査」という言葉だけから想像をひろげていくと、そのfl*とかいう人の反応や漫才夫婦のような具合になるんじゃないかと思いました。漫才夫婦の場合についてはうまく問題把握を収束していけるものか、好意的に見守りたいとは思っていますが。
関係省庁の人でも、直接間接に関わってきてない方面の人は知らなくてもおかしくないでしょうし。

投稿: ちがやまる | 2011年12月10日 (土) 09:02

ちがやまるさん、お早うございます。

三年に一度行われる調査である事には触れていますが、標本調査である所、ある時点での受療率を調べる所、などは押さえていないのかも知れません。

調査目的をきちんと理解するには、それらを包括する学問、つまり公衆衛生学等の分野をまず勉強して、色々なものの位置づけなどを把握する必要があると思うのですが、それは確率的なものが入ったり、結構複雑な用語の定義があったりして難しいですし(私も全く出来ていませんし)、それ以前に、その分野が重要である事に気付くの自体がまたむつかしいのでしょうね。

投稿: TAKESAN | 2011年12月10日 (土) 09:20

厚労省に問い合わせたという人のつぶやき。

http://twitter.com/#!/masanarinaoko/status/145483034269974528

http://twitter.com/#!/masanarinaoko/status/145484181244350464

http://twitter.com/#!/masanarinaoko/status/145484955949084672

http://twitter.com/#!/masanarinaoko/status/145485975039131649

http://twitter.com/#!/masanarinaoko/status/145487447814455296

http://twitter.com/#!/masanarinaoko/status/145489059245068288

私が把握しているだけで3・4件問い合わせたというのを見たから、実際はもう少し多いんでしょう。まあ、あまり多いようならサイト上にアップするなどするでしょうけれど。

投稿: TAKESAN | 2011年12月11日 (日) 16:05

今頃になって東京新聞が採り上げています⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012010702000054.html

これは記事の一部。そして、これだけを見て、被曝隠しだろう、と評価している人もいます。さすがに論外。全文では無いと明記してあるのだから。

当該記事については、記事の画像をアップしているのがありました(リンク張らない)。一応は、両者(隠しているのでは、と疑念を懐いている側と、国や県)の言い分を併記していますが、あの書き方だと、要らぬ誤解を与えかねないように思います(悪い意味での両論併記だと思う)。

新聞記事にて採り上げられたという事で、今twitter上でも反応が結構出ている模様。隠しているのか、みたいな見方も見られます。

投稿: TAKESAN | 2012年1月 7日 (土) 12:31

見出しはもう少し考慮されても良かろうと思う。本当に。

投稿: TAKESAN | 2012年1月 7日 (土) 12:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/43275365

この記事へのトラックバック一覧です: ひとまずまとめ――患者調査において、「宮城県の一部地域及び福島県の全域について調査を行わない」事について:

« 科学コミュニケーション――科学語での会話 | トップページ | 公衆衛生 »