« 片瀬さん | トップページ | 情報求む――患者調査において、「宮城県の一部地域及び福島県の全域について調査を行わない」事について »

2011年11月30日 (水)

Mochimasaさん

Mochimasaさんは端的に言って、「途轍もなく、くどい」。Mochimasaさんの言動を追い続けている人からすれば、執拗。

しかしそれは、Mochimasaさん自身が正当な手段と認識した上での行為でしょうから、その事によってご自分がいかなる悪印象を受けようとも、それは受け容れる姿勢でやっておられるのでしょう。
しつこいと思うなら見なければ良いし、あまりにもくどく続くようならもう見なくなるでしょう。個人的な考えは一々書く事でも無いでしょうが、私ならそうします。

ただし。
Mochimasaさんの態度を見て、ああいうやり方じゃ周りまで悪く見られるよ、みたいにして、はっきり言及もせずにいつまでもごちゃごちゃ仄めかすような言い方するのは、それはそれで非常にくどいですね。直接ブログなりで徹底的に批判したり自身の姿勢を表明して、そういうやり方の人とは一切関わらないし触れもしない、とでもすればいいのに、とかね。

私が片瀬さんに懐いている印象は、昨日も書いたように、言及相手の年代等の属性に対する先入観から発言する事が多くてすごく危ういし、姿勢として好ましく無い、という事。けど、たくさんやり取りして、基本的に信頼の置ける方だ、と思っている訳です。その上で、もう少し配慮した方がいいのでは、と申し上げているという事で(poohさんもそうでしょう)。

常識的に考えたら、誤りを指摘された所で認識がすぐ改まるか、というとそんなに簡単にはいかないし、指摘がずっと後で効いてくる、というのもあるでしょう。

それを、いつまでも、くどくどくどくど書かれたら、嫌気がさす。まあそんなの当たり前だ。人の心なんてそう簡単に変容しないんだから。

相手の認識を改めるつもりなら、執拗にやって聞き入れるかは判らないし、そうでは無く、「いかにその論者は認識が甘いか」という指摘のつもりなら、尋常じゃ無く、くどい。こっちはそんなに馬鹿では無いので、数回くらい発言を採り上げ詳細に検討されていれば、後はその論者については自分で評価します。

|

« 片瀬さん | トップページ | 情報求む――患者調査において、「宮城県の一部地域及び福島県の全域について調査を行わない」事について »

「随想」カテゴリの記事

コメント

見たくなければ見なければいいというのはTAKESANさんのおっしゃる通りだし、どんな言動にせよ、それが原因で見たくないと思う人が私のTLを見なくなるのも自由です。


> けど、たくさんやり取りして、基本的に信頼の置ける方だ、
> と思っている訳です。その上で、もう少し配慮した方がいいのでは、
> と申し上げているという事で(poohさんもそうでしょう)。

私は少なくとも発言内容の科学的妥当性という意味においては、私の思い当たる範囲での過去から現在に到るまで、片瀬氏に何か致命的な間違いがあったとは思っていないし、その意味では信頼しています。それ以外の面でも、極少数の点を除けば、好人物であり、明確な悪意を持って人に接するような人物でもないと思っています。

しかし、それと片瀬氏の問題発言は独立な問題でしょう。敢えて片瀬氏の信頼性に言及した上で、「その上で」として「配慮が必要」だと述べたということは、配慮が必要か否かを判断するための材料に、その人物が信頼のおける人物であるかという情報を用いるべきだということでしょうか? そうだとすれば、私はそれは好ましからざる態度だと考えますし、自分は今後そういう態度を採るつもりはありません。


> 常識的に考えたら、誤りを指摘された所で認識がすぐ改まるか、
> というとそんなに簡単にはいかないし、指摘がずっと後で効いてくる、
> というのもあるでしょう。

一般論として分からないでもありませんが、ずっと後というのはおおまかに言ってどういうタイムスパンを想定しているのですか? 片瀬氏がこの種の不用意さを指摘されたのは初めてではないし、「未熟な学生」発言からは数カ月が経過しています。もう理解できてもいいころだと思うのに、片瀬氏は同じ問題を繰り返し起こしています(内田麻理香氏に関する発言はそれ自体は時系列的にかなり前の出来事ですが、あのブログでそのことを指摘されたのはつい最近のことです。それを「揚げ足取り」に過ぎないと片瀬氏は断じ、取り合おうとはしませんでした)。片瀬氏には間違いを認識し、それを改めるのに十分な機会と時間が用意されていたと私は考えています。

しかし、これに関しては私にも後ろめたさがあることは認めねばなりません。それは、片瀬氏がこれまでに問題を繰り返してきたにも関わらず、最近までそれが個人対個人の問題のみならず、公正な議論の場を乱す、ある意味での"反社会的行為"だと指摘して来なかったことです。

私は「未熟な学生」発言があった後に、過去にもそういう発言があった気がして、twilogを調べました。そうしたら、その内容自体は忘れていたのですが、片瀬氏は私に対して「若い正義感」云々という発言をしていたのですね。


http://twitter.com/kumikokatase/status/36222897865367554
>おじちゃん達が最近立て続けに忠告をはじめたのは、そういうのを考慮してのことだと
>思うよ。まあ、あくまで参考までにね。Mochimasaさんの若者らしい正義感は大事にして>欲しいと思ってます。

私は片瀬氏の年代に言及することの不用意さに気づきつつも、片瀬氏に悪意があるとは思えなかったし、それ以上に「正義感」を持ち込まれたことの方が重要な問題である気がしたので、敢えてその場ではその不用意さについては直接は抗議しなかったのだと思います。


その結果はどうでしょうか。私が「若い正義感」発言に明確に抗議しておけば、片瀬氏の不用意さが他の人に向かい「未熟な学生」発言が行われることは防げたかもしれません。今から思えば、片瀬氏の信頼性を言い訳にして、私はそうした指摘を怠っていたのかもしれません。


>相手の認識を改めるつもりなら、執拗にやって聞き入れるかは判らないし、

聞き入れる可能性があるのなら私は私の時間的資源をそれに投じます。また、片瀬氏は同じ間違いを繰り返していますから、それを指摘することにはそれだけの価値があると考えています。もし、もっと効率的な方法があるのなら教えてください。


>そうでは無く、「いかにその論者は認識が甘いか」という指摘のつもりなら、
>尋常じゃ無く、くどい。こっちはそんなに馬鹿では無いので、数回くらい発言
>を採り上げ詳細に検討されていれば、後はその論者については自分で評価します。

確かに、そういう指摘の側面もあります。経緯を知らない人にも分かるように書く必要もあると考えています。私がブログの記事で何度も「ホメオパシーとは」と同じ説明を繰り返しているのは、初めて読んだ人にも分かるようにです。同じ話題について何度も触れるときには、もう知っている人にはくどいだろうと思いつつも、意識的にそうやるようにしています。

投稿: Mochimasa | 2011年12月 2日 (金) 20:57

特にこの件についてこれ以上掘り下げるつもりはありません。
と言うより、このエントリーで書いた事で全部です。

くどすぎるものは(当人にもギャラリーにも)聞き入れられるとは限らない。シンプルにはそういう話です。私は一つの事例として、自身の認識を書きました。
Mochimasaさんはひどく くどいし、片瀬さんは、いかにMochimasaさんのやり方が好ましく無いかを延々とpoohさんの所で語り続けている。これもくどい。自分にも落ち度はあるけど……と続けて、でもあっちも……とやるのは非常に潔く無い。
そういうのを見ればうんざりする、という実感を言っています。それが一般的かは知りません。

ご自分の書き方がしつこい、くどい、と思われる可能性は充分に認識しておられるのでしょう? なら特に、こうしたら良いのでは、と申し上げる気も、そういう筋合いもありません。適切だと考えるやり方に徹すればそれで良いのでしょう。
本当は、このままではあまり好ましく無い方向に行くかも知れない、と思って書いたものではありますが、実際にどうなるかは判らないし、他者にああせよこうせよ、とも言えません。本質的には、お二人に対する余計なお世話です。とても出過ぎた真似です。それ以上のものではありません。

投稿: TAKESAN | 2011年12月 2日 (金) 21:38

このことについては、既に私が、Mochimasaさんと議論に入りました。片瀬さんを弁護するつもりも擁護するつもりもありませんが、Mochimasaさんのやり方はやり過ぎだと思いますので。

投稿: apj | 2011年12月 2日 (金) 21:58

全部は追っていませんが、いくつか見ています。後からまとめて全体を読むかも知れません。

投稿: TAKESAN | 2011年12月 2日 (金) 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/43204405

この記事へのトラックバック一覧です: Mochimasaさん:

« 片瀬さん | トップページ | 情報求む――患者調査において、「宮城県の一部地域及び福島県の全域について調査を行わない」事について »