« 茂木健一郎氏の世論調査観 | トップページ | クーン »

2011年9月25日 (日)

メモ:高島弘文『科学の哲学』

  • 範囲は比較的狭い。ポパーやファイヤアーベント辺りまで。ラカトシュなども出てこない風。
  • ミルの因果関係論の解説が詳しい。
  • 科学史的な具体的事例を豊富に扱って科学哲学的議論に結びつけて解説しているのが良い。主に科学の「方法」に焦点を合わせている。
  • ファイヤアーベントには批判的。

|

« 茂木健一郎氏の世論調査観 | トップページ | クーン »

「科学論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/41999180

この記事へのトラックバック一覧です: メモ:高島弘文『科学の哲学』:

« 茂木健一郎氏の世論調査観 | トップページ | クーン »