« 花澤香菜氏による標本調査論的批判的思考の一例 | トップページ | 「効く/効かない」再び »

2011年8月17日 (水)

ベスト・キッド

ベスト・キッド [Blu-ray]DVDベスト・キッド [Blu-ray]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2011/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

大変良い作品でした。

私は、オリジナルのベスト・キッドを何度も観たくらいに好きでしたが、リメイクも素晴らしかった。

ジャッキー・チェンのアクション。あまり派手なものでは無く、円熟の技という感じで、私には「美しい」と感じられました。若い頃の派手めのジャッキーアクションが好きな人には物足りないかも知れませんが、私は最初にPVを観た時に、「これだ」と思ったものです。こういう方向のものも見たかったのだ、と。主人公達のキレの良いスピード感あふれるアクションとの対比も面白いように感じます。

主人公を演じたジェイデン・スミスがこれまた魅せてくれました。このキャラクターと身体能力を兼ね備えているというのは、稀有だと思います。

観ながら、オリジナルの事も思い出し、ああ、懐かしいなあ、となり、なかなか感慨深いものがありました。

BGMも盛り上げてくれます。音楽はやはり大事ですね。

とにかく、総合的に、よく出来た良作だと思います。いい作品を見せてもらいました。

|

« 花澤香菜氏による標本調査論的批判的思考の一例 | トップページ | 「効く/効かない」再び »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/41237641

この記事へのトラックバック一覧です: ベスト・キッド:

« 花澤香菜氏による標本調査論的批判的思考の一例 | トップページ | 「効く/効かない」再び »