« 科学コミュニケーション:一撃の威力 | トップページ | メモ:抜刀局面2 »

2011年7月 9日 (土)

メモ:抜刀局面

何日か前に、抜刀時の手(鞘離れまで)に関して気づきが得られたのでメモ。多分、この視点から考えている人はほとんど存在しないと思う。

はっきりとは解らないように列挙(きちんと書くには知識とデータが不足しているので)。

  • 手。握り締めるかどうか。
  • 握り締め、手によって刀に与えられるトルク。
  • 鞘と刀身。刀身の向き。レール。刀身の回転が与える何か。
  • 鞘と刀身。摩擦。金属と木(油含まれる)。
  • 持ち方。クリップ。人差し指側。指が与える力の方向と数。引き摺る。
  • 手と柄。摩擦。動摩擦係数。ギリギリ離れない。
  • ヒンジ。柔らかい構造。
  • 握り締め。固定。固い構造。要らない内力(と言っていいか?)。刀身の運動に必要最小限の外力。
  • 鞘離れまで。並進運動中心。回さない。
  • 測定。達人。鞘離れまで。前腕の筋群。おそらく強くない。鞘離れ以降に強烈に活動か。
  • 「刀はどう運動すべき」を考えよ。合目的性。刀を中心に。

|

« 科学コミュニケーション:一撃の威力 | トップページ | メモ:抜刀局面2 »

「武術・身体運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/40743395

この記事へのトラックバック一覧です: メモ:抜刀局面:

« 科学コミュニケーション:一撃の威力 | トップページ | メモ:抜刀局面2 »