« 黒田鉄山師範の動き | トップページ | 練習:乗法公式 »

2011年6月 8日 (水)

E3

個人的なインパクトの大きさとしては、

  1. VITAの価格発表
  2. Wii Uの発表

という感じでした。やはり新ハードの発表のインパクトは大きく、その意味ではMicrosoftは相対的に印象は薄かった、とは思います。

VITAは、ゲームタイトル等は既出の情報から大きく付け足されたものは無かったですが、価格が25,000円を切るというのは思ってもみなかったので、驚きました。

Wii Uに関しては、カンファレンスを観ていてそれほどピンとこなかったのですが、任天堂のサイトで、宮本氏と岩田氏の対談、それから細かい仕様を見て、コンセプトがある程度見えてきました。ファミリー層向けタイトルに加え、それまで任天堂ハードから出るとは思わなかったようなタイトルを充実させる、という方向性の転換と、コントローラのデザイン。個人的には、テレビの番組表やゲームのテキストの見にくさ、つまりアクセシビリティというのを前々から考えていたので、そこについてのやり取りには強く興味を持ち、共感しました。

kinectの新タイトルのアクションゲームも良さそうでした。それから、指の動きも検出されるようになるという事で、これはkinectハックの可能性の面からも興味深いですね。

新ハードについては、Wii Uの価格、それからVITA・Wii Uのロンチタイトルが鍵となってくるのでしょう。個人的には、VITAのロンチで、開発が進められているという噂のファルコムRPGが出てくれば、国内でのインパクトはかなり大きいのではないかと思います。RPGは根強い人気があるでしょうし、加えて良質なゲームを送り出すファルコムが、となれば、ユーザーの期待は高まるでしょう。Wii Uは、妥当な所としてはマリオシリーズでしょうか(でも意外にロンチとしては出ないタイトルだったりする)。いや、意表をついてFPSなどを出してくるかも知れない。なにしろ、深く・広く、というコンセプトだそうなので、スタートダッシュでのユーザーの取り込みは工夫してくるでしょう。3DSの事(タイトルの充実など、かなり出遅れている)もありますし。

いずれにしても、具体的な情報が出て来るのはTGS辺りになるのでしょう。楽しみですね。

|

« 黒田鉄山師範の動き | トップページ | 練習:乗法公式 »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/40308008

この記事へのトラックバック一覧です: E3:

« 黒田鉄山師範の動き | トップページ | 練習:乗法公式 »