« 腰のひねり | トップページ | ”3D”S »

2011年3月 7日 (月)

見えなかった【3DS体験記】

ニンテンドー3DS アクアブルーVideo Gamesニンテンドー3DS アクアブルー

販売元:任天堂
発売日:2011/02/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

友人宅で、3DSを体験しました。

結論から言うと、立体視が全く出来ませんでした。3Dボリュームをどう変化させても、数種のコンテンツで試してみても。
元々私は立体視出来にくい条件にいくつも当てはまっていたし、たとえばランダムドットステレオグラムや、メガネ型の3Dテレビでもちゃんと見えた事が無いので、予想通りではありました。

同様に立体視しにくい人は一定の割合いるようですので、もし、3D機能を楽しみたい、と思って3DSに注目している方、あるいはお子さんなどが欲しがっている場合には、出来れば店頭などで体験し、立体視出来るかどうかを確認するのが良いと思います。※任天堂による、店頭で体験出来る店舗一覧⇒ニンテンドー3DS|お店で体験|Nintendo

もちろん、3D機能は目玉ではありますが(なにしろ商品名についている)、全体的に機能向上している訳ですので、立体視出来ないから・・・という話では無いですね。ストリートファイターIVや顔シューティングをやらせてもらいましたが、やはりグラフィックの向上などよく判りますね。地味な所ではスピーカーが非常によくなっている(DSのがあまりにチープだというのもありますが)。

スーパーストリートファイターIV 3D EDITIONVideo GamesスーパーストリートファイターIV 3D EDITION

販売元:カプコン
発売日:2011/02/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やらせてもらったソフトの一つ。携帯機であのグラフィックがというのは、やはり感心しますね。
操作系は、一言「やりにくい」。携帯機で格闘ゲーム、というのがそもそも難しいものがありますが、それにしても戸惑いました。方向キーでやるとスライドパッドが干渉し、スライドパッドでやろうとすると、ついているのが上部なので、Lボタンを構えつつ移動やコマンド入力するのがスムーズにいかない。
波動拳などはするっと出せますし、スライドパッド自体の操作感は非常に良い感触です。コマンド入力を多用しない一般のアクションやロールプレイングでのキャラ移動などは、快適だろうと思います(リッジレーサーはすごくやりやすかった)。

ニンテンドー3DS|顔シューティング|Nintendo

これは、本体内蔵のゲームなのですが、私としては、このゲームが一番インパクトがありました(笑)
まず自分の顔なりを本体カメラで撮影して取り込んで、それが敵キャラとして出現するので撃っていく、というものなのですが、ステージが、カメラで捉えている画面なのですね。つまり、自分の部屋でやっているとしたら、そこがステージになる。で、敵の方向が表示されるので、それに合わせて本体を動かすと敵が見えてきて、それを撃つ、と。部屋全体がステージになり、全方向に3DS本体を動かして撃っていく。シンプルですが、実に面白い。

-----------

本体のデザインも、おもちゃっぽさを残しつつも高級感があり、ずっしりとした重量感(これは携帯機としては欠点と捉える人もいるでしょうね)。なかなかいい感じです。

まだ発売されて間も無い事もあり、ソフトが出揃っていない感がありますが、今後発表されるラインナップが楽しみですね。本機で搭載された機能を駆使した面白いゲームが出てくるのでしょう。

|

« 腰のひねり | トップページ | ”3D”S »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

結論から言うと、て「何の結論」なんだよ、て気もしますけど、あんま考えないように。

投稿: TAKESAN | 2011年3月 8日 (火) 00:02

顔シューティングの所、
 「写して」

 「本体カメラで撮影して」
に修正。

投稿: TAKESAN | 2011年3月 8日 (火) 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/39146378

この記事へのトラックバック一覧です: 見えなかった【3DS体験記】:

« 腰のひねり | トップページ | ”3D”S »