« 想定の内と外 | トップページ | 賢いだけでは »

2011年3月29日 (火)

放射能――正しく黙るためにも

このような事態においては、正しく黙れる能力も大切である、というのが、最近痛感している事です。
しかし、正しく黙れるためには、ある程度の知識を持っている必要があるでしょう。

という訳で、一般の人が特に関心を持つと思われるであろう「放射能」や「放射線」、そして「ベクレル」や「シーベルト」などについて書かれたものを、放射線医学を平易に解説したテキストから引用してみます。また、それぞれの用語について、より詳しい解説が書いてあるページにリンクし、情報を補います。多少でも役に立ててもらえれば幸いです。

引用文献:放射線医学総合研究所[編] 『知っていますか? 医療と放射線 放射線の基礎から最先端の重粒子線治療まで』 ※P10・P11(放射線・放射能)および、P22-P24(ベクレル・グレイ・シーベルト)より引用。図はP11、P25よりキャプチャ。

 知っていますか?医療と放射線 放射線の基礎から最先端の重粒子線治療まで 知っていますか?医療と放射線 放射線の基礎から最先端の重粒子線治療まで
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

○ベクレル

 ベクレル(Bq)
 放射性同位元素とは、放射線を出す元素のことでしたね。この放射性同位元素が放射線を出す強さ、つまり放射能の強さを計る単位としてベクレル(Bq)が使われます。以前はキュリーという単位が使われていたので、そちらのほうがなじみがあるかもしれません。
放射性同位元素はその原子核が壊れることで放射線を出しています。したがって、たくさん原子核が壊れたら、たくさんの放射線が出てきますから、放射能が強いことになります。
1ベクレルは、1秒間に1個の原子核が壊れるときの放射能の強さです。同じ放射性同位元素の場合、1ベクレルと10ベクレルを比べると、10ベクレルのほうが10倍、放射能が強いということができます。
 医療の現場では、「前立腺がんは、○○ベクレルの放射性同位元素を直接、前立腺に埋め込んで治療します」のように使います。

放射線(ほうしゃせん)、放射線の種類(しゅるい) | 種類(しゅるい)と性質(せいしつ) | あとみん用語集-小学生-

放射能 | 放射線の影響 | あとみん用語集-中・高校生-

放射線と放射能 アトム博士の用語集|原子力、放射線、エネルギーと環境のことが学べるあとみん

ベクレル | 発見・人・歴史 | あとみん用語集-中・高校生-

放射能 - ATOMICA -

ベクレル - ATOMICA

○グレイ

 グレイ=吸収線量(Gy)
 ある物質が受けた放射線の量をエネルギーを基準にして表したものです。ここでは太陽の光を例に説明しましょう。太陽の光にあたると温かく感じます。これは太陽の光が私たちの体にエネルギーを与えているからです。放射線も同じで、放射線がある物質を通過するとき、その物質にエネルギーを与えるのです。放射線があたって1キログラムの物が1ジュール(1ジュールは約0.238カロリー)のエネルギーを吸収すると、そのときの放射線の量は1グレイとなります。
 医療の現場では「あなたの腫瘍は、1回2グレイで30回、合計で60グレイの放射線量で治療をしましょう」というように使われます。合計60グレイですから、仮に対象とする腫瘍が1キログラムという大きなものであったとしたら60ジュールのエネルギーを与える放射線があてられるということになります。

吸収線量 | 種類と性質 | あとみん用語集-中・高校生-

グレイ(Gy) | 発見・人・歴史 | あとみん用語集-中・高校生-

吸収線量 - ATOMICA -

グレイ - ATOMICA -

○シーベルト

 シーベルト=実効線量(Sv)
 同じエネルギーを受けても、放射線の種類やあたる場所(臓器)によって、放射線の人の健康への影響は異なってきます。同じエネルギーを受けてもエックス線やガンマ線に比べ中性子線は5~20倍、アルファ線は20倍も高い影響を与えることがあります。また、受ける場所によっても、その後の影響は異なります。つまり、放射線を足の先に受けるか、放射線に弱い骨髄に受けるか、肺や肝臓に受けるか、そういった受ける場所によって、その後の健康に与える影響は違ってきます。
 このように放射線の種類や、あたった臓器ごとの影響の違いを考慮に入れた単位がシーベルトです。人の健康に対する「実際の効果」を基準にした線量ですから、実効線量とよばれています。シーベルトの千分の1を表す、ミリシーベルトという単位で使われることが多いです。
 医療の現場では「胸のエックス線検査では、1回の検査における実効線量は0.05ミリシーベルト以下であり、人が1年間に自然環境から受ける実効線量2.4ミリシーベルト(引用者註:世界平均。下記リンク先の図を参照)よりずっと少ないので、健康への影響は少ない」というように使われます。
 次のページの図 画像へのリンク は、私たちのまわりにある放射線の量を図示したものです。放射線の量の単位が、シーベルトとグレイになっていることに注目してください。放射線量が少ない領域ではシーベルト(普通はその千分の1のミリシーベルト)が使われています。これは全身に放射線を浴びることで将来起こってくる影響(がんなどの発症)を基準にするからです。一方、治療に使われる放射線の単位には、実際に吸収される放射線のエネルギーを示すグレイという単位が使われます。

ベクレルとシーベルト アトム博士の用語集|原子力、放射線、エネルギーと環境のことが学べるあとみん

シーベルト(Sv) | 放射線の影響 | あとみん用語集-中・高校生-

等価線量 | 種類と性質 | あとみん用語集-中・高校生-

等価線量 - ATOMICA -

実効線量 - ATOMICA -

シーベルト - ATOMICA -

○放射線・放射能

 3 放射能と放射線、放射性物質と放射性同位元素
 ここで少し言葉の説明をしておきましょう。はじめは放射能と放射線です。放射「能」と放射「線」、後ろにつく一字が違うと、意味も少し違ってきます。
「放射線」は第1項でも説明しましたように、光や電波の仲間(たとえばエックス線(X線))や原子を構成する粒子の非常に速い流れ(たとえば電子線)でしたね。一方、放射能というのは、放射線を出す能力のことです。放射線を光と考えると、放射能は電球のように光を出す能力です。
 医療に関連して、放射性物質、放射性薬剤、放射性同位元素、放射性同位体、放射性核種といった難しい言葉を聞くことがあります。「放射性」という言葉からわかるように、どの言葉も「放射線を出すもの」のことです。ただし、はじめの「放射性物質・放射性薬剤」と、あとの「放射性同位元素、放射性同位体、放射性核種」には、少し違いがあります。
画像へのリンク をご覧ください。甲状腺の検査に使う検査薬を例に説明しましょう。甲状腺検査には「ヨウ素123」という放射性同位元素を含んだ検査薬を使います。含まれているヨウ素123は放射性同位元素とよばれます。放射性同位体や放射性核種ということもあります。放射性同位元素、放射性同位体、放射性核種はほとんど同じ意味です。一方、検査薬はヨウ素123という放射性同位元素のほかに、水や安定剤などの放射線を出さない物質を含んでいます。このように放射性同位元素が含まれるものを放射性物質(薬のときは放射性薬剤)とよびます。つまり、放射性物質というのは、放射性同位元素を含む物質という意味です。なお、放射性同位元素による検査や治療は、別の項(第32,34項)でご紹介します。
 放射性同位限元素という代わりに、英語のラジオアイソトープという言葉がよく使われます。また、ラジオアイソトープ(Radio Isotope)の頭文字をとって、アール・アイとよぶこともあります。病院などで、「アール・アイ検査(RI検査)を受けてください」といわれたときは放射性同位元素を用いた検査を受けるということになります。

同位体(アイソトープ) | 種類と性質 | あとみん用語集-中・高校生-

放射性同位体(ラジオアイソトープ) | 種類と性質 | あとみん用語集-中・高校生-

放射性物質 アトム博士の用語集|原子力、放射線、エネルギーと環境のことが学べるあとみん

同位体・同位元素 アトム博士の用語集|原子力、放射線、エネルギーと環境のことが学べるあとみん

同位元素 - ATOMICA -

同位体 - ATOMICA -

放射性同位体 - ATOMICA -

放射性同位元素 - ATOMICA -

放射性核種 - ATOMICA -

放射性医薬品 - ATOMICA -

○参考資料

北里大学病院放射線部による、基本的な知識の説明、および同病院における放射線被曝線量データなど⇒医療の中の放射線基礎知識 : 放射線部 : 北里大学病院

|

« 想定の内と外 | トップページ | 賢いだけでは »

「科学論」カテゴリの記事

コメント

一章の内容がPDFで参照出来るようになっています。
http://pub.maruzen.co.jp/index/kokai/
※丸善のサイト

投稿: TAKESAN | 2011年4月 7日 (木) 11:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/39408852

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能――正しく黙るためにも:

« 想定の内と外 | トップページ | 賢いだけでは »