« バットマンは達した武術家だったのだ | トップページ | ひたすらな切断とひたすらにアド・ホック »

2010年12月20日 (月)

模型のわかりやすい「教科書」

モデラーのオオゴシさんが、新しい本を出されたそうです。

はじめてだってうまくいくガンプラの教科書 (012Hobby)Bookはじめてだってうまくいくガンプラの教科書 (012Hobby)


著者:オオゴシ トモエ

販売元:大泉書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私は、今の住環境その他の事情から、今はちょっと模型はお休み中なのですが、いずれにしても一生の趣味にしようと考えているものです。

思えば、大分前に友人がプラモを買うというので模型屋に一緒について行き、そこで作例を見て衝撃を受けたのをきっかけとして俄然模型製作に興味を持って、ホビージャパン誌や模型の入門書を読みあさっていて、その時に、オオゴシさんとMAX渡辺氏の連載、そして本に出会ったのでした↓

MAX渡辺&大越友恵のガンプラ大好き!ビギナーのための模型制作ガイドMAX渡辺&大越友恵のガンプラ大好き!ビギナーのための模型制作ガイド
販売元:遊び・クリエイション
遊び・クリエイションで詳細を確認する

オオゴシさんはスタンスとして、懇切丁寧な説明や、ビギナーと模型製作との橋渡しをする事を心がけておられるようで、テキストの書き方にもそれが現れていて、「解りやすいテキスト」を志向する自分としても、とても好感が持てます。興味はあるんだけどハードル高そうだな……という人に関心を懐いて貰う、というのは、文化の盛り上がりに関わる事だし、とても難しい事でもあると思う訳です。

冒頭で紹介した新刊、私は未読ですが、内容の一部が紹介されているページ はじめてだってうまくいくガンプラの教科書 大泉書店 で、配慮の行き届いたものである事が見て取れますね。読むのが楽しみな本です。

|

« バットマンは達した武術家だったのだ | トップページ | ひたすらな切断とひたすらにアド・ホック »

「ホビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/38149200

この記事へのトラックバック一覧です: 模型のわかりやすい「教科書」:

« バットマンは達した武術家だったのだ | トップページ | ひたすらな切断とひたすらにアド・ホック »