« プラセボフォルダ開放 | トップページ | motion »

2009年5月 1日 (金)

かかってき給え

うさぎ林檎さんっ!

天ぷらにソースはデフォルトですって!!

あれです。全く気を遣わずに混ぜて粘りが出まくった衣をつけて揚げたイカの天ぷらにウスターソースですよっ。

↓天ぷらにソース派 VS 天ぷらにソース(笑)派 の論争が。私はソース一派だ。

ちなみに私、揚げ物やハンバーグに おろしポン酢上等派、なので、みつどん&黒猫亭連合と戦う運命にあるのですが、ひとまずその戦いは措いておく事にしませう。

タイトルごめんなさい、マジで。皆好きな物食べればいいじゃないですか、はは・・・。

ネタ元:ルールは破るためにある。 - みつどん曇天日記

 天ぷらにソースをかけますか? ニッポン食文化の境界線 天ぷらにソースをかけますか? ニッポン食文化の境界線
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

|

« プラセボフォルダ開放 | トップページ | motion »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

・・・天ぷらにソース。
トンカツにも醤油の私にとっては、マックグリドルとかポテトサラダに缶ミカン&リンゴ並にありえません!
ソースとかケチャップとか、この世からなくなってもなんら問題なし。
醤油万歳。

投稿: トンデモブラウ | 2009年5月 1日 (金) 07:54

トンデモブラウさん、今日は。

トンカツに醤油、とは何と邪ど……と書こうとしたら、普通にアジフライなんかには醤油をかける事があるのを思い出したのであります。

ケチャップが無いと、オムライスの楽しみが激減ですよっ。ソースが無いと、お好み焼きの楽しみが激減ですよっ。

投稿: TAKESAN | 2009年5月 1日 (金) 12:05

TAKESAN、こんにちは。

・・・しようがない、釣られてあげます。

天ぷらにソーーーース!!!(表情はムンクの叫びで)

いや、マジで意表を突かれたのです、そんな食べ方見た事無かったんですよ。
私はポテトサラダに絶対ソースなので、(だって子供の頃からそうやって食べさせられたので世の中みんなそう言うモノだと思ってましたよ、大人になるまで)ソースを肯定するのは吝かではありませんよ。昔、おたふくソースが全国区でなかったときに、大学から帰省する時に土産にしたくらいですからね、大好きですよ。

が、しかしであります。ソースって素材の味ぶち壊し系調味料じゃないですか?何食べてもソース味になるのがソースのソースたる所以(何を言っているのかもう意味不明)。そこへいくと天ぷらは、繊細な素材の味がどーとかこーとかって料理な訳です。何か代官山あたりでは塩で食べてそうでしょ?でしょ?(代官山は適当)
海原雄山にだって湯気立てて叱られますよ、おそらく「この、たわけっ」とか言ってね。
と言うことで、私の驚きは至極正当なものであります。

あ、私の母はご飯にソースかけて食べられるそうです、うーむソース道は奥が深い。

投稿: うさぎ林檎 | 2009年5月 1日 (金) 14:31

うさぎ林檎さん、今日は。

ポテトサラダにソースなんてあり得な……と書こうと思ったら、私はそもそもポテトサラダがそんなに好きじゃ無かった、という驚愕の事実を思い出した次第。


そこへいくと天ぷらは、繊細な素材の味がどーとかこーとかって料理な訳です。何か代官山あたりでは塩で食べてそうでしょ?でしょ?(代官山は適当)


そこでやはり、黒猫亭氏の発言が絡んでくるのであります。すなわち、


くたくたになった宵越しの天ぷら


これです。そして、私が書いた、


全く気を遣わずに混ぜて粘りが出まくった衣をつけて揚げたイカの天ぷら


これです。

ここから導き出されるのは、天ぷらにソースは、一つの誤魔化しのしゅだ……あれ。

いや。

厚めの衣をぼてっとつけて揚げた天ぷらは、「ミニお好み焼き」とも言うべき料理へと変貌を遂げる訳です。そして、それにウスターソースをかけるのは、これ「道理」であります(キリッ)

黒猫亭氏も仰るように、ふわふわさくさくの天ぷらにソースをかけるのは、さすがに無謀な所業であろうと考えるのでした。

投稿: TAKESAN | 2009年5月 1日 (金) 17:18

こんばんは。
この度は当ブログ、主に コメント欄 を取り上げて頂き真にありがとうございます。エントリータイトルに悩んだんですが、こうして引用されると何だかしっくり来ますね。
どうでも良いですが

>みつどん&黒猫亭連合

早い!安い!味はそれなり! 定食みつどんスペシャルランチ650円ご飯大盛り無料!
……な雰囲気が漂ってくる連合です。
きっと親子丼にカツとテンプラのせて「みつどん」ってメニューがあるんですよきっと。

投稿: みつどん | 2009年5月 1日 (金) 20:48

黒蜜かけて食べるんですね。<< みつどん

投稿: ちがやまる | 2009年5月 1日 (金) 21:26

こんばんは。

>みつどんさん&All

ネタがこっちに移動したみたいなので、こっちで。
フリッターと天ぷらは作り方が違いますからね。どう違うのかって?
ググれ、カス!(ごめんなさい、ごめんなさい、一遍言ってみたかったんです。最近の人は、質問にみんな厳しいデス)
てことでググって見てください。( ̄▽ ̄)

投稿: うさぎ林檎 | 2009年5月 1日 (金) 22:25

皆さん、今晩は。

めっちゃ甘そうですね<蜜丼

そういえば、クタクタになった天ぷらを丼つゆにつけて天丼にして喰らう、というのもやりますね。これも誤魔化…工夫。

フリッター、食感その他が違うのは解っていたんですが、よく考えたら、意識して作った事が無いので、レシピを知らなかったでした。

天ぷらとフリッターの境界設定問題が勃発……しないか。

投稿: TAKESAN | 2009年5月 2日 (土) 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/29374696

この記事へのトラックバック一覧です: かかってき給え:

« プラセボフォルダ開放 | トップページ | motion »