« kita- | トップページ | 後で効くかも »

2009年5月14日 (木)

必要無い

日本水連、代表選手の茶髪禁止など再指導 - MSN産経ニュース

「必要ない」という理由で「禁止」するのなら、大概の事は禁止出来てしまいますな。

禁止が正当化されるのは、「やらない必要がある」のが合理的に説明出来る場合のみ、でしょう。

で、どう説明します?

|

« kita- | トップページ | 後で効くかも »

「社会論」カテゴリの記事

コメント

TAKESANさん、こんにちは。

都会に住んでいると実感しづらいのですが、公立の中学では女子は髪の毛は肩までの長さ、男子は丸坊主、外出時は私用でも制服着用、県外へ外出する時は学校に届け出する、なんて規則・指導は今でもあるんじゃないでしょうか。この延長線上に、こういう発想があるのでは?と思ってしまいます。でも記録で評価が決まるスポーツですから、茶髪だと記録が落ちる明確な証拠が必要ですよねぇ、でなけりゃ日本水連は大人げなさ過ぎってもんです。

TAKESANでは敬称がないと、今更気付き付けてみたのですが。
・・・うーむ、”アグネス・チャンちゃん”みたいorz

投稿: うさぎ林檎 | 2009年5月14日 (木) 14:25

こんにちは。
本題からズレまくったコメントですみません。

うさぎ林檎 さん:
> TAKESANでは敬称がない…

私は「武三(たけぞう)さん」というような表記を(勝手に)想像した上で TAKESANさん と綴っていました。

投稿: YJS | 2009年5月14日 (木) 14:35

うさぎ林檎さん、YJSさん、今日は。

一応、「TAKESAN」が名前ですけれど、呼びやすい方で書いて頂ければ。

信じがたい事に、未だに坊主強制の学校は、地方には存在しますね。割合がどのくらいなのかは判りませんけれども。

本当に染髪(染髪か「黒い髪以外」かは記事からは判りませんが)やピアスやらを禁止したいのなら、競技力を落とすという因果関係を示す、強力な証拠が求められるでしょうね。そうで無いと、「結局好き嫌いの次元で言ってるんじゃ?」という反論には対する事が出来ないと思います。

装飾品の場合は、金属製だと危険だから、などの理由で、「競技中は取り外す」、等は言えるかも知れません。それも、あくまで競技中あるいは練習中の話でありますが。武道やる時に指輪してたら危なかったりしますしね。でもそれは、ごく一般的なレギュレーションに既に組み込まれていると見るのが妥当でしょうけど。

投稿: TAKESAN | 2009年5月14日 (木) 15:13

そもそも水泳やってる人って,プールの塩素のせいで髪が茶色くなっちゃってるイメージがあるんですが,イマドキのプールはそんなことないんでしょうか?
まさか「黒く染めろ」って話ではないですよねえ (^^;

投稿: たかぎF | 2009年5月14日 (木) 18:21

こんにちは。TAKESANさん、みなさん。

多分…これに似た話って至る所にあるのだろうとは思うのですが、まずは「大人扱いか小人扱いか」というのがあるんでしょうね。
大人扱いなら、1)基本的に好きにさせる、2)所属する組織でローカルルールを設けるときは妥当な根拠を提示し、3)異論に対してはオープンに議論する、というあたりなのではないかと。

あと中学生や高校生だと、大人扱いか小人扱いかが微妙になってきますよね。発達の段階や職業訓練の段階が各個人ごとに差が大きくなってくることでもあるし。
ず~っと前ですが、私は「成人宣言」みたいなものを設けて、宣言する時期を任せればよいのではないか、と考えていたことがあります。16歳でも「成人宣言」すれば喫煙も飲酒もOKで、結婚も自由、選挙権もあり、刑法上も特別扱いされなくなる、というような。
ちょっと、エントリの主旨からずれているかもしれませんが。

あと、これは日本だけではないのかもしれませんが、協会とかが管理したがることや管理することを世間が期待してるってこと、このような話で感じますよね。
一選手が個人で不祥事を起こした時に、選手が所属している協会が謝罪の会見を開いたり、そんな会見を開くのが当然のような風潮があったり。
私はちょっと不思議だったりするのですが。

投稿: YJS | 2009年5月14日 (木) 19:40

たかぎFさん、今晩は。

「染めるな」、と、「黒であれ」、の両方が考えられるんですよね。さすがに、染めるな、の方だとは思うのですけれど、どうなんでしょうね。

ふぁっしょんに現を抜かして競技に集中出来ない、的な話なのか、身体に悪い影響を与える、というどっかのお医者さん的話なのか…。

------

>YJSさん

上にも書いたように、髪染めたりピアスしたり、がどのように良くないか、それをどう理由付けしているか、という観点があるように思います。
一方は、その見た目に関連する事で、社会的な問題、ようするに、「見苦しい」という観点。つまり、水泳のトップアスリートたる者、染髪やピアスなどの見苦しい格好は怪しからぬ、と。あれですね、数多くいる水泳選手を志す少年少女の範を自ら示せ、という。

でもそれは初めから、染髪やらピアスやらが好ましく無い、という価値付けをしている訳ですね。意識せずに前提してしまっている、と言うか。で、学校教育等とも関わる所ですから、そこら辺との連続性も考えるんでしょうね。

もう一つは、医学的あるいはスポーツ科学的な見方。たまに、耳にピアスの穴を開けると身体に悪影響を及ぼして、なんて事を言う人がいますが、そこら辺を念頭に置く、とか。
それで、両方は密接に関わっているんですよね。つまり、前者を後者的な論によって「正当化しようと試みる」。いわゆる記号論的恣意性によって形成された価値観に過ぎないかも知れないのに、それを、医学的・生物学的・自然科学的 な論理によってこじつける、と。

------

ちなみに、と言いますか、私自身は、「髪の色」に関しては、ある種、ものすごく極端な意見を持っています。

投稿: TAKESAN | 2009年5月14日 (木) 23:23

こんばんは。

>「必要ない」という理由で「禁止」するのなら、大概の事は禁止出来てしまいますな。

ですね。
大体、水連とか陸連とかフィギュアスケート連盟とか高野連とかのお偉い方が選手や現場について何か言うのって、大抵が「実際には必要無い」事ばっかりですからね。

と言う訳で。
「ナントカ連のお偉いさんが、現場の事に口を出すの禁止」
ってしちゃえばいいんですよ(笑)。

投稿: PseuDoctor | 2009年5月15日 (金) 00:21

PseuDoctorさん、今晩は。

こういう時の、屁理屈的かつ強烈な反論は、これです。

 じゃあ、何が必要か全て挙げてみろ。

もちろん、これは答えようの無い極論なのですが。
実際、必要無いから云々、というのは、本来相当強い説得力を持つロジックで説明されなければならないんですよね。でもそれが無く、いつの間にか「当たり前」になってて、それに何となく従う人もいるし、妄信する人もいる。で、違和感を覚えて離れる人もいる、と。

ぶっちゃけて、慣習だから守ってくれない? と言われた方が、まだ潔い、と言うか。それなら、合理性を考慮せずに決め付けた事だ、と宣言するようなものですし。

投稿: TAKESAN | 2009年5月15日 (金) 01:05

これは、「みんな同じにする必要がある」ということかなと。北欧だと「黒髪禁止」にしなけらばならないでしょう。

あるいは、「世間の目を気にする必要がある」かもしれません。その際の「世間」が最近は崩壊しているのに気づいていないということかもしれません。

投稿: zorori | 2009年5月15日 (金) 06:53

おはようございます。
なんだか笑っちゃうような話ですね。某横審に近いものを感じますです。
いちばん納得しやすい説明は「神聖なるプールを染料で汚すなかれ」じゃないですかね。これだったら精神論として許容範囲でしょう。

投稿: ウッちょん | 2009年5月15日 (金) 09:25

zororiさん、今日は。

ありていに言ってしまうと、「世間体に拘る」ってやつですね。

最も強烈な主張は、「黒」であるべき、というものでしょうね。それを、「日本人らしさ」を象徴する記号と(無意識的にでも)思っているのかも知れません。

------

ウッちょんさん、今日は。

後、金属を浸けるな、なんてのもあったりしそうです。そこから、ピアスやら指輪やらはダメだ、とか。そうなると、結婚指輪や、歯につけるインレーやらはどうするか、なんて話にもなってきそうですが。

合理性に基づいて認識を変革していくのでは無く、信念に合わせて合理を捏造する、のは結構ある事ですね。耳に穴を開けると身体に悪影響が、なんてのは典型的ですね※

※それはあり得ない、と言いたいのでは無く、確かめられていないのに適当な事を言うのはまずい、という事

投稿: TAKESAN | 2009年5月15日 (金) 12:12

TAKESANさん、こんにちは。

装飾品の類は、一般のプールでもダメですよ。ま、これは多分外れて底に沈んだら回収が難しいし危ないからでしょうね。

公共のプール施設をちょっと調べたんですけど、大体は
・水泳帽着用
・装飾品は外す
・化粧はおとす
なんてかんじですね。おむつ着用の年頃の子供はダメなんてのがあって、なるほどぉと納得してしまいました。

北京オリンピックの時にネイルアートに凝っている女子選手がいませんでしたか?毎日水浸しではお洒落もままならないだろうから工夫していて可愛いなと思った記憶があるんですが。あれもダメなのかなぁ。

投稿: うさぎ林檎 | 2009年5月15日 (金) 15:17

うさぎ林檎さん、今日は。

あ、指輪とかピアスとかもダメなんですか。や、これは、確かめずに適当な事書いちゃいました・・。指輪なんかは、高価だろうし、最初からはずすよう指示しといた方が、トラブル回避にもなるのかな。

化粧は、水に多少でも溶けて汚してしまうから、というので、納得出来る所です。

記事によれば、ネイルもダメみたいですよ。「華美」なやつは。
んじゃあ、単色でトップコートしただけならいいのかいな、なんて事も思ったりしますが。やたら爪を長くして水の抵抗が云々、とかじゃ無ければ、大いに派手なのをやっていいじゃないか、とか私は感じるんですけどねえ。

投稿: TAKESAN | 2009年5月15日 (金) 15:28

爪で言うと、直接身体接触のある競技、レスリングや柔道では、長さなどに、ある程度厳しいものがあって良いと思います。危険ですからね。

余談ですが、私は、料理番組でマニキュアを落とさず料理しているのを見ると、かなりがっかりします。マニキュアって、モロに塗料だから、料理する前に落とす、着け爪にして料理時にはずす、調理用手袋をはめる などの配慮をして欲しいのであります。ストーンなんかつけてるのはもってのほかで。

投稿: TAKESAN | 2009年5月15日 (金) 15:33

あ、ちなみに。

ネイルはすぐ剥がれるから(きちんと硬化させれば、多分ちょっとやそっとじゃ剥がれないでしょう)、とか、少量でも混入すると強く有害だから、という事では無いです。

いくら摩擦に強くとも、包丁のような刃物だと「削げる」場合があるし、他人の口に入る物だから配慮するに越した事は無い、という感じで。

色々考えると、塗料もそうだが、不衛生な指の方が問題だ、なんて話にもなってきますね。

投稿: TAKESAN | 2009年5月15日 (金) 15:49

TAKESANさん、今晩は。       俺は料理番組はあまり見ませんが、料理をしている時に、マニキュアをしているのを見たら、うーん……って思いますね。

投稿: 名無っしーⅩ | 2009年5月19日 (火) 20:17

名無っしーⅩさん、今晩は。

そうですね。違和感、って言うか。
これ、ネイルの色によって印象が変わったりする、というのもありそうです。

投稿: TAKESAN | 2009年5月19日 (火) 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/29607769

この記事へのトラックバック一覧です: 必要無い:

« kita- | トップページ | 後で効くかも »