« 禁ずる | トップページ | ヴァルキュリア »

2009年5月 7日 (木)

メモ:ガイドライン試案を見る

※未整理

apjさんによる、ニセ科学判定ガイドライン試案 — Y.Amo(apj) Lab

ニセ科学判定ガイドライン試案 :: Archives

apjさんのこういうまとめ、さすがだな、と思います。

ちょっと、ガイドラインに書かれた内容を参照して、「血液型性格判断」について考えてみました。

ガイドラインによれば、「科学である」とは、

    1. 試験・調査によって得られた結果
    2. 専門家、専門家団体若しくは専門機関の見解又は学術文献

によって実証されている事、となっています。これに当てはめると、血液型性格判断は、

「血液型と性格に強い関連がある」事は、1.と2.によって確認されていない、つまり「実証」されていない。よって、その命題は「科学で無い」と評価される。「装っている」に関しては、

  • 「ABO血液型」は生物学的概念で、学校教育の内容や、輸血に関する知識から、一般的にそれは周知されていると考えられる。
  • 「性格」は、人間の行動傾向のパターン、と一般に認識される。経験的に、それはある程度少数の類型や特性に分けられると考えられている。
  • 血液型性格判断は、これらが強く関連している、という言説である。血液型という生物学的概念と、性格という心理学的概念との結びつきに関する言明である。
  • 能見などの論者のように、「統計」を仄めかす場合がある。
  • そもそも、心理学的に研究されてきた言説である。
  • マスメディアによって、「実験」を仄めかして論証(もどきを)する場合がある。たとえば、幼稚園での実験もどき。

こういった諸々の条件から、科学と誤認させるに充分と評価して良いと考えます。

|

« 禁ずる | トップページ | ヴァルキュリア »

「科学論」カテゴリの記事

コメント

TAKESANさん、こんばんは。
私がここに書くのもどうかと思うのですが、「疑似科学批判」に間違ったことが書いてあるの、どうかと思います。
少なくとも、能見正比古さんは、血液型と性格が強く関連しているとか、血液型で性格が判断できるなんて言ってませよ。
どうか、誤解を与える文章を公開されることのないよう切にお願いします。

投稿: ABO FAN | 2009年5月 7日 (木) 20:36

あれ、ABO FANさん。

ABO FANさんとのやり取りは掲示板で、て言いませんでしたっけ。

それから、書いていない事を指摘されても困りますんで。

以後は掲示板で。

投稿: TAKESAN | 2009年5月 7日 (木) 23:29

やりとりではありません。
よくある事実誤認を指摘しただけです。
どうかよろしくお願いします。m(._.)m

投稿: ABO FAN | 2009年5月 7日 (木) 23:56

はい、誤読ですって。

私は、”能見などの論者のように、「統計」を仄めかす場合がある。”としか書いていません。

以下、掲示板に。ここに書いたら消しますので。

投稿: TAKESAN | 2009年5月 8日 (金) 00:01

apjさんのところに行ってちょっとコメントしました。

あと、伊勢田さんが触れてらっしゃいますね。
http://www.yonosuke.net/~iseda/diary/

投稿: pooh | 2009年5月 8日 (金) 12:09

poohさん、今晩は。

PCトラブルと死闘を繰り広げている間に、伊勢田さんからコメントがあって、apjさんのレス(とテキストの手直し)があったようですね。

科学哲学の、と単に言うより、科学哲学の概念を援用した的外れな指摘が見られる、とするのが適切なのでしょうね。科学哲学が的外れ、なのでは無く、的外れに科学哲学的な話を持ち出す、と言いますか。

直接は関係しないかもですが、資料用にとブクマしたのを、ここに置いておきます(未読のもあり)。

質的研究と境界設定問題(PDF)

科学哲学における疑似科学の重要性

境界設定と生活様式の問題(PDF)

投稿: TAKESAN | 2009年5月 8日 (金) 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/29474979

この記事へのトラックバック一覧です: メモ:ガイドライン試案を見る:

» 5/7付 TAKESANさんのInterdisciplinary [血液型と性格 - ABO FAN Blog]
「メモ:ガイドライン試案を見る」の事実誤認について http://seisin-isiki-karada.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-5e41.htmlちょっと、ガイドラインに書かれた内容を参照して、「血液型性格判断」について考えてみました。 : 血液型性格判断は、 「血液型と性格に強い関連がある」事は、1.と2.によって確認されていない、つまり「実証」されていない。よって、その命題は「科学で無い」と評価される。「装っている」に関しては、 : ・血液型性... [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 00:18

« 禁ずる | トップページ | ヴァルキュリア »