« 疑似科学の特徴と科学との違い:前編 | トップページ | いまはあんたが いちばん たのしみだぜ! »

2009年5月11日 (月)

疑似科学の特徴と科学との違い:後編

Interdisciplinary: 疑似科学の特徴と科学との違い:前編の続き。

○6.関連性の欠如

最も科学的な研究プログラムに対して,疑似的研究プログラムは他の科学的原理との「連結性」を欠く(Bunge, 1983; Stanovich, 2001)。言い換えれば,疑似科学は,現存のパラダイムを建て増すのではなく,むしろすべてを脱ぎ捨てた完全に新しいパラダイムを作り上げると主張する。そうするためによく作り上げられた科学的原理,あるいは強固な科学的知識を往々にして無視する。たとえばESPの多くの支持者は,報告されたESPのケースがほとんどあらゆる主要な物理学的シグナルの法則に反していても(たとえば,ESPは,その称するところでは,数フィートの距離からと同様に数千マイルのかなたからも同じほどの強さで作用する),それは本物の(これまで検出されなかったのであるが)知覚の物理的プロセスであると主張する。科学者は,完全に新しいパラダイムが先に存在したすべてのパラダイムをくつがえすのに成功することがあるということは常に心にとめておくべきなのだが,そのように結論する前には標準的な事実に基づいた主張をしなければならない。

ニセ科学論でもよく話題に出るところの、他の理論などとの整合性の問題ですね。ニセ/疑似 科学的な主張はしばしば、既存の科学の体系を全部引っ繰り返す(引っ繰り返さねばならなくなる)ような事を主張します。水伝しかり。覆すなら、覆すに足る証拠を見つけ出し、提出する必要があります。

6. Absence of connectivity.

In contrast to most scientific research pro-
grams, pseudoscientific research programs tend to lack "connectivity"
with other scientific disciplines (Bunge, 1983; Stanovich, 2001). In other
words, pseudoscienccs often purport to create entirely new paradigms out
of whole cloth rather than to build on extant paradigms. In so doing, they
often neglect well-established scientific principles or hard-won scientific
knowledge. For example, many proponents of ESP argue that it is a genu-
ine (although heretofore undetected) physical process of perception, even
though reported cases of ESP violate almost every major law of physical
signals (e.g., ESP purportedly operates just as strongly from thousands of
miles away as it does from a few feet away). Although scientists should al-
ways remain open to the possibility that an entirely novel paradigm has
successfully overturned all preexisting paradigms, they must insist on very
high standards of evidence before drawing such a conclusion.

○7.逸話的な事実への過信

逸話的な事実は科学的研究の初期段階では非常に有益でありうる。すなわち,証明の文脈においてよりも(すなわち,仮説検証 : Reichenbach, 1938),典型的な発見の文脈においてである(すなわち,仮説生成)。疑似科学的主張の支持者は,主張に合った事実を涵養するために,しばしば選ばれたケースからの報告を頼りにする(たとえば,「パーソンXはこの治療を受けて著しく改善したので,この治療は明らかにパーソンXに効いた」)。たとえば,自閉性障害(第13章を参照)に対するある治療法(たとえばセクレチン)では,支持的事実として統制のとれていない改善ケース報告が強調された。

 しかし,ギロヴィッチ(Gilovich, 1991)が述べたように,ケース報告は,主張に必要な事実を提供しているが,その主張にとって十分な事実を提供することができない。たとえば,新しい心理療法の効果があるならば,少なくとも改善したケース報告を複数期待すべきであろう。しかしそのようなケース報告は,改善が心理療法に依存しているという適切な事実を示すことをしない。この改善は多くの他の原因によって惹き起こされたかもしれない(たとえば,偽薬効果,平均への回帰,自発的な改善,成熟 ; Cook  Campbell, 1979 を参照)。

事例報告を証拠として過信する、という感じですかね。いわゆる「三た論法」にも通じます。効いたと見えるケースの観察から、確かにある人に効いた→一般的に効く と誤認する訳ですね。科学的には、ほんとうにそれが効果を及ぼしているのか、を調べるために、色々のものを対照としてとって、効き目を確かめる。効き目があると解っている薬であるとか、効かないのが解っている擬薬とか。それらを与えた群との比較を行って(もちろん無作為化して)、薬なり療法なりの効果を確認していく、と。

7. Overreliance on testimonial and anecdotal evidence.

Testimonial and anecdotal evidence can be quite useful in the early stages of scientific
investigation. Nevertheless, such evidence is typically much more helpful in
the context of discovery (i.e., hypothesis generation) than in the context of
justification (i.e., hypothesis testing; see Reichenbach, 1938). Proponents
of pseudoscientific claims frequently invoke reports from selected cases
(e.g., "This treatment clearly worked for Person X, because Person X im-
proved markedly following the treatment") as a means of furnishing
dispositive evidence for these claims. For example, proponents of certain
treatments (e.g., secretin) for autistic disorder (see Chapter 13) have often
pointed to uncontrolled case reports of improvement as supportive evi-
dence.

As Gilovich (1991) observed, however, case reports almost never pro-
vide sufficient evidence for a claim, although they often provide necessary
evidence for this claim. For example, if a new form of psychotherapy is ef-
ficacious, one should certainly expect at least some positive case reports of
improvement. But such case reports do not provide adequate evidence that
the improvement was attributable to the psychotherapy, because this im-
provement could have been produced by a host of other influences (e.g.,
placebo effects, regression to the mean, spontaneous remission, matura-
tion; see Cook & Campbell, 1979).

○8.反啓蒙主義の言語使用

多くの疑似科学の支持者は,科学を表面的に装った学問分野を供給しようとし,高度に専門的なわけのわからない大げさな言葉を印象深く使用する(疑似科学の「偽装方略」の考察のために van Rillaer, 1991 を参照)。そのような言語は,問題になっている主張の科学的な土台になじみのない人々に説得力を持つ。そのためそれらの主張に,認可状が与えられ,科学的合法性が認められてしまうかもしれない。

 たとえばEMDRの開発者は,この治療法の効果を次のように説明した(第9章も参照)。

 受容神経ネットワークの神経受容体(シナプスの電位)の力価は,さまざまな情報の高原状態と適応的情報レベルを別々に保存するが,AからZまでの文字によって表象される。高力価を持つターゲット・ネットワーク(Z)はより適応的な情報と結合できない。より適応的な情報はより低い力価のネットワークに貯蔵される。すなわち,シナプス力価はさまざまな神経ネットワークに貯蔵される感情の各レベルとは異なっている。……この理論は,処理システムがEMDRに触媒されているときに,受容体の力価は下方向にシフトされるので,前進的により低い力価を持つ神経ネットワークの受容体と連結できるということである。(Shapiro, 1995, pp.317-318)

ここで引用されているEMDRの説明とやらは、もはや読解不能のレベルですが、なにやら生理学的概念を仄めかし、いかにも科学と誤認させるようなものですね。「偽装方略」とは、私達が関心を持つ「ニセ科学」論に通ずるものなのかも知れません。意図的にしろ無意図的にしろ、「科学を装う」訳ですね。

ところで、「反啓蒙主義的」って、この文脈では、具体的にはどういった意味を持たされているのでしょうか。

8. Use of obscurantist language.
Many proponents of pseudoscience
use impressive sounding or highly technical jargon in an effort to provide
their disciplines with the superficial trappings of science (see van Rillaer,
1991, for a discussion of "strategies of dissimulation" in pseudoscience).
Such language may be convincing to individuals unfamiliar with the scien-
tific underpinnings of the claims in question, and may therefore lend these
claims an unwarranted imprimatur of scientific legitimacy.
For example, the developer of EMDR explained the efficacy of this
treatment as follows (see also Chapter 9):

(The) valences of the neural receptors (synaptic potential) of the respective
neuro networks, which separately store various information plateaus and
levels of adaptive information, are represented by the letters through A.
It is hypothesized that the high-valence target network (Z) cannot link up
with the more adaptive information, which is stored in networks with a
lower valence. That is, the synaptic potential is different for each level of
affect held in the various neuro networks....The theory is that when the
processing system is catalyzed in EMDR, the valence of the receptors is
shifted downward so that they are capable of linking with the receptors of
the neuro networks with progressively lower valences....(Shapiro, 1995,
pp. 317-318)

○9.境界条件の欠如

最もよく支持された科学的理論は境界条件,すなわち予測された現象が起こるとか起こらないということに関してよく分節化された範囲を有している。逆に,多くの,あるいはほとんどの疑似科学現象は過度に広範囲の条件に作用すると称される。ハインズ(Hines, 1988, 2001)が述べているように,心理療法周辺のよくみられる特徴は,病因が何であるかにかかわらず,表面上はほとんどすべての障害に効果的である。たておば,ある思考場理論の支持者(第9章を参照)は,この治療法はほとんどすべての精神障害に有効であると主張する。さらにこの治療法の開発者は,人間ばかりでなく,「馬,犬,猫,幼児,とても小さな子ども」(Callahan, 2001b, p. 1255)にも効果があると主張する。

これは、万能性と言い換える事も出来るかも知れません。ニセ科学で言うと、EMなんかは典型的でしょうか。

9. Absence of boundary conditions.

Most well-supported scientific
theories possess boundary conditions, that is, well-articulated limits under
which predicted phenomena do and do not apply. In contrast, many or
most pseudoscientific phenomena are purported to operate across an ex-
ceedingly wide range of conditions. As Hines (1988, 2001) noted, one fre-
quent characteristic of fringe psychotherapies is that they are ostensibly ef-
ficacious for almost all disorders regardless of their etiology. For example,
some proponents of Thought Field Therapy (see Chapter 9) have proposed
that this treatment is beneficial for virtually all mental disorders. More-
over, the developer of this treatment has posited that it is eftlcacious not
only for adults but for "horses, dogs, cats, infants, and very young chil-
dren" (Callahan, 2001b, p. 1255).

○10.全体論のマントラ

特に器質医学と精神健康における疑似科学の主張の支持者は,しばしば「全体論のマントラ」(Ruscio, 2001)に頼る。このマントラに頼るときには,科学的主張がより広範囲の主張の文脈内でだけ評価されうる。それゆえ個々では批判されないと主張するのが典型的なやり方である。たとえばロールシャッハテストの支持者は,臨床家はロールシャッハの結果を孤立させては実際上解釈できないと述べることで,この技法に対する批判者たちに反応し続けてきた。代わりに,実際には,訓練された臨床家はたくさんの情報の断片,要するにロールシャッハ・プロトコルを考慮する。この推論の流れには大きな困難が2つある。第1に,臨床家は多様な情報源からのたくさんの複雑な心理測定にかかわる情報を頭のなかでうまく結びつけてしようすると述べる。これは臨床的判断における研究の流れからは疑わしい主張である(第2章を参照)。第2に,全体論のマントラに頼ることによって,ロールシャッハおよび他の技法への支持者は,常に反証される危機を回避する。言い換えれば,研究結果が特定のロールシャッハ指標の妥当性を強めるならば,ロールシャッハの支持者たちはそれらの結果が事実を支持していると主張するが,それらの結果が否定的なものであるならば,「いずれにしても臨床家はこの指標を独立には使用しない」と釈明する(例としてMerlo & Barnett, 2001 を参照)。この「頭は勝つ,尻尾は負ける」式の推論は,これら支持者の主張を科学の範囲を大きく越えたところにおくことになる。

最近、holismはそのまま「ホーリズム」とした方がいいんじゃないか、と思う今日この頃だったりしますが、それはともかくとして。

ええっと、これって、「マントラ」でいいんですかね。原典でもそのままの意味で用いているのかな。要するに、ホーリズムのスローガン(信念・信条・方針)、て事ですよね。まあ、象徴表現として、そのままマントラでいいのかな。

ロールシャッハ批判に関しては、色々と反論もあるみたいですし、それ自体をここで検討する事は出来ませんけれども、一般論として、何らかの主張について、他のものとの繋がりを考える、というのはある訳ですね。それが行き過ぎると、いかようにでも正当化する事が出来てしまう、と。実際、組み合わせによって有効に機能する、というのはあるでしょうから、ホリスティックな主張をするからといって、即批判出来るものでは無いとは思います。尤も、注意深い論者は、「ホーリズム」を哲学的文脈以外では積極的に使わない、というのはあるやも知れません。アヤシゲな概念とセットで持ち出される場合もありますから…。敢えてそういう象徴的・スローガン的表現を使う必要もありませんしね。

10. The mantra of holism.

Proponents of pseudoscientific claims, es-
pecially in organic medicine and mental health, often resort to the "mantra
of holism" (Ruscio, 2001) to explain away negative findings. When invok-
ing this mantra, they typically maintain that scientific claims can be evalu-
ated only within the context of broader claims and therefore cannot be
judged in isolation. For example, some proponents of the Rorschach Ink-
blot Test have responded to criticisms of this technique (see Chapter 3) by
asserting that clinicians virtually never interpret results from a Rorschach
in isolation. Instead, in actual practice clinicians consider numerous pieces
of information, only one of which may be a Rorschach protocol. There are
two major difficulties with this line of reasoning. First, it implies that clini-
cians can effectively integrate in their heads a great deal of complex psy-
chometric information from diverse sources, a claim that is doubtful given
the research literature on clinical judgment (see Chapter 2). Second, by in-
voking the mantra of holism, proponents of the Rorschach and other tech-
niques can readily avoid subjecting their claims to the risk of falsification.
In other words, if research findings corroborate the validity of a specific
Rorschach index, Rorschach proponents can point to these findings as sup-
portive evidence, but if these findings are negative, Rorschach proponents
can explain them away by maintaining that "clinicians never interpret this
index in isolation anyway" (see Merlo & Barnett, 2001, for an example).
This "heads I win, tails you lose" reasoning places the claims of these pro-
ponents largely outside of the boundaries of science.

|

« 疑似科学の特徴と科学との違い:前編 | トップページ | いまはあんたが いちばん たのしみだぜ! »

「科学論」カテゴリの記事

コメント

3カラムだと、引用文中での引用が激しく読みにくいですが、ご了承下さいませ。

投稿: TAKESAN | 2009年5月11日 (月) 02:24

TAKESANさん、お久しぶりです。

最も科学的な研究プログラム
most scientific research programs

前半にも「most」を「最も」と訳している文が有りましたが、これは「たいていの」とか、「ほとんどの」と訳すべきではないかと思います。これは「the」が「most」の前にあるかないかで判断できます。
「最も科学的な研究プログラム」だけでなく、「ほとんどすべての科学的な研究プログラム」が疑似科学と対立しているということを主張することが大切な訳ですから、これは結構重大な誤訳かなと思いました。(そうでないと、疑似科学者が、「これは最も科学的ではないが、じゅうぶん科学的な研究プログラムである」と言い逃れをする危険性が出てくるような気がします。)

>ところで、「反啓蒙主義的」って、この文脈では、具体的にはどういった意味を持たされているのでしょうか。<

啓蒙主義が、正しい知識と合理的な考え方を、わかりやすく人々に与えようとすることだとすれば、反啓蒙主義は、訳の分からないことを言って人々を煙に巻くことかなあ、と思いましたけど。

投稿: やす | 2009年5月11日 (月) 05:40

やすさん、お早うございます。ありがとうございます。

ううむ、やはり、訳に色々難点があるようですね…。

仰るように、「最も」と「大抵」では、意味合いが全然違ってきますね。大部分の科学的研究プログラムとは対照的に、疑似科学の・・・という感じでしょうか。

反啓蒙主義的という言い回しは、象徴的な表現で、ぱっと見ですぐ理解はしにくいかも知れないですね。

投稿: TAKESAN | 2009年5月11日 (月) 10:19

新聞なんかで労働災害の記事を読んだりすると、クレーンに吊り下げてはいけない事になっている物を吊り下げてしまったり、とか、本来やるべきことを略した事が悲劇的な事故につながったりしています。この訳本も、誰かが大事なプロセスを(もしかして知っていて)抜かしてしまっていたのではないかという気がします。

自分のお勉強のために最低レベルの英語力を維持している私程度の者にでも、「今度こういう本をだすんだけど、どう?」とでも聞くことがあれば、「これは赤信号だよ」という反応を得ることはできたはずです。これには経費はかかりません。

英語を日本語に変換するんですから、それなりに市場に出せる商品にするためには、どこかで英語のわかる人に見てもらわなくてはならないでしょう。赤や黄の信号が出るような本については、出版社は追加の経費をかけてでも修正しなければ、結局自分たちの信用を落とすことになるでしょう。

誤りを見つけたら一件あたり500円、なんていうなら、一生懸命に見てくれる人も出てくるかもしれません。"most" を指摘したやすさんは500円ゲットね。
6.で見ていくと、
"discipline"はこのサイトの名称にもあるように、各学問領域のことですね。
"out of whole cloth"は「全くのでっち上げ」
"build"は"create"と対になってるので(建て)「増す」と言うのはおかしい
"in so doing"は以下が目的でなく結果であることを示す
"very high" が重要なのに、なぜか抜けている。"before"以下がパラダイムをひっくり返す時だという事を理解してないのかも。
っていうことで、2500円ゲット ♪

投稿: ちがやまる | 2009年5月11日 (月) 11:01

「お金」つながりでもう一つとんでもない誤訳を。

heads I win, tails you lose
「頭は勝つ,尻尾は負ける」

この文の「heads」と「tails」はコインの裏表を意味します。つまり、コイントスで勝ち負けを決めることをたとえているわけですね。

表が出たら僕の勝ち、裏が出たら君の負け、ということですね。ま、どう転んでも自分は負けないので、とんでもないイカサマだということでしょうか。

投稿: やす | 2009年5月11日 (月) 12:16

ちがやまるさん、今日は。

ポロポロ出てきますね……これは結構やばいかも。

ある程度周辺の知識を持っていれば、多少は補えながら読めるかもですけれど、そうで無い人にとっては、意味が全く解らなかったりするでしょうね。


すなわち,証明の文脈においてよりも(すなわち,仮説検証 : Reichenbach, 1938),典型的な発見の文脈においてである(すなわち,仮説生成)。


ここなんか、日本語としてもスマートじゃ無いような・・。
意訳すると、証言や事例証拠は、科学的な調査の初期段階では役立つ事もある、けどそれは普通、仮説検証という正当化の文脈では無くて、仮説生成という発見の文脈において、である。
とでもなるでしょうか。

投稿: TAKESAN | 2009年5月11日 (月) 12:33

>やすさん

おお、ホントだ。

これ、ググればすぐに出てくる文ですね。

て言うか、この誤訳はひどい……原文の意味がまるで伝わらないですね、これでは。

投稿: TAKESAN | 2009年5月11日 (月) 12:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/29556977

この記事へのトラックバック一覧です: 疑似科学の特徴と科学との違い:後編:

« 疑似科学の特徴と科学との違い:前編 | トップページ | いまはあんたが いちばん たのしみだぜ! »