« BEYONETTA | トップページ | をしへて »

2009年4月29日 (水)

>lets_skepticさん

「ニセ科学批判」批判のための覚書2、あるいはボクが「杜撰」と言ったわけ - あらきけいすけの雑記帳

lets_skeptic さんに問いたい:「真理」を前提に置いているのは(1)誰のどの学説なのか?(2)その学説のどの部分がどのように問題なのか?この程度のコメントでは十分に合理的な説明になっていないので説明して欲しい…って問い返されても仕方ないよね。(この件、回答は不要です。)

※引用に際し、リンク等はずす

だそうです。これは結構クリティカルなので、検討する必要があると思います。

>あらきけいすけさん

批判的に言及しておいて、回答は不要、などと一々仰らないように。

------------

ぼくが TAKESAN さんにツッコんだ理由は、これが「ニセ科学」説明しようとした apj さんのエントリに、自分なりの哲学的意見をまとめようとした quine10 さんの議論に対する TAKESAN さんのブコメとして書かれていたからこそだ。

いいえ。「現場の科学者の体験的知識の表明」(かも ひろやすさんによる)として、文脈を考慮して特に問題無いと思われた記述に、その文脈を無視して哲学の議論に引き付けたので問題だと思ったのです。私のブクマコメントは、apjさんが色々の場でああ書くのは適切だ、と言った訳ですが、それは、あの文脈であれば適当、という事です。そもそも、quine10さんは、「どこの誰の表現かを、きちんと明示」していません。にも拘らず、「科学は自然の近似」という言い回しのみを取り出して論評しています。だから私は、おそらくapjさんの表現の事だろう、と仮定して、その言い回しが出てくる文脈ごと検討しています。

|

« BEYONETTA | トップページ | をしへて »

「科学論」カテゴリの記事

コメント

科学は自然の近似、という言い回しそのものを検討して、それはどのように解釈出来るか、は考察出来るかも知れませんが、そこから真理観をただちに云々するのは無理です。しかも、quine10さんは、それを発言した具体的な人達がそういう真理観を持っている、と論じている訳です(その上、誰の言っているものかを明示していない)。

投稿: TAKESAN | 2009年4月29日 (水) 13:18

すっごい素朴な疑問なんですけど。

身内に甘い、と言われるほど、馴れ合いをしてますかね、私?

どっちかと言うと、容赦無くものを言う方だと思っているのだけど、その認識自体が甘い、のかな。

あらきけいすけさんによるlets_skepticさんへの指摘は、言われてみれば至極尤もかも知れない、と思ったので、ここで採り上げました。コメントが書かれた時に何も言わなかったのは、科学哲学的な論をぶつ人(つまりquine10さんのような)に乱暴な事を言う人がいる、という風に読んでいて、それは確かに適切な読み方では無かったかも、と思い至りました。そこは自分の落ち度です。

自分の哲学に対する態度は、先日のエントリーに書いた通りです。

投稿: TAKESAN | 2009年4月29日 (水) 14:17

ちょっとこんなの書いてみました。
http://www.cml-office.org/archive/?logid=349

 「ニセ科学」として括る意味を考えるとしたら、科学哲学に行くんじゃなくて、被害対策の観点から、景表法の運用指針等とどう違うのか、どこが広がったのか、というとらえ方をしていった方がいいんじゃないか、と思い始めました。科学哲学でいじくり回されても、それが使えるものになるかどうかに疑問を感じたので。

投稿: apj | 2009年4月29日 (水) 23:45

apjさん、今晩は。

ものすごーく率直な事を言うと、あらきけいすけさんの仰る事、意味が解らない部分も結構ありました。

ニセ科学を論ずる際には、仰るように、法的な観点が重要になってくるのでしょうね。後、分野としては、科学社会学とかかなあ。

投稿: TAKESAN | 2009年4月30日 (木) 01:31

>ニセ科学を論ずる際には、仰るように、法的な観点が重要になってくるのでしょうね。後、分野としては、科学社会学とかかなあ。

 ですねぇ。
 で、できの悪い一法学徒として、こんなの書いてみました。
http://www.cml-office.org/archive/?logid=350

 科学哲学をばりばりやりたいのなら、従来の擬似科学の方でやってればいいかと。せっかくニセ科学を定義して、擬似科学とは分けたのだから、違う位置づけにしておいた方が使う側にとっても便利かなぁ、と。

投稿: apj | 2009年4月30日 (木) 01:52

TAKEさん、おはようございます。

私自身は「ニセ科学」問題を、生活消費者センターが取り扱うような問題(ニセブランド商品等)で、取りあえず想定しています。そこから先は、教育や人材育成の方向かな。
哲学方向での議論は、やりたい方がどうぞご存分におやりになれば宜しい、私は興味がない。と私のようなモノが言うのは構わないだろうけど、TAKEさんやapjさんは門前払いするわけにはいかないんでしょうねぇ、たーいへん。

投稿: うさぎ林檎 | 2009年4月30日 (木) 09:30

TAKEさん→TAKESAN
デス、ごめんなさい(ATOK勝手な事すんな)。

投稿: うさぎ林檎 | 2009年4月30日 (木) 09:33

> 科学哲学的な論をぶつ人(つまりquine10さんのような)に乱暴な事を言う人がいる、という風に読んでいて、

 そういう意味で書きました。学問としての科学哲学に対する批判だと捉えられたのなら、私の日本語がダメだったということになります(確かにそうとも読めるので)。

 私は、まともに科学哲学をやっているのならば、「現状の科学の営み及び認識について、批判的な言及」をすることはないだろうなと思っています。「批判的な言及」も対象が曖昧かもしれませんが、ニセ科学批判批判みたいな内容で触れられる科学への否定的な言及のことを指しています。

 まともな科学哲学は伊勢田さんのような認識になるだろうなということです。

投稿: lets_skeptic | 2009年4月30日 (木) 11:20

apjさん、うさぎ林檎さん、今日は。

メモ、読みました。解りやすい内容でした。

ニセ科学の問題は、「科学と言えるか」、それが科学の「制度」に照らしてどうであるか、という科学社会学的な観点と、どのように謳っているか、誤認させている/されているか という法学的、社会心理学的観点があると思います。で、それが絡み合っている、と。

私は、自分の興味から、ゲーム脳に最も関心を寄せている訳ですが、ゲーム脳の場合、科学的論証が全く不充分で、かつ、実証したかのように謳っている、という点で、非常に解りやすい典型的ニセ科学だと思うのですが、これが教育の現場(教育機関で催される講演会)で肯定的に扱われる、のを見過ごせないのですね。
で、ゲーム脳は、それが実証されたものと信じている人がかなりいるから、それに対して、実は全く不充分であるのだ、と教えるのは、重要な事だと思います。そして、科学で無いのに科学を装っているものがあると一般化して認識するのも、とても大切だと思います。

象徴的な言い方をすれば、「構え」を取る事が出来るようにする、と。

------

lets_skepticさん、今日は。

うーん、確かに、色々読まれる余地のあった文だったかもですね。私は、lets_skepticさんが伊勢田さんに言及しているのを知っていたし、科学哲学そのものにネガティブな印象を持っているのでは無いのだろう、という、ある意味バイアスを掛けていたのかも知れません。

投稿: TAKESAN | 2009年4月30日 (木) 11:44

quine10さんの論が哲学としてダメだってことはあらきけいすけさんも認めていらっしゃっています(「古くさい」と評価)。私の興味はそっちのほうにあって(今はもうない。飽きた)、「科学は自然の近似」が哲学的にどうかには興味がないので、興味があった点において あらきけいすけ さんと意見が一致したので、満足です。

「科学は自然の近似」か「科学は自然を近似的に記述する」かは私の仕事には影響ないけど、quine10さんの科学論が広く支持を集めて予算配分担当者に影響を与えたりなんかした日には、私の仕事にダメージが加わります。というわけで、深刻度が全然違います。

投稿: かも ひろやす | 2009年4月30日 (木) 13:33

かも ひろやすさん、今日は。

私自身は、あの言い回しはどう用いられているか、quine10さんのように哲学的論議に持っていくのがいかにナンセンスか、という部分に関心があって、それについては前エントリーであらかた書けたので、それで良いかな、と思っています。あらきけいすけさんのお書きの事については、まあ、よう解りません。

------

ところで、科学と真理について、なかなか面白い小論があったので、ご紹介(PDF)⇒http://homepage3.nifty.com/a-ichik/oriori/3.scientific-truth.pdf

投稿: TAKESAN | 2009年4月30日 (木) 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/29348851

この記事へのトラックバック一覧です: >lets_skepticさん:

« BEYONETTA | トップページ | をしへて »