« テレ朝で血液型性格判断(一応否定的) | トップページ | 手字手裏見 »

2009年1月17日 (土)

SG

ゲームで社会問題を解決 高い教育効果、進む研究や開発(産経新聞) - Yahoo!ニュース

藤本氏や馬場氏は頑張っていらっしゃいますね。

シリアスゲーム専用のソフトっていうのは、制作が難しそうですね。特に、エンターテイメントゲームに慣れた目の肥えた人達にも高評価を受けるソフトを作るのは、困難かも。

もちろん、学術なりのシリアスな部分の学習効果をも達成させねばならない訳ですね。なんとなくシリアスとゲームを組み合わせたようなのでは、話にならない。

ゲームやる人の価値観は、ある程度はっきりしていて、「面白く無ければやらない」、ですからね。まあ、惰性でやったり義理でやったり、というのはありますけれど、ゲーム好きを自認する人には、つまらないゲームに時間を割く事が我慢ならない、という妙な感情があったりするかも。自分はつまらないゲームを見抜けるのだ、という自尊心もあったりね(笑)

理想的には、自分がシリアスゲームをやっているなどとは全く気付かないのに、クリアしたら学術的知識体系の構造が身に着いていた、というのがあればいいですね(私の持論です)。言うは易しだけどね。

この件に関しては、シリアスゲームをどう分類するか、とかのアイデアがぼんやりあったりするんですけど(主に、武術論や、高岡英夫氏の論考の概念の援用)、専門的にどういう概念があるかを押さえておかないとなあ。新しい分野なので、文献もまだまだ少ないですよね。日本語で読めるのは数冊とかかな?

シリアスゲーム―教育・社会に役立つデジタルゲーム Book シリアスゲーム―教育・社会に役立つデジタルゲーム

著者:藤本 徹
販売元:東京電機大学出版局
Amazon.co.jpで詳細を確認する

D-Moment(Dモーメント)~巨大地震編~ダウンロード版 Software D-Moment(Dモーメント)~巨大地震編~ダウンロード版

販売元:SGラボ
発売日:2008/12/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« テレ朝で血液型性格判断(一応否定的) | トップページ | 手字手裏見 »

「ゲーム論」カテゴリの記事

「社会論」カテゴリの記事

「科学論」カテゴリの記事

コメント

http://www.dcaj.org/report/2007/data/dc08_22.pdf
ご存じかもしれませんがこんな資料もあります。

投稿: | 2009年1月18日 (日) 14:40

今日は。

おお、これは、大部で読み応えのありそうな資料ですね。ありがとうございます。かなり参考になりそう。

投稿: TAKESAN | 2009年1月18日 (日) 14:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/27205573

この記事へのトラックバック一覧です: SG:

« テレ朝で血液型性格判断(一応否定的) | トップページ | 手字手裏見 »