« ミク氏ポーズ100(ウソ)選 | トップページ | 水之巻を読む »

2009年1月30日 (金)

二律背反~♪

用意周到に策略を練り、かつ簡潔に(短文で)文章を書きたい。

しかし、短文にすると、そもそもその「用意周到さ」が隠れてしまう。それを知っているのは、基本的には自分だけ。自分の脳内にしか証拠が無い、という事。

だから、いかに用意周到なのかを表現する、つまり、それ自体を書きたくなる。後から言って、後づけだと言われるのは嫌だから。

そうすると、必然的に文章は長くなってくる。

従って、簡潔に自分の意見を言う、というやり方自体が成り立たなくなる。

というのがありますですね。なかなか難しいものです。頭の中を色々なものが渦巻いている人ほど、それを吐き出したいものだし。短いものを書くと、それだけしかものを考えていないのだろうと思われる、というのが頭をもたげる。

割り切ると楽になるんですけどね。

タイトルに何故♪が入っているか、解った人は天才。

|

« ミク氏ポーズ100(ウソ)選 | トップページ | 水之巻を読む »

「随想」カテゴリの記事

コメント

 律は、音階の意味だから?

 いや、TAKESAN(さん)のことだから・・・
 
>割り切ると楽
 さすが

投稿: どらねこ | 2009年1月30日 (金) 08:06

普通にトライアングラーと見た。

投稿: 木戸孝紀 | 2009年1月30日 (金) 10:58

ようするに坂本真綾ですね。

投稿: A-WING | 2009年1月30日 (金) 11:23

皆さん、今日は。

天才が早速…。

な、なぜ解ったんですかっ。←アホか自分

て言うか、こういうのは、問題としてはダメダメですね。

>どらねこさん

割り切らなきゃ やってられない、というのはありますですね。自分の考えている事を解ってもらいたい、というのは、ほどほどに留めておくのが、精神衛生上もよろしいと思ってます。

もちろん、どうせ誰にでもは理解されやしないんだから、適当にやればいい、なんて感じの開き直りは、駄目ですが。

------

に~りつ~は~いはん~♪

投稿: TAKESAN | 2009年1月30日 (金) 12:47

>な、なぜ解ったんですかっ。

ここの読者の理解力が高いからです(笑)

投稿: A-WING | 2009年1月30日 (金) 16:26

アニメスキルが高い猛者達が集っていたようですね。←適当ですが

投稿: TAKESAN | 2009年1月30日 (金) 23:42

いくつもの要素を含んだ事柄をわかりやすく単純に書くのは難しい。当たり前と云えば当たり前なんですが。でも、すべての要素についてその時点で考慮の及ぶ限り書くと、なんと云うか要素が多すぎて本筋が読み取りづらくなる。

で、例えば目配りしている要素については最低限その存在だけ示唆するようにして、はっきり論の方向だけを打ち出すとか、なんらかの割り切りに基づく単純化が必要になってくる部分があります。微視的な部分については、別の機会に語る、とか。

微視的な論者と云うものはいるもので、そう云うひとは各要素についての見解は長々と示せるけれど、結局のところそう云う見解をかきあつめても総体としてなんらかの顧慮すべき意義のある主張にはならない。そもそもある主張の背景にそれなりの目配りが存在していて、表現に当たって取捨選択が行われていることを読み取れていないわけです。

これはまぁ、しょうがないのかな、と思います。片言隻句のかきあつめとしてしか他人の論を読めないひと自身の論が、やっぱり片言隻句のかきあつめにしかならないのは、ある意味自然なことだと思います。どれだけの言辞を弄そうと、結果としては非常に残念な成果しか得られない。

割り切り、と云うか、目的を絞ったうえでのパフォーマンスのチューニングのようなことはどうしても必要になる場合が多いのかな、とか思います。

投稿: pooh | 2009年1月31日 (土) 09:44

poohさん、今日は。

結局は、想定読者をどう設定するか、というのが重要になってくると思います。

▼▼▼引用▼▼▼
微視的な論者と云うものはいるもので、そう云うひとは各要素についての見解は長々と示せるけれど、結局のところそう云う見解をかきあつめても総体としてなんらかの顧慮すべき意義のある主張にはならない。
▲▲引用終了▲▲
これはありますですね。自分も気をつけたい所…。
単に寄せ集めた物を適当に接着したものは、ボロボロ崩れてバラバラになっちゃうし、きちんと組み立てられていないから綺麗では無いのですよね。

投稿: TAKESAN | 2009年1月31日 (土) 12:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/27591976

この記事へのトラックバック一覧です: 二律背反~♪:

« ミク氏ポーズ100(ウソ)選 | トップページ | 水之巻を読む »