« 追加しました | トップページ | SG »

2009年1月16日 (金)

テレ朝で血液型性格判断(一応否定的)

kikulogの「血液型と性格3」で、先日(テレビ朝日の)医学系の番組で血液型性格判断が採り上げられていた事が話題になっていました。

皆さん、ゲストの女性の反応が印象に残ったようです。私もそうでした。

で、録画してましたので、ちょこっと文字起こしをば。※詳細な流れは書きませんので、先にkikulogを読んで下さい⇒血液型と性格3(785辺りから)

司会(アナウンサー):まあ、医学的にはもう関係が無いんだと。
 
女性:えー、やだあ……ショック…。

※司会の発した「もう」の部分は、「既に」の意味というよりは、単に次の言葉につなぐために発したような感じ。

途中飛ばして、コーナーの締めのナレーション。

ナレーション:とはいえ、日本では大流行の血液型性格判断。遊び感覚で楽しむ程度がいいようです。

これはひどい。「抜け抜けと」と言うのがぴったりでしょう。
 
観直してたら、太田さん、いや、根拠はあります、的な事も言ってますね。全体的に茶化している印象ではありますけれども。

でもあれですね。医師の方で、じゃあ、骨髄移植したら性格が変わるのか云々、という、ある意味定番な反論を言っている方がおられました。まあ、血液型と性格に強い関連があるのならば、というのが仰りたいのでしょうけれども。

医学の番組でしたけど、血液型と性格の問題は、多分に心理学的なものでもあるんですよね。そこら辺を総合的に扱う番組なんかがあればいいんですけど、今のテレビがそこまでは踏み込まないでしょうね。

ナレーションで、どうやら医学的には、血液型と性格に関係は無いようです、というのがあって、危ういっちゃあ危ういなあ、とも感じました。

|

« 追加しました | トップページ | SG »

「科学論」カテゴリの記事

血液型性格判断」カテゴリの記事

コメント

NATROMさんが はてブで、「少しでもいいなら誉めてあげないと。」と仰っていて、それは確かにそうかも、と思っていたのですが、kikulogで指摘されていたナレーション(本文で文字起こしした所)部分を改めて考えると、好意的に評価するのにちょっと躊躇しますね…。

投稿: TAKESAN | 2009年1月16日 (金) 04:09

あーあー、「遊び感覚で楽しむ」からダメだって思うんですけどね。

投稿: 中猫 | 2009年1月16日 (金) 17:08

中猫さん、今晩は。

マスメディアが率先して採り上げてるから、それをちょっとでも正当化したいのかな、とか思いました。

ホント、「遊び感覚」って何だよ、と感じますね…。

投稿: TAKESAN | 2009年1月16日 (金) 23:24

>遊び感覚で楽しむ

血液型で性格を判断することなんて本当はできないのだということをしっかり認識した上で遊び感覚で楽しむことができる、そんな幸せな人がいったいどれくらいいるのでしょうね。

ふつうは、多少とも事実だと思っているからこそ、こんな単純きわまりない命題でも遊びにつながるのだと思います。

「水伝はあくまでファンタジー」と似た欺瞞を感じますね。

投稿: ネット沙代 | 2009年1月17日 (土) 15:46

ネット沙代さん、今晩は。

そうなんですよね。ちょっと前に同じような事を書いたのですけれど、誤りときちんと理解して尚遊びで使う、というのが、私にはよく解らないのです⇒http://seisin-isiki-karada.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-412f.html

投稿: TAKESAN | 2009年1月18日 (日) 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/27177489

この記事へのトラックバック一覧です: テレ朝で血液型性格判断(一応否定的):

« 追加しました | トップページ | SG »