« 和風オムレツ | トップページ | 武術系はてなー »

2009年1月22日 (木)

死がふたりを分かつまで

死がふたりを分かつまで(1) (ヤングガンガンコミックス) Book 死がふたりを分かつまで(1) (ヤングガンガンコミックス)

著者:たかしげ 宙,DOUBLE-S
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

死がふたりを分かつまで 7 (ヤングガンガンコミックス) Book 死がふたりを分かつまで 7 (ヤングガンガンコミックス)

著者:たかしげ 宙
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

先日コメント欄で、梨さんに教えて頂いた作品。

これ…。

……。

超面白いです。

いやー、良いものを紹介して頂きました。

剣術を上手く組み込んでますね。

途中飛ばして7巻まで読んだのですが(いつもは飛ばし読みはしないのだけど、止まらなかった)、7巻傑作。画もいい感じに向上していると思います。

剣に興味を持っていて、マンガも好きな方は、是非。個人的には、他の設定含めて、どストライク。

深謝>梨さん

|

« 和風オムレツ | トップページ | 武術系はてなー »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「武術・身体運動」カテゴリの記事

コメント

>いやー、良いものを紹介して頂きました。
いえこちらこそそう言っていただきありがとうございます。好みにあうか正直不安でしたが、ファンが増えてうれしいです。

投稿: | 2009年1月22日 (木) 00:55

梨さん、今晩は。

大変良いものを紹介して頂いて、ありがとうございます。武術が入ったマンガでは、久々のヒットですね。画の正確さ(7巻辺り)も良いというのは、なかなか見ないので、いいですね。

投稿: TAKESAN | 2009年1月22日 (木) 02:45

TAKESANさん こんにちは。

最近の武術系マンガでは、史上初!短剣道漫画 の「しなこいっ」もオススメです。
http://karuna.sakura.ne.jp/sinakoi.html

投稿: グレートパンダー | 2009年1月22日 (木) 15:24

グレートパンダーさん、今日は。

これは……短剣道をテーマにするとは、実に面白い。

CR COMICSというのはアンテナ外だったので、紹介して頂いてありがたいですね。

そういえば、何年か前に、合気道をテーマにした作品もありましたよね。なんだったかなあ。もう終わったんでしたっけ。

投稿: TAKESAN | 2009年1月22日 (木) 16:23

ほほっほほ。参考にします。
剣術もの,荒唐無稽では「無限の住人」なんかは,いかがでしょう。

投稿: complex_cat | 2009年1月24日 (土) 22:49

complex_catさん、今晩は。

傑作ですので、是非読んでみて下さい。

『無限の住人』は未チェックでした。ありがとうございます。アフタヌーンはアンテナ外でしたね。

これは武道マンガというカテゴリーに一応入るのかな……『バンブーブレード』はかなり好きです。

あんこ入りパスタライス♪←解らない人には絶対解らない(当たり前)ネタ

投稿: TAKESAN | 2009年1月25日 (日) 02:04

『無限の住人』、読みましたぜ。

なるほど面白いです。

ところで、読んでいて思ったんですが、沙村広明氏って、異様に画が巧くないですか?

って、調べたら、無限の住人がデビュー作なんですねえ。すごいなあ。

投稿: TAKESAN | 2009年1月28日 (水) 16:36

>途中飛ばして7巻まで読んだのですが(いつもは飛ばし読みはしないのだけど、止まらなかった

 スミマセン、なにか表現と伝わってくるものが
矛盾しているのでコメントします。
  「途中飛ばしして7巻まで」
何巻か省略して読んだとと言う事でしょうか、「飛ばす」
に省略の意味ととりました。
  「飛ばし読み」
これも重要でない部分は飛ばし(読まない)て読み終える
という感じですが、「一気呵成」に読んだ雰囲気が
伝わってきます、実際のところはどうなんでしょうか。

投稿: tune | 2009年1月31日 (土) 10:56

tuneさん、今日は。

ああ、変な表現でしたね。すみません。

えっと、途中の巻が抜けていて、本当は連続で読みたいけれど、面白いから結局無かった巻は読まずに先の巻まで読んだ、という事ですね。

ちょっと検索したら、飛ばし読みって言葉、そういう意味では使わないみたいですね。何の疑問も無く書いてしまった…。

飛ばしたく無いのに飛ばさざるを得なかった、という感じですね。巻単位で。

個人的には、面白ければ面白いほど、精読しますね。スピード感があるものでも。

投稿: TAKESAN | 2009年1月31日 (土) 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/27348802

この記事へのトラックバック一覧です: 死がふたりを分かつまで:

« 和風オムレツ | トップページ | 武術系はてなー »