« ノート:心理学研究法(7) | トップページ | ノート:心理学研究法(8) »

2008年12月16日 (火)

にわかにホット

dankogai氏の所とか はてブ界隈とかで、血液型性格判断関連の話題がちょこちょこ出てますね。

で、眺めていて思ったのが、これはこうなのかも、と思ったのをコメントとかで書いているけど、その先を考えていないのがあるなあ、と。

□型はどういう性格で……という知識を持っていたらそういう性格に近づくかもしれない、的な推測とかですね。

実際、心理学者は物凄く調べている訳ですよね。ちょっとググれば、WEBでも結構情報が手に入る。多分その疑問への答えは既に出ているよ、というような疑問が見られました。

私自身は、kikulogの「血液型と性格」シリーズを追っていたら、いつの間にか色々な知識を得ていたようです(それまでにも色々考えてはいましたが)。あそこは、約一名(たまにゲストが登場)による凄まじいノイズがあるけれども、血液型性格判断にまつわる様々な論に関して議論がされているので、一見の価値はあると思います。

上に書いた、多分その疑問への答えは云々、というのは、きくちさんが書かれている事でもある訳ですが。

ああ、やっぱり、血液型―性格 の連関はどのくらいか、というのと、血液型性格判断を分けて考えられていない方も散見されますね。これは非常に重要な論点なんだけどなあ。

|

« ノート:心理学研究法(7) | トップページ | ノート:心理学研究法(8) »

「科学論」カテゴリの記事

血液型性格判断」カテゴリの記事

コメント

あそこはあまりに重くて見に行かなくなって以来、フォローしていません。
周回遅れになってんだろうなおいら。

投稿: pooh | 2008年12月16日 (火) 07:45

poohさん、今日は。

や、結局途中でループになってるんで、最初のエントリーだけ読むくらいがちょうど良いかもです。

全部読んでる人達(含む私)は物好きなんですよ、多分(笑)

投稿: TAKESAN | 2008年12月16日 (火) 12:57

石田は kikulog の「血液型と性格」シリーズは最初から読んでましたが、全部は読んでないですね。

> 凄まじいノイズ
いやいや、あれはきっと『「博士コント」におけるケンイチ君』とか『「にこちゃんとこまったちゃん」におけるこまったちゃん』のように、見る人の理解を深めるために重要な役割を果たしているのですよ。
たぶん。

ノイズもシグナルにまぎれてて、判別が難しい場合は読む側も苦労しますが、一見して ノイズ と識別できる場合はそうでも無いですね。

投稿: 石田剛 | 2008年12月17日 (水) 04:24

石田剛さん、今日は。

まあ確かに、「ABO FAN」という文字列が目に入った瞬間に、情報フィルタが敏感に作動しますですね。
でも、やっぱあのループは、物好きじゃないとなかなかついていけないかも(笑)

私、自慢ではありませんが、あのエントリーのシリーズ、1から3までを、各2往復はしたと思います。

投稿: TAKESAN | 2008年12月17日 (水) 12:29

TAKESANさん、こんばんは。

> あのエントリーのシリーズ、1から3まで
> を、各2往復はしたと思います

これはスゴいですね。
石田は最初のころこそ、 ABOFAN氏 のコメントも読んでましたが、そのうち 氏 のコメントは読まずに、それへの応答だけ読むようになり、ついには 氏 のコメントと、それへの応答部分は、すべて読み飛ばすようになってしまいました。

例の「脳が爆発しそうに」なる掲示板のこともあるし、 TAKESANさん は、いまや ABOFAN氏 研究の第一人者(石田認定)ですね。

投稿: 石田剛 | 2008年12月17日 (水) 20:21

いやー、某Jさんに比べれば、私など足もとにも及ばないのであります。

最近は、FSMさんも躍り出てこられましたですね(どこに?)。

kikulogの方は、ABO FANさんのコメントだけ飛ばしても、確かに読めるんですよね。それを実践されていた方もおられましたね。

投稿: TAKESAN | 2008年12月17日 (水) 23:40

kikulogの内容は、少なくとも血液型と性格のところは、結構間違いが多いですよね。
皆さんも、「脳に血液型物質はない」といった、『子供の科学』的な間違った知識に惑わされない方がいいですよ。
もちろん、発言者全員が間違っているわけではありませんので、念のため。

投稿: ABO FAN | 2008年12月18日 (木) 23:03

ABO FANさん、今晩は。

▼▼▼引用▼▼▼
発言者全員が間違っているわけではありませんので
▲▲引用終了▲▲
ABO FANさんも含まれてますものね。そう言うしか無いでしょう。書く意味自体あんまり無いですが。

投稿: TAKESAN | 2008年12月18日 (木) 23:44

意味はありますよ。
だって、FSMさんと統計の話をしているのに、掲示板の方に全然書いてくれないじゃないですか。
なので、あえてこちらに書いているのです。

投稿: ABO FAN | 2008年12月19日 (金) 00:08

なんかむちゃくちゃだ…(もう一つの方のコメントも含めて)。

投稿: TAKESAN | 2008年12月19日 (金) 00:22

私にはFSMさんの「有意水準5%で統計やれば、100個質問項目があれば、5個ぐらいは本来相関がなくても相関が一見出ちゃう」は、妥当な記述とは思えません。
この私の指摘のどこが「むちゃくちゃ」なんでしょう?
あくまで、純粋に統計の話ですよ。

投稿: ABO FAN | 2008年12月19日 (金) 00:50

こんにちは。

いやぁ、相変わらずABO FANさんは凄いですね。これだけ短いやり取りの中で論理的破綻と論旨のすり替えを同時にやってのけるとは、これはもはや、完成された芸の域に達していますね。

ここまで来ると、私はABO FANさんの(言ってる事に同意できるかどうかは当然ながら別にするとして)ファンになってしまいそうです。
つまりABO FAN FANですね(決して岡田眞澄でもなければジャブローに配備されていたホバークラフトでもない)。

例えば、
>この私の指摘のどこが「むちゃくちゃ」なんでしょう?

これです。見事な論旨のすり替え。鮮やかです。
まあ、もし本当に「どこがむちゃくちゃなのか解らない」のであれば、御愁傷様としか申し上げられないです。でも、その場合でも、そういう「読解力の無さ」もABO FANさんの魅力の一つなのですねっっ。

-----
>TAKESANさん
もしコメント無用であれば、何時でもそう仰って下さい。

>石田さん
>ついには 氏 のコメントと、それへの応答部分は、すべて読み飛ばすようになってしまいました。
ああ、私や他の方の労作は読まれていなかったのですね(泣)
いや、嘘ですよ。読まない人も沢山おられる、という事は解っていましたから。

投稿: PseuDoctor | 2008年12月20日 (土) 13:00

PseuDoctorさん、今日は。

いやー、最近のABO FANさんのアクロバットは、F難度クラスに到達していますからねえ。

もちろん、コメントは構わないです。あ、でも、もしABO FANさんのレスが連続するようでしたら、掲示板に誘導をお願いします…。

投稿: TAKESAN | 2008年12月20日 (土) 16:18

PseuDoctor さん
>ああ、私や他の方の労作は読まれていなかったのですね(泣)
あいすいませんです。(^^;

ABOFAN氏 の意味不明なコメントに、真摯に対応されておられる皆さんのご努力には、本当に頭の下がる思いです。
ABOFAN氏 のコメントがまったくデタラメであることは、読めばわかるはずなのですが、実際に ABOFAN氏 の主張を鵜呑みにされる方が多数おられる現状では、みなさんの努力はとても重要なのだと、石田は考えています。

それにしても ABOFAN氏 への応答は「労作」という言葉が、いろんな意味で fit してますね。

石田なんぞは、すごい手抜きなんで、 ABOFAN氏 には、こんな応答しかしてないです。
http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1202024086#CID1202397986

投稿: 石田剛 | 2008年12月21日 (日) 05:03

石田剛さん、今日は。

コツとしては、ABO FANさんの投稿は飛ばしてABO FANさんへのレスは読む、という感じですね。そうすると、結構すんなり読めたり。これも、kikulogでどなたかが実践されていた事ですけれど。

投稿: TAKESAN | 2008年12月21日 (日) 11:02

私の「むちくちゃ」な部分を具体的に指摘していただけけないと、お答えしようがありません。
言い換えれば、科学的に議論にならないと思うんですが。
それに、どうやらFSMさんは、統計を誤解されているようですし…。

投稿: ABO FAN | 2008年12月21日 (日) 23:19

掲示板へどうぞ。

投稿: TAKESAN | 2008年12月21日 (日) 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/26220974

この記事へのトラックバック一覧です: にわかにホット:

« ノート:心理学研究法(7) | トップページ | ノート:心理学研究法(8) »