« 調べる。何かが解る | トップページ | ニセ科学の見方 »

2008年11月16日 (日)

燻し銀(ダブルオーネタバレ注意)

スミルノフ大佐、アンタかっこいいよっ!

|

« 調べる。何かが解る | トップページ | ニセ科学の見方 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

私もホントに同感です。
こういう己が信念を曲げないブレないキャラがガンダムには似合うなあ、と。
何というかSEEDシリーズも00もそうなんですけど、主人公も脇役もストーリーの中で信念体系やキャラが揺らぎ過ぎだと感じていた分余計になんですけど。

投稿: 内海 | 2008年11月16日 (日) 17:50

息子から父親失格の烙印を押された荒熊は、娘に対してもまた、彼女の幸せのため父となることを断念し、「殺す」道を選んだのであります。

最後は背中で魅せるとか演出も良すぎです。・゚・(ノД`)・゚・。

投稿: 黒屋ぶるー | 2008年11月16日 (日) 17:54

内海さん、黒屋ぶるーさん、今晩は。

ある意味、オヤジのカッコ良さを魅せる定番の演出である訳ですが、それがまたいいのであります。

揺らぐ、のは、逡巡させる事によって、葛藤や懊悩を描く意図があったりするんですかね。あまり一本気なキャラクターよりも、視聴者の共感を得られやすいと考えた、みたいな。

投稿: TAKESAN(コメント欄もネタバレあるぜ) | 2008年11月16日 (日) 18:47

熊さん立ち位置がランバ・ラルだよなぁ、とか思ってしまったのはぼくがファースト世代だからです。多分。

それよりもやっと性能的に互角の機体を手に入れたのにトランザムとかかまされてしまう「あのひと」の無念さに涙してます。

投稿: pooh | 2008年11月16日 (日) 22:19

poohさん、今日は。

かっこいいオヤジの存在が、物語に一本芯を通してくれるのであります。

正体不明の彼は、相手が強いほど燃える漢だから、ワクワクしてるでしょうね。

投稿: TAKESAN(コメント欄もネタバレあるぜ) | 2008年11月16日 (日) 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/25387268

この記事へのトラックバック一覧です: 燻し銀(ダブルオーネタバレ注意):

« 調べる。何かが解る | トップページ | ニセ科学の見方 »