« 殺意 | トップページ | 血液型で政治を語る »

2008年8月12日 (火)

でいしょう ―せう

みみずくからの伝言 - 検証を伴わないお詫びへの疑問

コメント欄を。

段々、言ってる事がごちゃごちゃしてきてますね。

コンテクストを無視して切り取ってきてそこにレスするとか、結構筋が悪いと思うのですけどね。

ちなみに、厭味ってのは、時と場所を考えないと、かなり滑稽になるかと。後、言う相手もね。効かない人には全然効かないんで…。余計なお世話だけれど。

いや、まあ、厭味とか皮肉では無くて、極めてストレートに発せられた言葉なのかも知れませんが。そうだとするなら、何も言いますまい(もう散々言っちゃってるけど)。

感じとしては、あの人とかあの人とかあの人とかあの人と同じかな。慣れてしまってますけど、結構物凄い人達とやり取りしてきたものです(本当に凄い人達だと思う)。

|

« 殺意 | トップページ | 血液型で政治を語る »

「随想」カテゴリの記事

コメント

ほぼ崩壊段階に見えますね。(^^;;;

どうしてダメな人って、議論の途中で「教えを乞われている」と勘違いするんでしょうね。

「(あなたが仰るように■■だとすれば、)●●は▲▲なんですか?」

という質問が、

「(一般的に)●●は▲▲なんですか?」

という質問に脳内変換されてしまうという。

おそらく答えられる部分を切り貼りしちゃうので文脈が見えなくなるんでしょうね。
そうでないと、↑の質問に

「自分の頭で考えろ」

という返事が返せるわけないですもんねえ。

ABOFANやSSFSもそういうことしてましたね。これも類型かなあ……。

投稿: hietaro | 2008年8月12日 (火) 01:58

hietaroさん、今晩は。

▼▼▼引用▼▼▼
どうしてダメな人って、議論の途中で「教えを乞われている」と勘違いするんでしょうね。
▲▲引用終了▲▲
ホント、何度も同じような事が起こりますよね。

どこまでもメタな立場でいたい、という事なのかなあ。

quine10さんにとって私は、「自分のアタマで水伝のおかしさを判断出来ない人」なんですよ、多分。
もう、可笑しくて可笑しくて…(←笑うくらい許して)。

反論としては、

 >科学的ジョーシキと異なるからでしょう。

と説明したじゃないか。その事を「自分のアタマで考えて無い」と指摘したのだ。誰も水伝のおかしさを説明しろと言われたと思った訳じゃ無い、と言われそうですけど。んじゃあ、間違った知識とはなかなか言えない、という話はどうなったんですか、となりますね。

まあ、もはや、論の整合性の破綻を挙げて指摘する段階ではありませんが。破綻が著しいので、どこがおかしいかも認識しにくくなってきましたし。

「科学的ジョーシキ」という言葉にも含みがあるかも知れません。その常識も相対的なものだろう、と言ってしまえば、「水伝が間違っている」と簡単に判断する事は出来ない、となる、なんて抜け道が。でもそうすると、強い相対主義まっしぐらですので、別に構いませんが。←そうだとなると、quine10さん自身が水伝がおかしいと言えなくなっちゃいますねえ。それでいいのかな。
いや、そもそも相対主義者なのでしたっけ。よく解りませんが。

先回りはこれくらいに。先回りしても、好きなように詭弁を弄するでしょうからね。

投稿: TAKESAN | 2008年8月12日 (火) 02:32

もはや、相対主義などというたいそうなレベルでもありませんね。
とにかく、なんでもいいからなにか一言言い返したいという子供の口喧嘩レベルです。
しょうもない人です。

投稿: かつ | 2008年8月12日 (火) 05:53

この文脈の解読力の無さに関する考察は,非常に参考になります。
 いわゆる言葉尻を捉えるクレーマーの行動とも共通する部分がありますね。特定の部分だけにスコーピングして,自分のストーリーの材料として考えるというのが,ビリーバーのパターンのような気がします。文脈で意味が変わるという概念がないのかも知れません。
 それを指摘しても,理解できるとは思えませんけど。

投稿: complex_cat | 2008年8月12日 (火) 08:21

うちのコメント欄でおっしゃったことも、けっこうきわどかったですけどね。
「そもそも何を問われているのか」をご理解くださっていない。問題認識のアスペクトの違い、とか云う話じゃないんですけど。

投稿: pooh | 2008年8月12日 (火) 08:31

皆さん、今日は。

ニセ科学批判批判者に時折見られるパターンではありますね。あれで、自身がメタであると自覚してたりするので、なかなか味わい深いのです。

て言うか、ひどくなってきてますよね、どう見ても・・。SSFSさんもどんどん崩壊していきましたが。

確か、ソシュールによる、言語とは差異の体系である、という論を援用してましたよね。とすると、コンテクストの重要さは弁えていて当然なはずなのですが。

投稿: TAKESAN | 2008年8月12日 (火) 12:26

ところで、このエントリのタイトルって?

無粋な質問なのかな? m(_ _)m

投稿: hietaro | 2008年8月12日 (火) 17:06

hietaroさん、今日は。

【泥沼】でいしょう ―せう
意味―あの人やあの人やあの人が今はまっていて抜け出せない所、みたいな。

って感じです。

ちなみに、広辞苑第五版には、「でいしょう」は無く、「どろぬま」だけでした。

投稿: TAKESAN | 2008年8月12日 (火) 17:24

思わずこっちが壊れそうになって失礼致しました。以下無限ループになるかもしれませんがもう少しやります。

投稿: とらこ | 2008年8月12日 (火) 18:09

こんばんは。

【自縛霊】じばく・れい
自らの発言が元で爆死してしまった人が、死を自覚できず、さらに同種の発言を繰り返して魂をも吹き飛ばしてしまうと成るもの。これに取り憑かれると、ひどく疲れるという。

~民明書房刊:「ネットワーク幻想辞典」より~

投稿: A-WING | 2008年8月12日 (火) 19:40

とらこさん、今晩は。

もしまたいらしたら、私も参加しようかと思います。ただ、仮にコメントが入るとしたら、壊れ切ったものになる、とも予想されますが(それか、もうコメントしないかの、どちらかだと)。

------

A-WINGさん、今晩は。

ああ、何人も心当たりがあります。結構やり取りしてるんだよなあ。相性がいいのかな(なんか違う)。

投稿: TAKESAN | 2008年8月12日 (火) 23:44

>A-WINGさん

「自爆霊」のほうが相応しいかもしれません。たいがいの方は勝手に爆死するので。

投稿: 黒猫亭 | 2008年8月13日 (水) 08:40

おはようございます。

>黒猫亭さん

民明書房の大河内民明丸氏によると、「土地や建物に縛られている霊を「地縛霊」と呼ぶことから、自らの発言に縛られている霊―爆死している人―を「自縛霊」と呼んだのではないか」とのことです。

投稿: A-WING | 2008年8月13日 (水) 11:10

黒猫亭さん、A-WINGさん、今日は。

我らがMS-IMEでは、「磁場クレイ」となりました。これは何を意味するのでしょうか。

それにしても、自縄自縛な人は、自身が身動き取れなくなっている事に気付かないのが、味わい深いです。まあ、気付いたら解こうとするでしょうからね。

投稿: TAKESAN | 2008年8月13日 (水) 13:50

> 磁場クレイ

レールガンでやるクレイ射撃のことでしょう。

投稿: pooh | 2008年8月13日 (水) 16:45

>A-WINGさん

>>民明書房の大河内民明丸氏によると

そんなコンクリートな典拠がある以上、争う余地などありませんね(笑)。「知っているのか雷電」というのが正しいツッコミでしたか。

投稿: 黒猫亭 | 2008年8月13日 (水) 22:02

私の中で、雷電とロビンマスクに勝てる博識はいません。

レールガンっていったら、某天才が作ったアクションゲームを思い浮かべるなあ。

投稿: TAKESAN | 2008年8月13日 (水) 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/22926804

この記事へのトラックバック一覧です: でいしょう ―せう:

« 殺意 | トップページ | 血液型で政治を語る »