« HINKAKU | トップページ | スピーカー »

2008年5月28日 (水)

悩み

ある人が、ある事で悩んでいると言っている。

それを聞いた人が、自分にそれが起こったら、と想像する。

その想像を元に、その事の評価を行う。自分だったら、という視点で、「そんな事で悩むのはおかしい」、「自分はもっと悩んでいる」、などと言ったりする。

間違っているんだけどね、それは。

「そんな事で悩むなよ」、と言って慰めたりするのは、ごく親しい間柄だからこそ成り立ちうる事だし、「そんな事で悩むなよ」、と言って非難するのは、自分にそれが起こったら、というのを考えただけの、想像力が不足した物言い。

そういう所に、思いを馳せないと。悩みの大きさと経験した現象は単純に結び付いていないし、他人と完全に一致するものでは無いのだから。

理解しようとしているようで、無理解なんだね。

|

« HINKAKU | トップページ | スピーカー »

「随想」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
理由あってある不幸事を経験した遺族の集まりに参加しています。
その集まりで友人になった人は、もれなく主さんが例にあげられていた言葉で傷ついたことがあると言います。(類似のものとしては「他にもっと不幸な人がいる」という暴言)

いつも思うのですが、相手の身になって考えるというのは「もし私ならどうだろうか」というものではなく、「その人はどう感じているか」を考えることではないかと、
「私は我慢できるかもしれないけど、相手は我慢できないのではないか」と考えることではないかと、そんな気がします。

投稿: キャリン | 2008年5月29日 (木) 23:33

キャリンさん、今晩は。

たとえば、もっと日常的で、比較的軽い物事、趣味の領域だとか、食べ物の好き嫌いとかだと、すんなり理解されたりするんですよね。物事に対する価値付けというのは、人それぞれである、という所を。

▼▼▼引用▼▼▼
「私は我慢できるかもしれないけど、相手は我慢できないのではないか」と考えることではないかと、そんな気がします。
▲▲引用終了▲▲
本当に、その通りだと思います。

投稿: TAKESAN | 2008年5月30日 (金) 01:01

おお!トラックバック成功!!
成功したり失敗したり何なんでしょう?

あ、この記事の主旨とはずれるかも知れませんが、ちょっと思い出した事があったので書いてみましたのでトラックバック張らせていただきます。

...とはいえ、なんか今So-Netブログのサーバーの調子が悪いみたいで(怒)読めないと思いますが(1:05)

投稿: Judgement | 2008年5月30日 (金) 01:02

Judgementさん、今晩は。

あ、今ちょうど、TB確認しようとした所でした。読めませんね。

お、今試したら、表示されました。今から読みますね。

投稿: TAKESAN | 2008年5月30日 (金) 01:05

↑投稿直後、復旧したようです。失礼しました

投稿: Judgement | 2008年5月30日 (金) 01:05

ラジャアです。

投稿: TAKESAN | 2008年5月30日 (金) 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/21228383

この記事へのトラックバック一覧です: 悩み:

» 友人の悩みに対する処方箋 [王様は裸だ!Annex]
「TAKESANのところの記事「悩み」を読んで思った事」 http://seisin-isiki-karada.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_cb7b.html ある人が、ある事で悩んでいると言っているとする。 経験上なんだけど、そういう人は「悩みを解決して欲しい」とは思っていない。 だから「自分にそれが起こったら」なんて考える必要はない。... [続きを読む]

受信: 2008年5月30日 (金) 00:47

« HINKAKU | トップページ | スピーカー »