« 作り直す | トップページ | 新東京タワー »

2008年5月 3日 (土)

違い

ニセ科学に関して、「呪術」という概念からアプローチされているエントリーがあって、はてブも結構ついていたり、poohさんが言及なさっていたりしますね(元々poohさんは、こっち方面のアプローチをよくされる)。それについて(分野としては、人類学とか民俗学とかになるのかな?)の知識が無い私は、読んで、なるほどなあ、と思います。

重要なのは、合理的・論理的であるからといって、即、それが科学的である訳では無い、という所かと思います。これは結構前から、何回か書いています。

Interdisciplinary: 科学的、合理的、論理的(他にもいくつか書いたはずだけれど、見つけるのが面倒…)

コメント欄に、「木を切ったら風が止むのでは」、という推論を子どもがした、というエピソードを書いていますが、これは、実に「合理的」な思考だったりする訳です。ですが、「科学的」では無い。それまでに実証的(実証という概念をどう考えるか、というのも、物凄く重要なトピックだと思いますけれど)に確認された知識と整合するか否か、という点を考えなければならないからですね。それぞれの分野が完全に独立している訳では全く無いのですから。

超能力捜査も水伝も、それなりに論理的ではあるのです。他の物事を無視すればね。

科学って、やっぱり優れているのですね。現象の構造を解明したり、予測や制御に応用したり、という目的を考えると、やはり、他の文化とは違う、と言っていいかと思います。それをまず認識するべきなんじゃないかな。

|

« 作り直す | トップページ | 新東京タワー »

「文化論」カテゴリの記事

「社会論」カテゴリの記事

「科学論」カテゴリの記事

コメント

「Interdisciplinary: 科学的、合理的、論理的」も読み、なるほど、
<「合理的」な思考であっても、「科学的」では無い。>との論が分りました。

素人は自分で合理的、論理的思考で納得させられても、「科学的知識」が十分でなく、抜けている要素が多く、だまされやすいと云うことでしょうか?

だまされない為には、幅広い(科学的な)視野(知識)が必要となり、それは、素人の雑学程度では、不十分と云うことでしょう。
深い科学的な知識は、普段のテレビ等の流すマスコミの情報では、片手落ちで(マスコミ<記者>の思い込み等で、誤った情報を流すこともあり、)注意しなければならず、自身で勉強するにも限られて来るような気がします。

その為には、素人はどのように対処すれば良いのでしょうか?

普段から森羅万象に疑問を持ち、知識を吸収する努力をし、深い思慮を持ち、惑わされないよう、自分の考えを持つこと(疑念を持つこと?)からしか、無いような気もしますが…。

投稿: mohariza | 2008年5月 3日 (土) 23:20

moharizaさん、今晩は。

ものによっては、専門的な知識が不足しているから判断がつかない(間違った判断をする)、という事があると思います。

だまされないためには、全ての科学の基盤である物質科学的な知識を、ある程度でも知っておく必要がある、と考えています。現代社会では、そのため(でたらめに騙されないという目的)に学ぶという面もあるのではないかな、と。科学っぽいもので騙す人が、存在する訳ですしね。

あくまで私の個人的な考え、という事で受け取って頂きたいですが……
▼▼▼引用▼▼▼
深い科学的な知識は、普段のテレビ等の流すマスコミの情報では、片手落ちで
▲▲引用終了▲▲
その通りだと思います。私は、テレビを観て断片的な知識を得るくらいなら教科書を読もう、と言うと思います。多分、高校くらいまでに、数十冊のテキストを持つと思いますが、そこに書かれてある事は、「深い科学的な知識」です。

後、心構えとしては、自分も騙される可能性があるかも知れない、というのを念頭に置いておくべきかな、と。疑うべきですよね、色々。

何か一つでも疑問に思った事を調べていく、というのも良いかも知れません。そうすると、色々勉強しないとどうしようも無い、というのを思い知ります。私もそうでした。たとえば、「人間はどうして物が見えるか」、とか、「言葉をどうやって理解しているか」、とか。そういう所を考えていくと、水伝なんかがどれほど薄っぺらい主張か、というのが解ってきて、科学の威力と言うか、凄さが実感出来るのだと考えます。

投稿: TAKESAN | 2008年5月 4日 (日) 02:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/20722480

この記事へのトラックバック一覧です: 違い:

» [学問][雑記]出会ってから調べてみる [思索の海]
Interdisciplinary: 違い  上記のTAKESANさんのエントリのmoharizaさんのコメントが気になったので。直接コメントした方が良いのかもしれませんが、以前から気になってたことでもあるので自分のところに書いておきます。  以下、moharizaさんのコメント... [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 15:32

» ココロに「ようわからん」タグとか「態度保留」タグを用意するのはいかがでしょう:小心な権威主義者(=ぼく)の場合 [left over junk]
TAKESANさんが「違い」というエントリで「重要なのは、合理的・論理的であるからといって、即、それが科学的である訳では無い、という所かと思います」と書いておられ,これに moharizaさんが次のようにコメントしておられます(dlitさんの「出会ってから調べてみる」経由)... [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 18:46

« 作り直す | トップページ | 新東京タワー »