« 悩み | トップページ | 疑似科学批判とニセ科学批判 »

2008年5月29日 (木)

スピーカー

ソニー、1本の有機ガラス管で音を360度に広げる100万円のスピーカー「Sountina」を発売 - GIGAZINE

おお…。なんかカッコイイ。

ちょっと体験してみたいなあ。

値段がイイですね。それほど突出して高い訳じゃ無いかもだけど。

やっぱあれなんですか。ちょっとやそっとでは壊れないんですかね。見た目は脆そうだけど。

音を360度へ広げるスピーカーシステム “Sountina”(サウンティーナ)発売 | プレスリリース | ソニー

|

« 悩み | トップページ | 疑似科学批判とニセ科学批判 »

「オーディオ・ビジュアル」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

「ガラス?そんなキンキンなもの使えるのかぁ?」って思いながらソニーのサイト見てみましたが、ウーハーとスコーカーは下の銀色の部分に入ってて、ガラスはツイーターでした。なるほど。
掃除機コツン、あっ、ぱりーん、ってなりそうですね。

投稿: A-WING | 2008年5月29日 (木) 10:30

これ、1本だけなんですよね?
真ん中に置くと邪魔になるからテレビとかに繋げないですね。
テレビの後ろに置けばいいのか。でもそんなスペースないし・・・

あ、だからこんな価格設定なのか。
部屋が広くて置き場所に困らない家向けか。

投稿: Noe | 2008年5月29日 (木) 12:38

A-WINGさん、今日は。

ガラスだから、一瞬で粉砕されそうなイメージですよね。

って、有機ガラスって、合成樹脂の事なんですか。ちゃんと丈夫に作られてそう。

ウーファーとかは、普通にコーン型なんですね。

------

Noeさん、今日は。

これって、5.1chを再生する時とか、どうするんでしょうね。他のスピーカーを混ぜると、デザイン的にもどうかと思うけれど。
普通のステレオの場合は、一台で、それをどこに置いても良い、という事なのかな。

お、詳しい記事があった⇒http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0805/28/news095.html

投稿: TAKESAN | 2008年5月29日 (木) 14:00

あー、やっぱ、ガラスは壊れにくいみたいですね。

入力があるから、デジタルアンプ内臓ですね。

なるほど、ホテルとかレストランに導入する、という意向なのか。それは納得。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080528/sony2.htm

投稿: TAKESAN | 2008年5月29日 (木) 14:05

ボーリング場にこっそり置いて、うっかりボールをぶつけると100万円というロシアンルーレット。

投稿: 亀@渋研X | 2008年5月29日 (木) 14:52

有機ガラスって、樹脂なんですね。しかし割れにくいっていわれても、もうちょっとしっかりした足つけたほうがいいような。亀@渋研Xさんみたいにヤクザなことを考える人もいるし(笑)

ペットボトルかアクリルパイプで自作する人が現れるに10ガバス。

投稿: A-WING | 2008年5月29日 (木) 16:59

そうだ。ボウリングで耐久テストをすればいいんだっ。
「ボーリング」だと、どうしても穴を穿つ方をイメージしちゃいます(笑)

自作は面白そうですよね。そこで、「バーティカルドライブテクノロジー」とやらの威力が解るのかも。まともな音が出なーい、という感じで。

アクリルとかでも、ヒビは余裕で入ったりしそうですよね。

投稿: TAKESAN | 2008年5月29日 (木) 18:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/21250648

この記事へのトラックバック一覧です: スピーカー:

» ガラス管でできた無指向型スピーカー [八ミツれもん:三鷹自転車区]
YOMIURI ONLINE:見た目も音も「透明感」…ソニー、ガラス管スピーカー [続きを読む]

受信: 2008年5月29日 (木) 12:10

« 悩み | トップページ | 疑似科学批判とニセ科学批判 »