« 蓋し名文 | トップページ | メモ:武道禁止? »

2008年3月29日 (土)

ますます

瀬名秀明の時空の旅: 信じぬ者は救われる(コメント欄)

うーん。

うーん…。

瀬名さんのコメントがいくつか追加されたのですが。

もう、まるで意味が解らなくなってきました。

これはつまり、「解っている人にだけ解って貰えれば良い文章」なのか。

もちろん、それはそれで、そういう書き方はあるのでしょうけれど、少なからぬROMには、「全然意味の通らない文を連ねる人」、という印象を与えると思います。

あ、いや。

自分が読めないから他人にとってもそうだろう、と単純に思った訳では無いです。他人が読んでもこれは読解が出来ないんじゃない、という考え。事情を知ってる人ですら読めないなじゃないかな、という感じ。当たっているかは判らないけれど…。

ごちゃごちゃに縺れた糸を解きほぐそうとしている時のような、そんな思いになるなあ。

|

« 蓋し名文 | トップページ | メモ:武道禁止? »

「科学論」カテゴリの記事

コメント

>TAKESANさん

結局オレも参戦してしまったわけですが、見事に門前払いという形でしたね。「関係ない奴は黙ってろ」という態度に見えるので、ああいうお返事はオレに対してどうこうという以前に、第三者に与える印象としてどうかと思うのですが。

何というか、普通に視て「菊池誠は間違っていて自分は正しいんだ」という思い込みに凝り固まっている印象を受けますし、第三者からの意見も見え方も識ったことではない、という印象ですね。立派な実績のある小説家なのに、残念なことです。

まだご自分がプロに一歩を踏み出した時点で受けた酷評のトラウマというのは、一〇年以上第一線で活動して附けた自信ですらカバー出来ないほど大きなものだったのでしょうか。

そうだとすれば痛ましい話だとは思いますが、半面では人間にはそんな過去を乗り越える力があるはずだとも思いますので、今現在の瀬名さんの姿勢自体は「あんたはアムロかよ」とツッコミを入れたくなるくらい幼児退行的且つ視野狭窄的で、全然同情する気になれません。

現状が瀬名さんにとって非本来的な状態だと信じたいところです。

投稿: 黒猫亭 | 2008年3月29日 (土) 04:45

ちなみに、覚え書き的に反論を書いてはみましたが、投稿はしないつもりです。この状態の瀬名さんに反論しても、おそらくさらなる「醜態」を演じられるばかりで、単に作家・瀬名秀明の名望を貶めることに一役買うばかりだと思いますので。

投稿: 黒猫亭 | 2008年3月29日 (土) 04:58

黒猫亭さん、今日は。

確かに、門前払いという印象でしたね。

結局、読んでいる大部分の読者に解らせようという意図は無いのかな、と思いました。でも、エントリーの書き方自体は、かなり広い層に向けているようにも見えるのですよね。

現状では、何が言いたいのか皆目見当もつかない、という感じですねえ。

投稿: TAKESAN | 2008年3月29日 (土) 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/11914797

この記事へのトラックバック一覧です: ますます:

« 蓋し名文 | トップページ | メモ:武道禁止? »