« 亜種とか妄想とか | トップページ | 『ゲーム脳の恐怖』を読む(6) »

2008年3月 8日 (土)

こりゃ凄い

と思った⇒はてなブックマーク - 平城遷都1300年祭・マスコットキャラクターについて

戦略的にも(←これは重要です)見事だと感じます。なかなか出来る事じゃ無いよね。

これは個人的な意見ですが。

自分の「好き嫌い」をぶつける時には、慎重にならなければいけない。

このブログで、「自分の好きなものを肯定的に紹介する事はあるが、嫌いなものをわざわざ採り上げる事は滅多にしない」、というのは、そういう認識からだったりします。

「センスが無い」という非難の言葉って、同じ様なセンスを共有している集団でしか成り立たないと思うんですよ。「見る目」が近い人達で、「うーん、これはセンスがいまいち」、と言う時とかね。それは、様々なものを総合する言葉として、「センス」を用いている訳で。直接それを相手に投げ掛ける(私自身、あのキャラを見た時、「なんか凄いセンスだな…」と感じましたし。ネガティブな方に)のって、語彙の乏しさを露呈する事にもなりかねませんね。私も気をつけないと。

|

« 亜種とか妄想とか | トップページ | 『ゲーム脳の恐怖』を読む(6) »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「メディア論」カテゴリの記事

「社会論」カテゴリの記事

コメント

企画した人間ならまだしも(それもアウトですけど)、デザイン担当者に中傷メール送りつけてる奴ってなんなんでしょうね・・・
ホントにインターネッツは恐ろしいというか、2chノリを外部に持ち出すバカっているもんなんだなと。

そして私のような人間が有害某さんとかの見解について異を唱える事も、多分にこういうバカのやる事と混同される場合があるというのが、なんとも歯痒い話。

キャラについては、最初は私も酷いもんだと思いましたけど、痛ニュに載ってたビックリマンコラを見てからは違和感なくなりました(笑

投稿: 黒屋ぶるー | 2008年3月 8日 (土) 15:22

黒屋ぶるーさん、今日は。

ああいった内容のメールを本人に対して送れる、というのが凄いです。あのようなかたちで嫌悪感をぶつけるのは、私には理解出来ないですね。ちょっと寒気がします。ごく限られた人にしか見られないから、という認識があるのかな。
そういうのが、だからネットは匿名は…という意見が出てしまう理由にもなってしまうのでしょうね。残念な事ですが。

ビックリマンコラは秀逸でした。全然違和感無かった。

投稿: TAKESAN | 2008年3月 8日 (土) 15:59

こんばんは。

私は、正直言うと「変なデザインだ」と思いました。しかし他方、ゆるキャラファンとしての私は、このデザインを賞賛しています。

たとえば、かの「ひこにゃん」は、完成度が高く、大衆への訴求力も高いものがあるのですが、公的機関発キャラクタ特有の、「ゆるさ」がありません。

その点このマスコットは、かなりのレベルです。ゆるキャラの原点回帰、ルネサンスです。

これがどう立体になって、中の人がどのようにキャラ付けするのか、楽しみです。

投稿: A-WING | 2008年3月 8日 (土) 18:46

A-WINGさん、今晩は。

おお、絶賛ですね。

確かに、「公的機関発キャラ」の独特の雰囲気を、見事に醸し出していますね。ある種の郷愁すら…。

ひこにゃんは、洗練され過ぎ、という見方もあるかも(笑) 纏まり過ぎている、と言うか。

あれを立体化……これは、ワクワクせざるを得ませんね。

投稿: TAKESAN | 2008年3月 8日 (土) 23:23

センスに棹さして語られるようなことがらについて、センスがいいだの悪いだのと云う次元のことしか云わないのって、意地悪な見方をすれば結局のところ「おれさまの素晴らしいセンスを尊重しろ」としか云ってないんですよね。それって結局自分が「そう云う発言を平気でできる程度の神経しか持ち合わせていない人間である」と云うのを露呈する結果になる。

うぅ、唇が寒い。ぼくもけっこういつもぎりぎりのところで発言しているので、この辺り他人事ではないです。

投稿: pooh | 2008年3月 9日 (日) 10:03

poohさん、今日は。

センスという言葉は、色々な意味を含めたものを総合的に表すものとして、使われているのですよね。それを用いれば、何か言った気にはなるけれど、実は何も言っていないに等しい場合もある、という。

私自身、使う事もありますけれど、批判する時に「センスが無い」と言うのは、多分、ほとんどした事は無いと思います。自分でも分析する事が出来ないのに、それを批判の際に投げるというのは、結構危ういのですよね。
使えるのは、「センス」の意味内容について、ある程度コンセンサスがある場合かな。その場合にも、ちゃんと分解して説明出来なければならないですね。

ところで、こういう所で使われる「センス」って、茂木氏が使う「クオリア」に近いなあ、なんて思ったりして。

投稿: TAKESAN | 2008年3月 9日 (日) 11:59

デザインした人にあんなメールを出すのは間違っていると思うし、デザイナーの対応もすごいと思います。
けど…でも私はあの鹿坊主はイヤです。
マスコットキャラなんだから、少なくとも1年間、ポスターやらなにやらに登場するんですよね。生活圏にあれが大量に出没するとしたらかなり耐えられません。もし奈良市民だったら反対してると思います、多分。だってあれに囲まれて生活したくないもの (^^;

投稿: たかぎF | 2008年3月10日 (月) 00:38

たかぎFさん、今晩は。

私も、自分の所で採用されるとなったら、えー、となりますね、多分。実際、物凄いインパクトですものね。

て言うか、プライベートで友人と話す時とかだったら、ここには書けない言葉で評価する可能性が…。

投稿: TAKESAN | 2008年3月10日 (月) 01:06

こんにちは。

どうせ著作権の一切合切を買い取ったんだから、いっそのこと、このデザインを元にした、いろんなタッチのキャラクターを募集したらいいのになあ、と思います。
その中には皆さんお望みの(^^)ゆるきゃらの鹿坊主もいるでしょうし、逆にリアルタイプ鹿坊主とか、キュビズム鹿坊主とか、いろんなのが出てきて。
そういうのをひっくるめて全部使いますッ!っていう感じの、パルコのロゴみたいな展開をしたら話題にもなって面白いだろうなあとか。
そうすれば最初のデザイナーさんの顔も潰さないし、色んな人が満足できると思うんですけどねー。

投稿: みづ | 2008年3月10日 (月) 03:10

 私は、2ちゃんねるで出ていた、頭を黄色ヘルメットに描きかえて「工事中につきご迷惑をおかけしております」の看板に仕立て上げたのを見て、あまりにぴったりはまったので大笑いしました。
 動物の擬人化(二足歩行で前足が手など)であればさほど違和感が無いのですが、動物のパーツを人にくっつけるといきなり人外のモノになってしまいますので、キャラクターとしてはどうかと思いました。キメラというのはインパクトが大きいです。

投稿: apj | 2008年3月10日 (月) 04:28

動物のパーツ < まさにそうですよね。
しかも単なる人じゃなくて仏さまのようですから。目元はかわいいんですけどね。
棒の先に馬の頭だけがついてるようなものを首から下げてまたがる木馬ってありますよね(この表現でわかるでしょうか)。あれの鹿版でもぶら下げるくらいでもよかったのかもしれません。

投稿: ちがやまる | 2008年3月10日 (月) 09:43

あのキャラクターって「気持ち悪い」ですか?
ニュースではそんな感じのコメントが結構あったように書いてあったと思うのですが。
(個人的には「気持ち悪い」といわれるほどのものでもないような・・・)

投稿: Noe | 2008年3月10日 (月) 11:58

皆さん、今日は。

おお、なんか人気だ(笑)

2ちゃんねるに出てたのをまとめてるのがありましたね⇒http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/03/130052_ed8b.html

これを見ると、元のデザインのインパクトが目立つ…。

やっぱり、「角」は浮きますねえ。なんか、キン肉マンの超人風と言うか。

私には、目元の可愛さが、鼻の高さによって、なんとも言えない雰囲気に変化しているように見えます・・。

私は、気持ち悪いと言うより、「こわっ」、と感じました。「怖い」では無く、「こわっ」。

リンク先の一番下のは完成度高いなー。「万人受け」を心得ている感じ。

投稿: TAKESAN | 2008年3月10日 (月) 12:13

こんにちは。
これだけパロディにできるというのは、ある種のオリジナルの強さを感じます。パロディ化された画像を見ましたが、今の時代に可愛いといわれている図像に合わせただけで、それほどの新味を感じない物が多いです。オリジナルは普遍的なところを狙いすぎたのかもしれません。
でも、好き嫌いといのは極めて厄介な問題ですね。

投稿: corvo | 2008年3月10日 (月) 12:37

corvoさん、今日は。

そうですね。強いオリジナリティがありますね。

パロディはやっぱり、より多くの人に受ける、という観点なんでしょうね。時流に合わせる、と言うか。Pinkyぽいのなんて、まさにそんな感じで。

ああいうコンセプトで募集されたキャラなので、ある程度は万人受けを意識して、より多くの人に親しまれるように、という方向もあったのかも知れませんね。

投稿: TAKESAN | 2008年3月10日 (月) 12:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/11078796

この記事へのトラックバック一覧です: こりゃ凄い:

« 亜種とか妄想とか | トップページ | 『ゲーム脳の恐怖』を読む(6) »