« ゲーム脳の説明 | トップページ | 文科/理科 »

2008年2月18日 (月)

言葉

言葉とは、器のようなものです。

言葉の意味とかたちは、きつく結ばれている訳では無いのです。

言葉に、強い力が分かちがたく繋がっている、と考えてはいけません。

言葉に、力を持たせてはいけません。

言葉を恐れてはいけません。

言葉を受ける時は、言葉が力を持っていない事を、心得ておくべきです。

だけれど、

言葉を投げ掛ける時には、深く慮らねばなりません。

なぜなら、

言葉と力が絶対的に結び付いていないという事は、

言葉はどんな力も持ち得る

という事を意味しているから、です。

言葉は、私達で作っていくものです。

それは、自分と相手との関係、場の雰囲気、お互いの気分、感情、そういったものと絡み合って、作り上げていくものです。

そう、まるで、生きているかのように。

言葉に力を持たせてはなりません。

でも、

言葉はどんな力も持ち得る事は、常に考えなければなりません。

大変かも知れないけれど、それが言葉というものなのです。

言葉に囚われてはなりません。

|

« ゲーム脳の説明 | トップページ | 文科/理科 »

「随想」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/10584626

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉:

« ゲーム脳の説明 | トップページ | 文科/理科 »