« 範疇追加 | トップページ | しんじぬもの »

2008年2月17日 (日)

hypothesis

セブンアンドワイ - 本 - 白い仮説・黒い仮説

apjさんのブログのコメント欄経由で知りました。

竹内氏が、「ニセ科学」という語を冠した書を出すというのは、なかなか興味深い。

出たら読んでみようと思います。

ちなみに私、これは未読だったり↓

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 Book 99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方

著者:竹内 薫
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

賛否両論ある本のようなので、こちらも読んでみようかな。

|

« 範疇追加 | トップページ | しんじぬもの »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「科学論」カテゴリの記事

コメント

>白黒

表紙、見ました。「灰色領域」という概念に対する挑戦かな?(まさかね^^)きっと、極端な二分法でニセ科学を語る本では無く、冷静に科学的な思考を説く内容になっていると、私は信じています。

投稿: TAKA | 2008年2月17日 (日) 01:04

TAKAさん、今日は。

「99・9%」でも、白い仮説、黒い仮説、という説明が用いられていたみたいですね(書評を参照にしました)。

もうすぐ出るので、チェックするリストに入れておきますです。

投稿: TAKESAN | 2008年2月17日 (日) 12:39

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51006283.html

dankogai氏の書評。

結構絶賛風。

何故リンクしたか、というと、dankogai氏が、きくちさんと不毛なやり取り(※dankogai氏が一方的に無意味な。これはいくら強調しても、強調し過ぎる事は無い)をした事のある方だから。氏がニセ科学について論ずるのは、チェックせざるを得ない。なにせ、アルファブロガーであり、物凄い数の読者がいるので。

って、明日発売なのね。読まなくちゃ。

投稿: TAKESAN | 2008年2月21日 (木) 20:00

血液型と性格、の所を、読んでみました。

ちょっと違和感。

物理学会のシンポジウムを採り上げたくだりとか、「血液型-性格関連」説そのものをも科学者が否定しているとも取れる書き方は、なんか違うな、と。飲み屋で血液型占いやらをやるのはいいじゃない、という竹内氏自身の意見と対照的に書かれていて、「科学者」の印象を誘導しているようにも読めました。

投稿: TAKESAN | 2008年2月28日 (木) 15:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/10555579

この記事へのトラックバック一覧です: hypothesis:

« 範疇追加 | トップページ | しんじぬもの »