« ヒャックマンヴォン | トップページ | 本質はそこには無い »

2008年1月10日 (木)

文の長さ

poohさんのコメント欄で、文章の長さについての話題が出ています。

私も、ついつい文が長くなってしまう、というのは、しばしばです。他所様のブログにコメント入れる時に、長くなり過ぎて消し去ったり、こっちにエントリー起こしたり。

やはり、自分で自分の文章に突っ込みを入れる傾向があると、そうなってしまいがちなんですよね。ここは説明不足だなあ、とか、ここは誤読されるかも知れない、とか。そうすると、補足しようとして書いた括弧内の文章が、めちゃくちゃ長くなったりする訳です(笑)

思考を忠実に出力しようとすると、どうしても、長くなる。そして、それを一つのまとまったものとして完成させようとすると、尚更、そうなりますね。

WEBだと、閲覧環境にもよりますが、長いという理由だけで、読まれなくなる可能性もあるのですよね。私など、より多くの人に読んで貰いたい、という欲求は無いので、その点、気楽なものですが…。読む立場としては、長いから読まない、という事は、全く無いですね。数行読んで、綺麗な構成なら、読み進めますし、短くても途轍も無い解りにくさのものも、ありますからね。

また、ブログにエントリーを上げるというのと、コメントや掲示板のやり取りなんかでは、また違うのかも知れません。やり取りの相手にもよるし、ROMがどういう人々か、という観点もあるでしょうし。

あ、そうそう。論点はちょっと ずれるかもですが、私は、「見やすい」かどうかは、かなり意識しています。総文字数とは別で。適度に改行入れるとか、引用文がどこかを判りやすくする、とか。長くなると、そういうのが効いてくる気もしますね。…あれ、上と言っている事が違うような。ま、いっか。

ちなみに、PseuDoctorさんの文章は、物凄く読みやすいです。「思考の流れをなるべく正確に文章に写し取る」と仰っていますが、まさにそういう文ですよね。「読み手にとっては必ずしもそうではなく」とも仰っていますが、わたし的には、非常にすっきり読めます。お手本ですよね。

いつものごとく、何を言いたいのかが解らなくなってしまいました。だから、こんなに長くなるんですねえ。

|

« ヒャックマンヴォン | トップページ | 本質はそこには無い »

コメント

「空疎」のあたりですね。
いやあ、長さについては、耳が痛いです。が、もうボクは自分のブログでは半分あきらめています。
ボクの場合、そもそも「原稿の分量の制約がないから書けている」というところがあって。いつも仕事で「ページ数が足りないから、あれも削らねばこれも削らねば」というジレンマに陥るんですよ。Webは、そのストレス解消という側面があるという自覚もあります(汗)。
それでもときどき無性に「読みやすくしなきゃ」熱がぶり返して、用語集みたいなのを作ったり、小見出し入れたり、分割したりするのですが、熱はそのうち冷めるものと相場が決まってまして(冷汗)。
それ以前に、一人称も文体も固定しないっていうのは、意識しているところもあるんですが、「オレはこんな方法を選んだことで、ひょっとすると編集者としての信用とかライター生命とか、捨ててんじゃないか」とか思ったりも(だはは、って開き直ってどうするよ)。

投稿: 亀@渋研X | 2008年1月10日 (木) 02:10

結局のところやっぱり意識すべきは、読み手に何を届けたいか、なんでしょうけれどね。正確に著述して読み手に誤解を招かないように、と考えると、どうしても一定以上の長さは必要になったり。

モニタ上で読みやすい文章の書きかたと云うのはあります。マークアップ言語のルールとして本来守るべき書き方と云うのもあります。でもそれよりもやっぱり、重要なのは何をどんなふうに伝えたいか、ですし。

文体と云うのはある種思考様式の反映でもありますよね。結構ぼくもいろんなひとの文章を読んでいて、こんな文章が書けたらなぁ、とか思いますが、ぼくの思考様式を適切に反映する文体はやっぱりぼくの文体なんだろう、と思っています。

投稿: pooh | 2008年1月10日 (木) 08:09

亀@渋研Xさん、今日は。

自分でやっているブログなんかだと、ある種気楽な所がありますね。

私が書いた文章を振り返って見ると、小見出しを付けるというのを、ほとんどした事が無かったり。

このブログ、武術・身体運動カテゴリーのエントリーは、読みにくいにもほどがありますよね(笑) 元々、解っている人向けのものなのですが、それにしても、ごちゃごちゃしてる…。

------

poohさん、今日は。

他の方の文章を見て、ああいう風に書きたいなあ、と、思う事はありますね。
私自身の書き方は、何人か(このブログで、よく紹介してますけれど)の学者や作家の文章を、参考にしてたりします。具体的な文体と言うより、構成の仕方ですけれど。

個人的には、中猫さんの文章に、憧れていたりします。読んで、冷たく輝く日本刀の様な知性の発露だ、と思った事があります。

投稿: TAKESAN | 2008年1月10日 (木) 13:00

こんばんは。

いつも「解り易い」とお褒め頂くのですが、まだまだ修行中の身です。と言いますのも、ある程度まとまった長さの文章を書く時には、少なくとも10回以上は推敲しているからなんですね。

何度も何度も書き直して、ようやく納得できる文章になる。ちょっとでも推敲をサボると、後で読み返した時に必ず後悔します。

何とか、もう少し効率的に書けないものか、と思っているのです。

投稿: PseuDoctor | 2008年1月10日 (木) 23:48

PseuDoctorさん、今晩は。

私も、相当推敲しますね。一旦書き上げると、何かを零してしまったのではないか、と気になってしまって、それを足していくと、どんどん長くなっていく、という。しかも、自分で書いた文章に自分で反論を考えるので、時間的にも長く掛かったり。もちろん、ある反論を予測して、そのままにしておく事もありますが…(戦術的な所)。

これでも、大分、書く時間は短くなりました。ブログをやっている成果ですね。基本的に全レスを心掛けているので(自ブログへのコメントへのレスと、他所様への投稿は、また異なりますけれども)、ある程度早く纏める訓練になります。いや、出来上がった文章がどうか、と言われれば、それまでですけれど…。

投稿: TAKESAN | 2008年1月11日 (金) 00:53

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文の長さ:

« ヒャックマンヴォン | トップページ | 本質はそこには無い »