« 解説のあり方 | トップページ | 未確認飛行物体 龍球 »

2007年12月20日 (木)

世話

ケータイ小説と、それを読んで感動した、と言っている人を罵倒したりするのって、「もっと良いものを知った方がいい」、という「老婆心」なんじゃないですかね。ものすごーくポジティブな表現をするとね。

つまり、素組みしたガンプラを見て感動するとか、合気道で2級を取り立ての人の演武を観て「すげー!」と思う人とかに対して、石川雅夫氏の超絶パール塗装を施した物を見ろ、とか、塩田剛三師範の演武を観ろ、と言うとか、そんな感じかな。

色々なものを知って、感激の閾値を上げるのを望んでいる、と言うか。

もちろん、「自分は良いものを知っている」という自尊心もあろうとは思いますが、それは置いときます。

※私自身は、ケータイ小説の罵倒の仕方には、全く賛同していません。誰でも読める場に書く、という意味では。プライベートではいいかも知れませんが。amazonの書評で、「いかに下らないか」を書いているものを見かけますが、私には全く理解出来ない。それと、ケータイ小説に関して個人的な感想は、持っていません。何故なら、ちゃんと読んだ事が無いから。「ケータイ小説」と括るのがどれほど妥当か、という気もしますが、まあ、ベストセラーになっているものを指しているのでしょうね。

|

« 解説のあり方 | トップページ | 未確認飛行物体 龍球 »

「社会論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/9482021

この記事へのトラックバック一覧です: 世話:

« 解説のあり方 | トップページ | 未確認飛行物体 龍球 »