« アニメ検定 | トップページ | 料理 »

2007年11月25日 (日)

ゼミ

<ベネッセ>ニンテンドーDSで「進研ゼミ」 来年1月から(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

これは、便利でいいんじゃないですかね。

スペースも取らないし、グラフィカルな表現も工夫出来るし。

色々出ますなあ↓

代ゼミのセンター照準シリーズ ~英語編~ Video Games 代ゼミのセンター照準シリーズ ~英語編~

販売元:アスク
発売日:2007/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« アニメ検定 | トップページ | 料理 »

「ゲーム論」カテゴリの記事

「文化論」カテゴリの記事

「社会論」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

かつて「PCは文房具だから文房具売り場で売る」とした某スーパーがありましたが、DSのインターフェースは「ペンと紙」そのものですから、より文房具的ですね。価格も手ごろだし、カラーバリエーションも豊富で趣味性もあるし。
DSは、個人用端末の、ひとつの到達点だと思います。

投稿: A-WING | 2007年11月25日 (日) 13:55

A-WINGさん、今日は。

そもそもは「ゲーム機」であるという敷居の低さと馴染み深さ、標準のデバイスがタッチパネルである事、手軽にソフトを替えられ、短時間で立ち上げられる事、等々、絶妙なバランスを持った端末ですね。手軽に扱えるというのは、物凄く大きいと思います。

やるなニンテンドー、って感じですね。DS出る前には、これ売れるのか? なんて、友人と話したりもしていたのですけど(笑) 脳トレの力も大きいでしょうね。

投稿: TAKESAN | 2007年11月25日 (日) 14:13

ううむ。〈「ゲーム機」であるという敷居の低さ〉がすぐにはわからなくて、しばし考え込んでしまいました。
幼い頃からの貧乏性がしみついていて、道具は専用機よりも汎用機に心が動いてしまうわたしです。なので、ゲーム機は「専用機である」というただそれだけで、敷居が高いのでありました。アップデートとか置き場所とか利用範囲とかを考えると、ちょっと手が出ません。
いや、我が家にもゲーム専用機があった時代が短いながらあるのですけどね。ゲーム制作に関わったこともあるし。

通信添削 ver.の進研ゼミは、うちの子ども達がいやいややってます(最初は「やりたい」っていうから始めたんですけどね)。んでも、我が家にはゲーム機が一台もないので乗り換えは不能です(^^;;

投稿: 亀@渋研X | 2007年11月26日 (月) 04:55

亀@渋研Xさん、今日は。

今、進研ゼミに取り組む世代は、もう、物心ついた頃から、「そこにゲームがあった」年代の子ども達ですよね。まず、そういう意味での「馴染み深さ」というのがあるのかな、と。いわば、どれだけ「周りに溢れていたか」、という面がポイントだと思います。高齢の人にとっては、ケータイが敷居が高かったりしますよね。そういうイメージですね。

後、「値段」です(笑)

投稿: TAKESAN | 2007年11月26日 (月) 12:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/9103178

この記事へのトラックバック一覧です: ゼミ:

« アニメ検定 | トップページ | 料理 »