« ショットガンみたい | トップページ | 新設 »

2007年11月 1日 (木)

ベル

よく、正規分布の説明で、「釣鐘状の」、という表現が出てきますよね。

私は、それを見る度に、うーん、となっていたのです。

釣鐘というと、寺にあるあれを思い浮かべますよね。108回打ち鳴らす、あれ。

あれはどう見たって、Uを引っくり返した形じゃないですか。つまりこんな→∩

でも、正規分布って、左右に裾を引いていて、どうしても、「釣鐘」には見えなかったのです。

ところが、最近、ある統計の本を読んでいた所、正規分布の説明で、「呼び鈴」と書いてあるのを見かけたのですよ。

それを見た瞬間、はたと膝を打ったのであります。なるほど、呼び鈴ならば、得心がゆく。そういえば、正規分布は、ベル・カーブと言うではないか。何故今まで、考え付かなかったのだ。

いや、裾を引いた形をした釣鐘もあるでしょうし、∩みたいな形の呼び鈴もありますが。前もって形成されたイメージというのは強いなあ、と、言いたかった訳です。授業で先生が使うアレも、呼び鈴ですしね。

どうでもいい話でした。

|

« ショットガンみたい | トップページ | 新設 »

「随想」カテゴリの記事

コメント

 鐘は鐘でも教会の鐘の方じゃないかと。お寺の鐘と違って裾も拡がり気味ですから、ガウス分布に見えなくもない。
 釣り鐘状云々の比喩は、もしかしたら、英語のテキストからの直訳じゃないですか?

投稿: apj | 2007年11月 1日 (木) 02:36

内側からたたくのがベルで、外側からたたくのがゴングだと聞いたことがあります。この定義にあわない場合がずいぶんありそうですが。

投稿: ちがやまる | 2007年11月 1日 (木) 07:30

apjさん、今日は。

 >教会の鐘の方じゃないかと。

そうなんですよねえ。で、私の中で「釣鐘」というと、寺のアレしかイメージ出来なかったのでした。教会の、って言われれば、ああ、あれか、ってなったんでしょうね。と言うか、教会のアレも釣鐘って言うのか、となったかも。

------

ちがやまるさん、今日は。

ゴングと聞いて思い出すのは、もう、アレしかないですね。格闘技の試合の…。
銅鑼とかもそうなんですねー。

投稿: TAKESAN | 2007年11月 1日 (木) 13:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/8705494

この記事へのトラックバック一覧です: ベル:

« ショットガンみたい | トップページ | 新設 »