« どこがおかしい? | トップページ | 二刀、武術書 »

2007年11月 6日 (火)

いずれ

自分が見ているのが実は藁人形だった、という事に気付けるかどうかが、とっても重要だと思います。

あなたは藁人形を相手にしていますよ、と外から言ったところで、それを受け容れるのは難しいのですね。

だから、丁寧に、色々な角度から、藁人形であるのを気付かせようと努力したり。もちろん、ほとんどの場合には、ほっとく訳ですけれど。

基本的には、本人の姿勢の問題ですよね。普段から、メタにものを見るように訓練しておかないと。

本当は、外から言ってくれる人がいるというのは、とてもありがたい事なのですが、それは「その場」では、解らない。

何年か経ってから、認識が変化し、指摘された事を思い出す、というのがあれば、充分なんでしょうね。

でもまあ、藁人形に色々言うのがエスカレートすると、何だかなあ、となる訳ですが。特に、その藁人形の中に、自分が含まれていたりすると。

しょうが無いですね。

|

« どこがおかしい? | トップページ | 二刀、武術書 »

「随想」カテゴリの記事

コメント

ワーワーキコエナーイとなると、ちょっとどうしようもないですねえ。

投稿: みづ | 2007年11月 6日 (火) 01:50

みづさん、今日は。

そうですね。いかんともしがたいです。

メタに見る、というのは、こういう場合のためにある、と思います。

投稿: TAKESAN | 2007年11月 6日 (火) 12:52

藁人形とスルメは、メタ的に捉えて同じですか?違いますか?

投稿: n_ohsaki | 2007年11月 6日 (火) 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/8777822

この記事へのトラックバック一覧です: いずれ:

« どこがおかしい? | トップページ | 二刀、武術書 »