« 何がおかしいかって | トップページ | 当たり前、に »

2007年11月20日 (火)

ちょっとずつズレてるみたいな

勉強をしすぎで頭が悪くなる? タクシー運転手実験 - Ameba News [アメーバニュース]

何を言おうとしてるかは解るんだけど、この文章の組み立ては、どうなのだろうか…。

ところで、熟練ドライバーの脳の体積は大きいんですか? 脳の体積と認知機能って、そんなに強い関係があるのでしたっけ。て言うか、タクシードライバーという職業に就いた後に、脳が大きくなる、って事?

今回の研究ではさらに、タクシードライバーにいくつかの記憶学習テストを実施した。普通に考えると、彼らの脳は大きいから、記憶力もよくなるだろうと予想されたが

むー。こういう論理展開なのかあ。普通に考えると、タクシーの運転に直接関わらないものは、そう簡単には憶えないだろう、とか、何年もかけて憶えたものと、比較的短期(と思われる。推測)の記憶は違うんだろうな、とか思いますが。

 脳には限界があるようだ。勉強もほどほどに、ということなのだろうか。

なんでこんな締めくくりなんだろう…。飛び過ぎな気が。

|

« 何がおかしいかって | トップページ | 当たり前、に »

「科学論」カテゴリの記事

コメント

TAKESANさん

「熟練ドライバー」とは脳の大きい人のみが到達することのできる高みなのかも。脳の大きさと記憶力に関連があるとしての話ですが。

それはともかく、熟練ドライバーは新米ドライバーよりもお年を召されている方が多いような気がします。そうであれば、記憶力は年齢と相関しているだけかも。

投稿: Noe | 2007年11月20日 (火) 08:24

昨日の朝日新聞だったかな、「タクシーの運転手は、海馬が大きいという調査結果がある。地理を詳細に記憶するためか」みたいな話が出ていました。元ネタは同じなのかもしれません。
ただ、朝日の方のメインの話題は「脳ダコ」って話で……。

脳ダコの記事は会員制のasparaクラブの方で読めるようです。
http://aspara.asahi.com/asalon/login/asalon_asa.html

投稿: 亀@渋研X | 2007年11月20日 (火) 12:31

Noeさん、今日は。

日常で言われる所の「記憶力」と、心理学的にデザインされた実験で測られるものとは、また違いますよね。

他の動物とならともかく、人間同士の脳の体積と知能とは、あまり関係無いですね。グールドの本にも書いてあったかな。

記憶力と年齢が相関していると見るのが妥当ですよね。

記事で引っかかったのは、「記憶力もよくなるだろうと予想されたが」、という記述。「記憶力が”よくなる”」という表現は、ズレてますね。

投稿: TAKESAN | 2007年11月20日 (火) 12:41

亀@渋研Xさん、今日は。

あ、海馬とか小脳とかの、ある機能を司る一部の発達の仕方が異なる、という事なら、納得出来ます。「脳の体積」だと、意味が全然違っちゃいますものね。

脳ダコ、ググって見てみました。

…もしかして、私が紹介した記事、この事が言いたかったのかなあ。だとしたら、あの書き方、やっぱりズレていますよね。

投稿: TAKESAN | 2007年11月20日 (火) 12:51

アメーバニュースの記事は、ずれてるっていうか、ひょっとすると書いた人は、そもそもの元ネタな内容をはじめ、いろんなことをちゃんと理解できていないんじゃないかなあ……と。

投稿: 亀@渋研X | 2007年11月20日 (火) 15:17

そうなんですよね。
で、ここで採り上げたのは、記者のプロフィールを見て、え、と思ったからなのでした…。

件の研究からの帰結は、「優れたのタクシードライバーに求められる能力と、実験的な場で測定されるものには、あまり関係が無いようだ」、という感じかな。

て、今、記事のコメント欄見たら、ツッコミがかなり入れられてますね。読み不足でした…。

投稿: TAKESAN | 2007年11月20日 (火) 16:10

TAKESAN こんばんは。

記憶力=頭がいい
脳が大きい=頭がいい

思いこみというか、何というか良い言葉が見つかりませんが、こういう人たち、考え方が、私にとって一番悩ましいものなんです。
他にもいろいろあります。

速読=勉強に役に立つ
朝ご飯=学力UP

こういうところで誤解してしまうと、本当に必要なものが見えなくなってしまうのです。
学力が低下したと言われて、正しい対応をすればよいのに、記憶力とか、脳を活性化とか、実際には役に立たないところばかりが強調されて、実際の対応が後手にまわることもよくあります。

浜井浩一さんという犯罪学者が、「犯罪や少年非行については、実態と人々の認識の間に大きな乖離が存在しており、これが事項や犯罪対策を大きくゆがめる原因になっている」と指摘していますが、まさに教育でも同じことが起きているのです。
http://nels.nii.ac.jp/els/contents_disp.php?id=ART0008310433&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=Z00000011432344&ppv_type=0&lang_sw=&no=1195560780&cp=
(p146でゲーム脳を否定していますよ)


そしてそういうところにつけ込んでいるのが、七田とかでしょう。

一連のキゴウについてのエントリー、興味深く拝見しました。みなさんのコメントも勉強になります。
いろいろ思うところがありますが、そのうちに。
それでは。

投稿: ドラゴン | 2007年11月20日 (火) 21:15

ドラゴンさん、今晩は。

結局、「短絡」してはいけないという事ですよね。物事の複雑さを、無視してはいけない。

浜井氏の論文、アブストラクトへのリンクを貼っておきます(本文が無料で読めますね)⇒http://ci.nii.ac.jp/naid/110006291151/#abst

なんでしょうね。一つは、ある程度の年齢の人の若い頃の時代への憧憬、というのがあるのでしょうね。昔は良かった、というやつですね。それを基にして、「それに合うように」、論理を強引に組み上げてしまう、という。

犯罪不安(体感治安の悪化)と、学力低下不安(とでも呼びます)というのは、重なる所があるのかも知れませんね。学力低下しているかどうか。しているとすれば、どういう対処があるか。というのは、きちんと、しっかりとしたデータに基づいて行われるべきであって、問題の本質を解読する事無く、いかにも受けの良い、根拠不明な単純なものが、受け容れられる事があるのですよね。

投稿: TAKESAN | 2007年11月20日 (火) 23:34

現役のタクシードライバーですよ。
脳の体積が大きくなるってのは、ちょっと興味深いと思いました。しかし、おっしゃる通り、このことが事実だとして、その後の論理展開は無茶苦茶。
覚えることがたくさんある職業は他にいくらもあるはずで、なんで特にタクシードライバーは特異的に脳の体積が大きくなるのか、そこが知りたいです。ドライバーの仕事やめると、また小さくなるのか、とか。ま、あくまで、これが事実だとしての話ですけど。

あと、このことが事実だとすると、受験生の脳はどうなってるんでしょうね。

投稿: hesoheso | 2007年11月22日 (木) 04:22

連投ごめんなさい。
タクシー運転手の脳の体積うんぬんの論拠はコレですな。

http://med-legend.com/mt/archives/2004/09/post_370.html

被験者16人。イグノーベル賞ですか。

投稿: hesoheo | 2007年11月22日 (木) 04:28

朝日新聞の記事では、被験者にジャグリングの練習をさせる別の実験の話も出ていて、3ヶ月とかの練習の前と後、さらに練習をやめて3ヶ月後という感じで確認されていました(期間はあいまいな記憶です。被験者数は覚えていません)。
で、まあ、有意に変化がある(練習をやると海馬の体積が増えて、やめてしばらくすると体積が減る)ということはあるという結果が得られたようです。でも、それが人間にどういう影響を与えているのかはまったく白紙ってことだったような。

投稿: 亀@渋研X | 2007年11月22日 (木) 08:02

し、しまった。アスパラクラブで確認したら、ちょっと違った。
以下、記事から関連部分を引用します。

---ここから---
ただ、これらの研究では脳の発達が訓練による結果とは断定できない。脳の関係領域が発達した人が、タクシー運転手や音楽家などになった可能性があるからだ。

そんな中、ボールをお手玉のように投げるジャグリングに関する04年の研究は、3カ月間の訓練前後での脳の変化を調べたことで注目された。大脳の視覚や空間把握に関する領域付近で活発に活動する部分が3%広がっていた。さらに訓練終了後3カ月たつと、広がった部分が半減して、ジャグリングも下手になっていた。
---ここまで---

先に記事を確認すべきでした。すいません。
記事のURLは下記ですが、先にも書きましたように会員制です。
http://science.asalon.asahi.com/blog/b/10000797.writeback

しかし、科学面の記事は会員制じゃないところで公開して欲しいなあ……。

投稿: 亀@渋研X | 2007年11月22日 (木) 08:11

hesohesoさん、今日は。

情報ありがとうございます。

ですね。かなり強引な展開の主張に見えます。
こういうのは、心理学的には、もっと状況(環境)を考慮した研究のデザインがなされるべきであると思うのですよね。もちろん、研究者の意図と、記者の認識にズレがある、という事かも知れませんけれど。

------

亀@渋研Xさん、今日は。

能力に関係する脳の部位の構造が関係するのは、妥当な所なのでしょうね。
タクシーの運転と構造が似ているものを探してきて、それを運転手が短期間に習得出来るか、という研究をする、とかの方が良さそうな気もしますね(あるでしょうけれど)。

投稿: TAKESAN | 2007年11月22日 (木) 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/9006503

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとずつズレてるみたいな:

« 何がおかしいかって | トップページ | 当たり前、に »