« ビーム・カタナ | トップページ | 元々は »

2007年10月25日 (木)

スイソク

ABO FAN氏の主張する「関係がある」、あるいは、「差がある」というものが、母集団におけるわずかな差の事を言っている、というのが明らかになった場合(もうすぐ、はっきりするか?)、その後、どの様に議論が展開されるのでしょうね。

当然、ほんの少しの差などあって当たり前でしょうから、そんな事は別に、誰も否定していない訳です。

で、仮に、ABO FAN氏に、「いや、ほんのちょっとでいいんなら、それくらいの差、あるでしょうよ。」などと言ったとして、果たしてそこから、「程度問題」に関する議論に展開するでしょうか。ここが非常に難しい。ABO FAN氏にとっては、「自身の意見に同調した」、あるいは、「関係がある事を認めた」、と認識されるでしょうから。

簡単な喩え。

A型の人間(全部)の平均身長と、B型の人間(全部)の平均身長に、8mm違いがあった事が判明した場合、「血液型と身長には関係がある」と、言うのだろうか。また、「差がある」と言うのだろうか。

|

« ビーム・カタナ | トップページ | 元々は »

「科学論」カテゴリの記事

血液型性格判断」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/8604118

この記事へのトラックバック一覧です: スイソク:

« ビーム・カタナ | トップページ | 元々は »