« WAKARU | トップページ | 求めない »

2007年10月14日 (日)

メモ:一教~三教

一教(表)――脈部を捕る。上腕の、最も肘寄りの部分を捕る。手は鷲掴み。鷹の爪って言い方もあるかな。上腕が抜けそうな方向へ入る。腕は使わず(つっかえ棒の様に)、体捌きで。かと言って、ガチガチに固めては、絶対ダメ。

一教(裏)――他の全ての技に言える事だけど、肩関節の運動、肘関節の運動は、積極的には「使わない」。でも、固めない。両手に雑巾持って、窓を拭く様な感じかな。

二教(表)――一教と一緒。肘を押さえる手を疎かにすると、手首を持った手を甲に掛ける時に、返される。

二教(裏)――お辞儀する様に(極めの部分)。眠気に襲われて「ガクっ」となる様な感じで、上体を倒す。手でぐりぐりねじろうとしてはいけない。添えるだけでも効く。

二教(交差取り)――紐でも何でもいいけど、細長いものが、相手の前腕をぐるぐる巻く様なイメージで、手刀を使う。相手の前腕を回内させる技だという事を忘れないようにする。

三教(表)――途中までは、一教と一緒。肘を持った手を、相手の手を三教に捕るべく移動させる時注意。手首の極めは、相手の前腕が綺麗に回る様に、力を働かせる。相手の前腕が垂直で無ければ、それに応じて極める。

三教(裏)――途中までは、一教裏と同じ。極めから相手を引き倒す時、ちゃんと、相手の身体全体を見て崩す。極めを利用する。

|

« WAKARU | トップページ | 求めない »

「武術・身体運動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/8400089

この記事へのトラックバック一覧です: メモ:一教~三教:

« WAKARU | トップページ | 求めない »