« やりとり | トップページ | いかがなものかと »

2007年9月16日 (日)

何で調べるか

漢字の調べ方、辞書より携帯…10~30代で多数派に : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

文化庁のサイトにはまだ上がって無いようなので(国語に関する世論調査)、詳細が解らないのですが、記事を読んでの感想をちょっと。詳細不明なので、誤解が含まれるかも知れないです。

わからない漢字を調べる場合、何を使うかを聞いたところ

とありますが、どの様に訊いたのでしょうね。文字通り、「あなたは、わからない漢字があった場合、どうやって調べますか。次の中から選んで下さい(複数回答可)。」とかかな?

で、

こうした傾向について、文化庁国語課は「携帯電話の変換機能では漢字の意味までは分からない。求めている漢字を正確に選び出せるかどうかは使う人の国語力にかかってくる」と指摘している。

という指摘が。なんか変な気がする。解らない漢字を調べる場合、普通、意味は知っているのでは? 同音異義語がそれほど多くなければ、当たりをつけるのも、そんなに難しく無いでしょうし。それから、これは、質問の仕方にも関係しますが、携帯電話で調べるというのは、変換機能だけなのかな。辞書機能のあるケータイも、沢山あるでしょう。後、複数回答ありだから、ケータイ(の変換機能)で解らなかったら辞書を引く、という事も、あると思います。「携帯電話の漢字変換機能を使う」のは、「携帯電話の漢字変換機能以外を使わない」事を、意味しないですし。

個人的には、紙の辞書は使っていられないです(調査は、なんで、辞書と電子辞書が、分けられてるんでしょうね)。アクセスに時間がかかりすぎるので。紙の辞書を引く時間があれば、ポータブルの電子辞書(広辞苑)と「goo 辞書」とWikipediaを参照出来るので。

|

« やりとり | トップページ | いかがなものかと »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「文化論」カテゴリの記事

「社会論」カテゴリの記事

「科学論」カテゴリの記事

コメント

そもそも「漢字のわからないとき」というのが、どのレベルか、ということもありますよね。
例えば、大体の形はわかっているけれども、「この部分ははねるのかどうか」とか、「点が1つか、2つか」とか、そういう部分を確認する、というのも「漢字がわからないとき」に入りますし、そもそも全くわからない、という場合もありますし。質問がかなり曖昧ですよね。

あと、辞書を使わない理由の一つは、いつでも使えるわけではない、というのも大きいと思います。
どこかへ出掛けた先で調べたい、とか言うとき、紙の辞書なんて持っていませんし。
携帯電話が多くなる、というのは、そういう部分も影響しているんじゃないかと思いますね。

投稿: たこやき | 2007年9月16日 (日) 15:35

たこやきさん、今晩は。

確かに、解らない漢字を調べる機会そのものが多くなった、というのも考えられますね。どんな字だっけ→ケータイで調べるか って感じで。

どんな質問の内容だったんでしょうねえ。

投稿: TAKESAN | 2007年9月16日 (日) 19:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/7963924

この記事へのトラックバック一覧です: 何で調べるか:

« やりとり | トップページ | いかがなものかと »