« クリシンのことか――――っ!!! | トップページ | SEARCH »

2007年9月19日 (水)

見事な詭弁

皆さん、ちょっと考えてみて下さいませんか。

私が、

「血液型と性格は関係ある」って、どういう意味ですか?

と質問したら、

まず、心理学者の論文をお読みください(笑)。
一応、簡単に示しておくと、

松井さん データに差がない→血液型と性格に差がない
坂元さん データに差がない→思い込みによるもの→血液型と性格に差がない

もちろん、松井さんと同じ論理が大部分です。私も基本的には同じですが、二重三重にデータをチェックしています。

という答えが返ってきました。

これ、凄いですよね(コメントは、血液型と性格の、”TAKESAN  — September 19, 2007 @00:34:40”と、”ABO FAN  — September 19, 2007 @00:45:08”)。

最もシンプルな類の質問をしてみた訳です。「血液型と性格は関係ある」という言明の意味を問う、というかたちで(”「血液型と性格は関係ある」”がABO FAN氏自身の発言だというのが、ポイント)。で、その答えが、ああなのですね。

どうでしょう。かなり解りやすく、「破綻を示せた」と思うのですが。血液型性格判断を全く知らず、日本語がある程度読解出来る人に、上のやり取りを見せれば、「おかしい」と思うはずです。

なんか、鰻を掴もうとしているみたい。やった事無いけど。

ちなみに、もう一回、全く同じ事を訊ねようとしましたが、恐らく、全く同じ答え方をされるだろうから、止めておきました。

|

« クリシンのことか――――っ!!! | トップページ | SEARCH »

「科学論」カテゴリの記事

血液型性格判断」カテゴリの記事

コメント

私のコメントだけ、異様に短いし(笑)

PseuDoctorさん、GJですね。結構ポイントになるコメントが引き出されました。

ようやく解ってきたする。いや、前も同じ様な感じは覚えたのですが。

整理。
「血液型と性格は関係ある」
     ↓
「”関係がある”とは、相関がある事と同義である」
     ↓
「関係がある事を見出すには、大サイズで無作為に抽出されたサンプルを用い、安定した(同じ様な傾向の、という事か)データが見出される必要がある」
     ↓
「坂元・松井らは、上の条件を満たしたデータを解析し、相関がある事を見出した」
     ↓
「従って、血液型と性格には”関係がある”と言える」

こういう感じか。その他のあらゆる詭弁は、単なる飾りなのでしょう。

要するに、他のコメンテーターの方々へのレスと、ABO FAN氏自身の考えは、全く何の関係も無い、のかも知れません。

血液型性格判断については、何も言ってない(つもり)なんでしょうね。よく解らんけど。

投稿: TAKESAN | 2007年9月21日 (金) 01:13

やはり、相関ではなく連関を用いるべきでしょうか。名義尺度なので。

今の所、話の流れに合わせて、相関をそのまま用いていますけれど。元々が、「血液型性格判断」と「性格相関」という風に対比されていて、どちらも一般的な用法も含めてある様な感じですし(というか、「判断」はそもそも、学術的概念じゃ無いでしょうし)。

投稿: TAKESAN | 2007年9月21日 (金) 12:04

という訳で、話が具体的な、心理学的議論になっているから、連関にした方がいいかもですね。

投稿: TAKESAN | 2007年9月21日 (金) 12:06

何か連投してます。

最近のkikulogのコメント欄を見て思った事。

  まるで詭弁者のバーゲンセールだな(byベジータ の捩り)

あんまりだよなあ、あれは。自分の言葉に整合性を求めないんだろうか。

投稿: TAKESAN | 2007年9月21日 (金) 12:11

そこは解る
チビトランクスが300Gの中でSサイヤンになった所。

オフトピでした。

投稿: 骸 | 2007年9月21日 (金) 12:26

「スーパーサイヤ人のバーゲンセールだ”ぜ”」、という台詞だと思い込んでいてググったら、ちょっと違っていたのでした。

投稿: TAKESAN | 2007年9月21日 (金) 12:48

あ、私のkikulogへの投稿ですけど。
takesanさんのは、関係・関連の「ある/なし」に注目しておられるので、それだけに向かって「ことば遣い」を言い出すのは野暮だと思います。でも伊勢田さんのあたりになってくると、大丈夫かな、わかってるのかな、という感じになってきました(回答率の差が1%、という事も言われてますし)。
英語だとassociationでしょうか。
http://www2.chass.ncsu.edu/garson/pa765/association.htm
日本語で「関連」くらいのことばでいいような気がします。

投稿: ちがやまる | 2007年9月21日 (金) 16:53

こんばんは。

TAKESANさんが再質問された内容、非常にクリティカルなポイントだと思います。「関係があること」と「関係がないとはいえないこと」は違う、って何のためらいも無く答えられてますけど、これがご自分にとってどのくらい重要な質問か全く理解されていない様子ですね。
まさか、あれほどあっさり答えられるとは思っていませんでした。

本当に、整合性とか全然気にせず逐語的に反応しているだけのようです。

投稿: PseuDoctor | 2007年9月21日 (金) 22:33

そうですね。具体的な議論になってきたら、ちゃんと区別した方が良いのかも知れません。

ABO FAN氏、また書き込みするのかな…。

投稿: TAKESAN | 2007年9月21日 (金) 23:03

PseuDoctorさん、今晩は。

また書き込みされるとしたら、あの部分についての回答が欲しいところですね。何故違うと考えておられるのか。ABO FAN氏は、自身の主張は「関係ある」だと、宣言された訳ですし。

心理学者の書いた物を読め、と、また言われるのかな…。

投稿: TAKESAN | 2007年9月21日 (金) 23:07

あー、なんで と さんが恐縮しておられるのか、よく解ってなかったのですが、「釣り師」がきくちさんに掛かっていた、という事だったんですね。
kikulogに突入している人達に掛かっていると思ってたので、なんであんなに謝るんだろうな、なんて不思議に感じていたのです。

んで、きくちさんに向けての発言であったとしても、問題無いんじゃないかなあ。文脈を読める人間なら、意図は解るでしょうし(私はそれ以前に、誤読してたけど…)。

実際、強い言い方をすれば、それに反発した書き込みは予測出来る事なので、それはきくちさんも、考えた上で、エントリーを上げられたのでしょう。

投稿: TAKESAN | 2007年9月22日 (土) 00:15

お久しぶりです。このエントリーとは関係がないのですが、「まさに敵の敵は味方」と信じての行動なのか。Sの字の人が、陰謀論ブログの方のところまで出張して、kikulog批判を書いてますね。
居場所探しに必死なのでしょうね。

投稿: corvo | 2007年9月22日 (土) 02:26

corvoさん、今晩は。

え、ホントですか、と思って覗いて見たら、いましたねえ。
ここ数日見ないな、と思ってたら、今度はあんな所にまで出向いて。
ダメさの度合いが、日に日に増している様です。

嫌な予感&予言。
あちらのブログ主さん、SSFSさんに同調し、応援者だと看做す事でしょう。
はずれた方がいいですけど。

投稿: TAKESAN | 2007年9月22日 (土) 03:37

こんばんは。

あちゃあ。
仲間は選んだ方が良いんですけどねえ。

追伸
SSFSさんといえば、例の「学術論文」の件、アップが滞っていて申し訳ありません。少しずつやっていきますので。

投稿: PseuDoctor | 2007年9月22日 (土) 23:10

PseuDoctorさん、今晩は。

なんだか、あちらのコメント欄も、ごちゃごちゃしていますね。
SSFSさんに同調、とはならなかったみたいで(ちょっと微妙)、良かったですけれど…。

---

 >例の「学術論文」の件

あ、いえいえ。お時間が空いている時にでも。

投稿: TAKESAN | 2007年9月22日 (土) 23:17

kikulogに投稿しようと思ったけどやめた。またおかしなレスがきそうなので。

------

(ABO FAN — September 23, 2007 @03:53:22)
 >統計的検定で帰無仮説が棄却されたら「相関があ
 >る」つまり「関係がある」ということなります。
ああ、やっと答えらしきものが…。
これで、ABO FANさんの主張の一つが、明らかになりました。
 
すなわち、「統計的仮説検定において帰無仮説が棄却された。従って、”関係がある”と言える」、ですね。
結局の所、ABO FANさんにとって、「関係がある」と「帰無仮説の棄却」は、同じ意味だったのですね。

------

つまり、ABO FAN氏の主張は、
  帰無仮説は棄却された
です。
うむ。シンプル。

投稿: TAKESAN | 2007年9月23日 (日) 04:26

遅ればせながら某ブログでのSSFS氏のコメントを読みました。

1対多数の議論になってしまったのが戦術的なミスだとお思いのようで。

そもそも「何を主張したいのか分からないので、誰にとっても同意のしようがないし、同じ側に立って論陣を張るのも不可能」と云うレベルだったんですけどね。

投稿: pooh | 2007年9月23日 (日) 10:37

poohさん、今日は。

あれも、状況を自身に都合良く解釈しようとした結果の論理展開でしょうね。多数の人間の罵倒に対して自分は孤軍奮闘した、というかたちに持っていきたいのでしょう。そして、その自身の経験をもとに、同様の立場の人にアドバイスしに参上した、と。まあ、いい加減、お止めになった方がいいと思うんですけどね。あらきけいすけさんに窘められたのも、効いていないみたいです。

------

ABO FAN氏、凄い。「関係ある」を全称判断と看做す所が凄い。

ABO FAN氏の質問に答える訳無いでしょ。そこから色々広がっていっちゃうので。

パターン。
短いコメントを貰った場合。
 ・別のコメントなりを読め、と言う。
 ・質問で返す。
 ・スペースが少なく、書けない、と言う。
 ・初めから説明するのは面倒だ、と言う。

あの感じだと、やはり議論は不能でしょうね。私としては、それが、より一層明確になった、と思いました。

投稿: TAKESAN | 2007年9月23日 (日) 11:40

特定の職業とか、ホームラン云々とかと、血液型との関係の話が出されますけど、あんまり意味無いですよね。ホームランをよく打つ人は、性格が似通っているのでしょうか。そもそも、性格と血液型との関係の話をしているのに。
それに、あんな限定された集団で何かが見出されたとして、それが、どう一般化されるんでしょう。

血液型と性格の関連と言った場合、想定されている母集団は、何でしょう。

投稿: TAKESAN | 2007年9月23日 (日) 19:24

こっちに持ってこよう。引用元(kikulog:「血液型と性格」 激重注意)⇒http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1158225244

▽▽▽引用▽▽▽
> 853. TAKESAN — September 26, 2007 @00:33:51
> 血液型と性格との関係を論じる際、母集団として想定されているものは、どんな集団ですか?
その心理学の文献によって違います。
文献を指定していただければ、お答えできると思います。
> 歴代首相にO型の人が多い事と、血液型と性格との関係の話に、どんな関係があるんでしょう。
たぶん、背理法じゃないのでしょうか?
△△引用終了△△
ちょっと、想像を絶する答えでした。凄すぎるなあ。
私は、「教えを乞う」てる訳じゃ、無いんだけど(笑)

投稿: TAKESAN | 2007年9月27日 (木) 01:52

この人は相手の文章をまず文脈から切り離し(というか、文脈という1つの塊として理解する能力に欠けている)、そのそれぞれについて、言質を取られないようにできるだけ自分以外の論拠(一般論であったり、他人の資料であったり)で答えるスタイルが身についてしまっているようですね。そしてこれを「議論」だと思っているようです。ただの言葉のやり取りにしかなってないんですが。
文脈でのつながりが理解できないから、凄い答えが返ってくるんですよね。まさに質問者が「教えを乞うている」というような。
これとつきあった心理学者の方々は、本当に忍耐強いですね。
こういう人も、直接話せばもうちょっと文脈を理解する……んでしょうねえ。日常生活でもこの調子だと、ちょっと生き難そうな気がします。

投稿: みづ | 2007年9月27日 (木) 12:52

みづさん、今日は。

ある程度の長文を書けば、枝葉の部分を突っ込んで論点を拡散し、短文にすると、完全に文脈から切り取って、相手が訊いていない事に「答える」。なかなか…。

 >これとつきあった心理学者の方々は、本当に忍耐強い
 >ですね。
ちょっと前に、『ABO FANへの手紙』を、ざっと読み返した(後半は、初めて読んだ)のですが、私の印象としては、今の方が圧倒的に酷い、と思います。「手紙」の方が、まだ整合性が見て取れる…。

この間、ふと思ったんですが。「ABO FAN氏とチャットしたら、どういう展開になるだろう」、と。結構、これ考えた人、いるんじゃないかなあ。チャットは、会話と同じですから、文脈を共有した上で、限られたテキストでやり取りする事が望まれると思いますが、ABO FAN氏は、果たしてコミュニケーション出来るか。やってみれば、何かが明らかになるとは、思いますけれど。

投稿: TAKESAN | 2007年9月27日 (木) 13:24

こんばんは。

TAKESANさんの短文質問、冴えてると思ったんですが、あの斜め上を行く答えは、常人ではあり得ませんね。

私はと言えば・・・潜水してて息が続かなくなって浮上してしまった・・・ような気分です。もうちょっと粘ろうかと思ったのですが、ちょっと厳しかったですね。
あまりにも非論理的な文章に長時間接していると、息が詰まるような感じになってしまうんです。

でも「歴代首相の血液型から背理法で何か証明できる」と考えているとしたら、是非私も知りたいですね。

投稿: PseuDoctor | 2007年9月28日 (金) 00:04

PseuDoctorさん、今晩は。

いやあ、ABO FAN氏のレス、どんどん凄くなっていきますね。
「いかにダメか」が明確になっていく様が見られて、なんと言うか、あらら…です。陰謀論の方も、そんな感じですが、ちょっとベクトルが違いますね。背理法については、華麗にスルーされた模様です。

もうちょっと、質問続けてみようかな…。

------

伊勢田さんとABO FAN氏、知り合い? なんか、思い違いしてるんじゃあ。

投稿: TAKESAN | 2007年9月28日 (金) 00:31

ABOFAN氏は完全に「局所的勝利」しか考えてないですね。あんなんで、議論したつもりになれるというのがすごい。
結局、「自分がやり込められて終わり」という形にだけはしたくないから、とにかく文脈と関係なく目先の単語に反応しているのでしょう。

背理法については、僕も興味があるので、徹底して訊いてみます

投稿: きくち | 2007年9月28日 (金) 02:07

ABOFANさんにしろshoonさんにしろ、このやり方で誰かを「煙に巻けた」経験がある、ということなんでしょうね。

それはそれで凄いなあ。

あるいはわかってても誰も指摘できない(してくれない?)環境に身を置いているか。

投稿: みづ | 2007年9月28日 (金) 02:45

きくちさん、今晩は。

ABO FAN氏、どういう「内省」をなさっているんでしょうね。自身の矛盾を理解していながらあの展開をしているのか、それとも、「本気」、なのか。雰囲気としては、後者の様に思えますけれど。ちょっと、トレースが難しいですね。

背理法、一体どういう意味で使ったのかなあ。

------

みづさん、今晩は。

ああいう論理の展開の仕方を、日常でもやっているのか、というのは、興味深い所ではあります。ブログやメールでのやり取り特有のものなのか何なのか…。とは言え、日常的には整合的で一貫性のある発言をする人が、WEBになった途端、というのは、考えにくいですよね。何より、「意味が無い」ですし。

shoonさんは、ROMの存在を意識なさった方が良いと思います。私は、陰謀論について、ほとんど知識を持たない者ですが、それでも、論の進め方とか、そういうより根幹の所で、解る部分もありますので…。戦術的にも、とてもまずいですよね。吉岡氏の論を持ってくる方も、大概ですが。

投稿: TAKESAN | 2007年9月28日 (金) 03:01

> ABOFANさんにしろshoonさんにしろ、このやり方で誰かを「煙に巻けた」経験がある、ということなんでしょうね。

っていうか、相手が「呆れて応答しなくなった」のを見て、「言い負かした」と思う、という幸せな人なのではないでしょうか。
なんていうかこう、ある意味うらやましいですよね。

投稿: たかぎF | 2007年9月28日 (金) 23:28

たかぎFさん、今晩は。

相手にしなくなるのは、忙しくなったとか、めんどくさくなったとか、呆れてどうでもよくなったとか、色々ありますよねえ。

「弱い関係がある可能性を認める事は即ち、実質的に強い関係を認めたという意味である」、という論理を平気で主張する様な方ですから…。

投稿: TAKESAN | 2007年9月29日 (土) 01:10

こんばんは、もうすでに「見苦しい詭弁」の域ですよね。
とても、まともに楽しく、幸福な日常生活を送れているとは思えないです。ネットでしか発言することができない、という部分にどうしても気持悪さを感じてしまうのですが。
相変わらず、Sの字の人は、地学の先生のところに、繰り言を書いていますね。

投稿: corvo | 2007年9月30日 (日) 01:49

corvoさん、今晩は。

確かに不思議ですね。日常でもああいったコミュニケーションを取る傾向があるなら、かなり他人とのやり取りは難しいでしょうし、もし全て解っていてやっているなら、あまりにも無意味な事をしている、となりますし。

 >相変わらず、Sの字の人は、地学の先生のところに、繰
 >り言を書いていますね。
まだやってるのかあ…。ちょっと見てきます。

―――

駄目だ……駄目過ぎる。

さすがに、あちらのブログ主さんも、困惑されているでしょうね。

投稿: TAKESAN | 2007年9月30日 (日) 02:53

>っていうか、相手が「呆れて応答しなくなった」のを見て、「言い負かした」と思う、という幸せな人なのではないでしょうか。

あ、確かに「論敵」に対してはそうだと思います。
ただ、お仲間というか……そういう人たちは「なんかよーわからんけど、とにかく論敵に一歩も引かない、頼もしいミカタ」以上の理解をしてないような。(^^;

投稿: みづ | 2007年9月30日 (日) 03:44

みづさん、お早うございます。

最近は、悪口雑言を投げかけて、それで批判したつもりになっているという人もいたりして、なかなか何だかなあ度が高い日々が、続いていますです。

中身を検討しないのかなあ。誰が言っているか、とか、主張の表面的な所に拘って。

投稿: TAKESAN | 2007年9月30日 (日) 11:19

やはり、ごく短文にして、質問の論点を1つ2つに絞るのが、有効な模様。あのやり取りにおける「有効」って何だよ、という気もしますけど。ショットガンみたいな回答を防ぐ、という事かな。

後、ABO FAN氏の瑣末な突っ込みは、無視・もしくは軽く受け流す事ですね。私の、「はい、勘弁します。」は、なかなか良かったと、自分で思ったり(笑)

投稿: TAKESAN | 2007年10月 2日 (火) 01:05

poohさんの所の最新エントリー(のコメント)を読んで、デ・ジャヴュかと思ったよ(何の事か解らず、興味のある方は、「やりとり」を参照)。

投稿: TAKESAN | 2007年10月 2日 (火) 12:03

poohさんのエントリーはこちら⇒http://blog.so-net.ne.jp/schutsengel/2007-10-01-1

投稿: TAKESAN | 2007年10月 2日 (火) 12:13

あえて「レッテル貼り」をすると、陰謀論に親和性をお持ちの方にはやはり一定の傾向がおありのような。もちろんこれは科学的な議論ではありませんが(^^;。

投稿: pooh | 2007年10月 2日 (火) 12:41

poohさん、今日は。

小さいサンプルからは、そう思っちゃったりしちゃったりしますですね。ヤパノロギーさんなんかは、冷静な方のようですけれど。

------

皆さん、お疲れ様です。

投稿: TAKESAN | 2007年10月 2日 (火) 13:04

きっと波動水を売りつけてるに違いない。

投稿: 骸 | 2007年10月 2日 (火) 13:05

骸さん、今日は。

それは微妙なコメントですよ。

投稿: TAKESAN | 2007年10月 2日 (火) 13:22

「大きな事故はなぜか連続して発生する」といいますが・・・・うーむ。

投稿: A-WING | 2007年10月 2日 (火) 13:39

じゃぁ 波動水飲みすぎに違いない

投稿: 躯 | 2007年10月 2日 (火) 13:49

A-WINGさん、今日は。

本当に…。

poohさんの所で質問してみたら、なんか凄い答えが返ってきました。

相手に、知っているかどうかを尋ねると、「教えを請うている」、と変換されるようで。これもデ・ジャヴュかな。

多分議論は不能なので、ここまでかな。と言うか、ニセ科学については何にも知らない、というのは、判明しましたので(エントリーで確認済みだけど)。

投稿: TAKESAN | 2007年10月 2日 (火) 13:52

こんばんは
 
ABO FANさんの無限ループにはいい加減飽きてしまいました。おそらくあれがABO FANさんに対しての最後の書き込みです。きっと理解されない自分に対して説明する自尊心よりも説明して敗北する事を回避する方がより大きいでしょうから。どちらが議論したいと言ってきているのか忘れてしまったお人ですし。

投稿: FREE | 2007年10月 2日 (火) 22:26

FREEさん、今晩は。

「ABO FAN氏は、自身が何を問われ、何を求められているのかを、どのくらい認識しているのか」、というのが、最大の疑問ですよね。
どこまで解っていて、どこまで解っていないのか。どこまでが本気で、どこまでがわざとか。
WEBのやり取りによって、それを知るのは不可能なので、私自身は、より基本的な部分についての知識がどのくらいあるのか、という所に絞って、質問しています。それによって、何を解っていないかを、より明らかに出来るでしょうね。

首相の血液型云々と、それの一般化について、背理法で説明出来る、という主張を引き出せたのは、一つの成果かな、と。渡邊氏とのやり取りでも、同じ様な論理展開が出てきました。後は、ABO FAN氏がどう答えるか、です。めちゃくちゃな事を言うか、答えないかの、いずれかの選択しか出来ませんしね。

投稿: TAKESAN | 2007年10月 2日 (火) 22:53

 >めちゃくちゃな事を言うか、答えないか
 >の、いずれかの選択しか出来ませんしね。
後者でしたね。いや、それは結局、前者でもある訳ですが(「めちゃくちゃ」ではある)。

なんだか、かなり本格的に、ダメになってきた模様です。

投稿: TAKESAN | 2007年10月 5日 (金) 00:38

どんなにダメでも続けるでしょうね。
ABOFAN氏にとっては「相手を呆れさせる」のも「言い負かした」うちなんですよ。要するに、相手が黙り込めば勝ちという「ルール」らしいので。

投稿: きくち | 2007年10月 5日 (金) 13:03

きくちさん、今日は。

でしょうね。
今までそうやってきましたからね。「沈黙した」とかなんとか言って。

背理法についての答えを見たい所です。

投稿: TAKESAN | 2007年10月 5日 (金) 13:20

ここに書くべきことではないかもしれませんが、お許し下さい。
きくちさんのところの今回のJさんのコメントに感動しました。(^^;;
丁寧でわかりやすく、そして根気強い。

これでわからないなら……という決定的なものではないでしょうか。
失望させる結果にならないことを願いつつ、でもやっぱりなぁというあきらめの方が強いですが、反応が楽しみはあります。

投稿: みづ | 2007年10月 6日 (土) 00:40

僕は「反応」を期待していませんが、ギャラリーに「何がおかしいか」を明確に伝えてくださっていると思います。

投稿: きくち | 2007年10月 6日 (土) 01:03

みづさん、きくちさん、今晩は。

ギャラリーへ、ABO FAN氏のおかしさを具体的に説明する、という事が意識されていて(当然、ABO FAN氏が恐らく(まもとに)答えないだろう、という事も織り込み済みでしょうね)、かつ、ABO FAN氏が答えなければ議論が先に進みようが無い、という書き方ですね。相当練られたのでしょうね。

------

そういえば、ABO FAN氏、
▽▽▽引用▽▽▽
確かに「背理法」という言い方は不適切だったかもしれませんが…。
△△引用終了△△(ABO FAN — October 4, 2007 @23:02:16)

こう書かれたんですよね。結構めずらしい書き方のような気もします。

投稿: TAKESAN | 2007年10月 6日 (土) 01:30

しっかし、
「関係がある」
という言い方は、曲者ですね。

投稿: TAKESAN | 2007年10月 6日 (土) 01:41

こんにちは。
実は今までABOFANさんのコメントだけは斜め読みしていました。(他の方々に比べると内容が薄く感じられるので)
「見事な詭弁」ということで気になって、最近のコメントを読んでみました。
何度も出てくる、「同意したと判断させていただきます」の言い回しが印象的ですね。

私も人の話をまじめに聞かず早合点して、後で恥ずかしい思いをしたことがあります。
何度か経験すれば慎重になるものですが、あのABOFANさんはそんな事、まったく気にしないということでしょうか。
少しは得るものがありそうなので、これからはABOFANさんの書き込みも読むようにします。

それでは失礼します。

投稿: TAKA | 2007年10月21日 (日) 03:09

TAKAさん、今日は。

今も、ABO FAN氏の最新のコメントを読んだ所なのですが、テキスト量に比して、極めて、有用な情報が少ないですね。あまりにも同じ事を繰り返していて、しかも、全く明快で無い。
「議論がループしているようです。」とか、「議論が拡散しますので」云々と、よくもまあ、臆面も無く言えるものです…。それをしているのは一体誰だ、と。

投稿: TAKESAN | 2007年10月21日 (日) 13:24

こんばんは。
ABOFANさんは相変わらずの様ですね。やっぱり読みづらい。
ABOFANさんの言いたい事が伝わってこないです。
あの態度を見ていると、本当に学問的に研究しているのか疑問です。

ABOFANさんのコメントを読み飛ばしても議論の流れがわかるので、読むのは無駄な気がしてきました。
あの長い長いコメントの間に埋もれているTAKESANさんのコメントを見つけるのも一苦労。

他の皆さんもお相手するのは飽きてきた様ですし、ABOFANさんとの議論もそろそろ終了でしょうか。
(このまま終わればTAKESANさんにとっては心残りでしょうけど。)

投稿: TAKA | 2007年10月27日 (土) 22:38

TAKAさん、今晩は。

私も、しばらく前に、「もうここら辺で終了かな。コメントもする事無いかなあ。」なんて思ったてのですが、何故か今、質問したりしています。なんか、後ちょっとで、「どこがどうおかしいか」が、もっと明らかになりそうな気がするのですよね…。他の皆さんは、ギャラリーを意識したコメントを主に書いておられますね。私自身は、ABO FAN氏の思考をどこまでトレース出来るか、というのを試みています。

でもさすがに、ABO FAN氏のコメントを読み込むのは、きついものがありますね。思考のトレーニングと思えば、有意義で無くもないですが…。

投稿: TAKESAN | 2007年10月28日 (日) 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/8009036

この記事へのトラックバック一覧です: 見事な詭弁:

« クリシンのことか――――っ!!! | トップページ | SEARCH »