« オススメ | トップページ | 病膏肓に入る »

2007年9月28日 (金)

ゲームで学ぶ・学ばせる

硬い頭を軟らかく『算数パズルで磨く 学研 大人の思考センス』 / ファミ通.com

まあ、この種のゲームがよく出て、訳が解らなくなってますね(笑) でも、こういう「いわゆるゲーム性(なかなか曖昧)」には乏しいけれど、頭の体操に良さそう、というゲームが出ているのは、いいかな。そういうのは昔からありましたが、DSになって、目立ってきた、という印象。脳トレと、DSの入力デバイスのおかげ、かな。

シリアスゲームの国内外の動向と、ビジネスとしての課題

これは面白い記事。

どの対象をユーザーとして想定するかによって、ビジネスの形態も変わってくるのですね。

 ここからDSのゲームの話にうつり、「現在はブームだが、盛んに出ている知育ゲームがユーザーに飽きられてしまうのではないか」、「知育ゲームはコストが抑えられており、ゲーム性も薄く、ゲームを作りたいという開発者のモチベーションを下げかねない」、といった意見、「勉強にゲームを使うとしても、それが当たり前になったらやっぱり子供はいやがるのでは?」、「高齢者など新しいユーザー層が生まれている。もっとターゲットを絞れば企画は生まれてくるのではないか」、「知育ゲームは通常のゲーム以上に長いスパンで売れ続ける」などなど、立場に加え、家庭での体験も含めた意見が出てきた。

これらの疑問は、尤もですね。ゲームで教育、というのは、面白く無いと思い込んでいる勉強と、よく馴染んでいるゲームを結び付ける、という面がありますから、やはり、ドリルをそのまま突っ込んだ様なゲームは、すぐに飽きられるでしょう。現在売れているのは(売れているのかな? 果たして)、やはり、「目新しさ」ゆえ、という所もあるのだと思います。あるいは、「ゲーム機」という解りやすさ。携帯して持ち運び出来、カートリッジを入れ替えれば、複雑な操作をしなくても、別のコンテンツを簡単に楽しめる。つまり、「汎用性が無いがゆえの敷居の低さ」も、ポイントなのかも知れません。

で、そういうのは、いずれ飽きられるから、「ゲームならでは」、と思わせる事の出来るコンテンツが、求められるのでしょうね。ゲームのインタラクティブ性・エンターテイメント性、それとシリアスゲームに求められる要素を、どう兼ね合わせるか。

生粋のゲーム好きは、他の知識なりを学ばせる手段としてゲームを用いるのを、好まないかも知れませんね。薬を糖衣に包んで飲ませる様な、そういう「ごまかし」を感じる人も、いるかも。

私は、学校でマンガを教材に使っても良い、とか言う人間なので、色々あっていいんじゃない、という立場ですけれど。

ところで、私は、シリアスゲームについてあまり勉強していないので、よく知らないのですが(なので、適当です)、ある纏まった知識を学ばせるためにゲームを用いるとすれば、その知識そのものを前面に出して、それについて進めていくものと、「それとは知らずに」、ゲームを終わらせればいつの間にか知識が身に着いている、というタイプのものに、分けられそうな気がします。前者の例としては、レイトン教授みたいな感じで、ストーリーの合間に、色々な課題がさしはさんであって、それをクリア出来なければ先へ進めない、という構造。だから、動機付けとしては、ちょっと外発的な所があるかも。ストーリー等のエンターテイメント性に魅力が乏しければ、課題を達成しようとする意欲も喚起されない訳ですね。後者としては、私のイメージとしては、ある知識体系があるとして、その論理構造をそのままにし、それをストーリーやゲームシステムに「埋め込む」様なかたちにする、というものですね。たとえば、ミステリーで論理性が鍛えられる事がありますが、そういうのを、よりシステマティックに、構造を厳密にして、ゲームに埋め込む。そして、ゲームをクリアした頃には、知らず知らずの内に、何らかの知識が身に着いている、という。そういう要素は、今までのゲームにも、当然含まれている訳ですね。桃鉄で日本地図や地方の名産を憶えたり、『三国志』や『信長の野望』で、武将等の名前を憶える、とか。そういうのは、他の文化にも、あるでしょうね。マンガでも小説でも。それを、より正確に、厳密に、考証をしっかりして作る、という事です。

私がシリアスゲームの概念を知った際に、後者の様なゲームが出てくる可能性に期待したのですね。要するに、「勉強しているなどとはこれっぽっちも思わない」ゲーム。まあ、でも、そういうのは、「シリアスゲーム」と定義出来るのかは、判りません。それに、「面白いゲーム」と「正確な知識の伝達」を両立させるのは、とても難しいでしょうね。言うは易し、です。

もちろん、前者の様なものもあっていいし、一番上の記事で紹介されているものもあっていいと思います。色々あっていい。「勉強を毛嫌い」している人に、「ゲームという糖衣」で包んで与えるのもアリだと思うし。で、売れなきゃ消えていくだけ、ですからね。

|

« オススメ | トップページ | 病膏肓に入る »

「ゲーム」カテゴリの記事

「ゲーム論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/8138843

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームで学ぶ・学ばせる:

« オススメ | トップページ | 病膏肓に入る »