« ゆる饂飩(←この字は固いな) | トップページ | 問い »

2007年9月26日 (水)

逆効果

ある対象を全否定したいがために、全く別の話を持ち込んで、結局、完全に的外れな非難を繰り広げる。

いかんですね。

Aについて○が語っているのを見て「これはおかしい」と思い、○と議論(らしきもの)を行う。で、今度は、○が言っている事一般を非難する事によって、Aについて○が言っている事もおかしいのだ、と主張しようとする。それをするために、○が、BやCに言及している所を採り上げる訳ですね。要するに、○はBやCについてもおかしな事を語っている。従って、Aについての言及もおかしいに違い無い、と。ところが、その、BやCに対する○の言及がおかしい、という主張をするために、○を非難する△の意見を援用してしまった。で、その△の主張は、的外れどころでないものなんですよね。元々の、○によるBやCへの言及を参照せず(参照してあれだったら論外)、○を否定したいという目的が先にあり、一見○を批判出来ているように感じられた△の意見に、同調する。

結果、Aについてはそれほど詳しく無いが、BやCについてはそれなりに知っている人にまで、自身の認識力のレベルを晒す事になってしまう。Aについては、「Aの事はそんなに知らないけど、なんか、意見の展開の仕方が変だなあ。」、としか思われていなかったのに、Bについて書いてしまったために、「え、何これ。メチャクチャじゃない。」と、Bについて知っている人に、印象付けてしまう。

筋が悪いです。論理展開の。

|

« ゆる饂飩(←この字は固いな) | トップページ | 問い »

「随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/8109844

この記事へのトラックバック一覧です: 逆効果:

« ゆる饂飩(←この字は固いな) | トップページ | 問い »