« WRYYYYY――! | トップページ | ひいろお »

2007年9月 8日 (土)

位置づけ

ふと思った事。

勉強時間と視力の相関関係って、調べられてるんでしょうか?

直感的には、負の相関関係が見られるのではないかと思っています。

で、仮に、それが確かめられたとして、「目が悪くなるから勉強はするな」、とは言いませんよね、多分。

「目が悪くなるから、あまりやり過ぎない様にね」、という感じになるのかな。

でも、マンガやゲームだと、「するな(読むな)」に近い注意のされ方になるんじゃないかな、と。言い方は、様々でしょうけれど。

前に書きましたが、社会にとって役立つか、あるいは、身に着ける事によって、社会的に高い評価を得られるか、という視点で、判断されるのだと思います。勉強の場合、「仕方が無い」と看做されて、ゲームなんかの場合、「何の役にも立たない事で…」となる気がします。

まあ、当たり前と言えば、当たり前ですね。

プロの格闘家に対して、「怪我する可能性があるからやるな」、とは、あまり言いませんよね。暴力に対する嫌悪感が強い人は、言うかも知れませんが。一般的には、怪我をしているのに頑張る選手とか、応援するじゃないですか。下手すると、取り返しがつかない状態になるかも知れない怪我を抱えている選手を、応援したり。

結局、文化が、社会一般にどう見られているか、という。位置づけ、ですね。ゲームやって腱鞘炎になった人には、「…バカ?」となるでしょうけれど、料理人が重い鍋を揺すったりして腱鞘炎になったら、「大変だねえ…」と言われるでしょうね。

ちょっと別の例で。同じマンガでも、読み過ぎで肩が凝った、という人は、「…バカ?」と言われるでしょうけれど、漫画家が、激務続きで肩がパンパンになった、というのを聞いたら、「大変だねえ…」となるでしょう。

そういうものなのだと思います。「メシが食えるか(メシを食っているか)どうか」、ですね。

|

« WRYYYYY――! | トップページ | ひいろお »

「社会論」カテゴリの記事

「科学論」カテゴリの記事

コメント

>漫画家が、激務続きで肩がパンパンになった、というのを聞いたら、

うちのオヤジだったら「だからそんな商売じゃなくて、もっとまともな堅気の商売に」とかなんとか(爆)

投稿: 亀@渋研X | 2007年9月 8日 (土) 00:57

亀@渋研Xさん、今晩は。

あー、そういう感じで言う人も、いるかも(笑)

前、浦沢直樹さんがテレビに出た時、相当身体がボロボロだ、という話をしてたんですよね。なんか、凄かったです。

投稿: TAKESAN | 2007年9月 8日 (土) 01:02

僕も身体はそうとう無理させてます。人には絶対に勧められない職業です。
毎日、3時間モーツァルトのオペラを見続けたり、音楽を聴き続けても、確実に成績は落ちると思います。モーツァルトは違う、他の効果がある、とか言い出す人がいるのかなとか、勝手な想像をしてしまいました、

投稿: corvo | 2007年9月 8日 (土) 01:13

corvoさん、今晩は。

 >毎日、3時間モーツァルトのオペラを見続けたり、音楽
 >を聴き続けても、確実に成績は落ちると思います。
あ、これは良い喩えですね。
なんか、「高尚/低俗」と、文化を切り分ける考えがあるのかな、と。
部活やってる人なんて、一日5時間くらいになる事も、ありますしね。朝練もやってて疲れ果てて、授業中寝てたり。そりゃそうなるわな、と思ったり。

私自身は、一日平均2時間程度は、ゲームをやっていましたが、得るものは大きかったです。もちろん、勉強をやる時間が少ない、というマイナス面も、ある事はあるのですが、勉強をやらなかったのは、それが大嫌いだったから、という理由も大きいですね。ゲームをやって勉強もやる、というのは、上手く時間配分すれば、多分可能だったので。

投稿: TAKESAN | 2007年9月 8日 (土) 01:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/7848132

この記事へのトラックバック一覧です: 位置づけ:

« WRYYYYY――! | トップページ | ひいろお »