« 空気 | トップページ | ぬいぐるみ »

2007年9月15日 (土)

パズル

知らない事を知らないと言うのは、ちょっと恥ずかしいけれど、知らない事を知っているかの様に言うのは、もっと恥ずかしい。

知りもしない事について「知っている」、と言ったって、言った瞬間に知識が脳に流れ込む訳じゃ無いから、素直になればいいのにね。

知っていると「思い込んでいる」場合もある。自覚としては、ある程度の知識を持っている、と。でも、実は全然知らない(知識が足りない)という事は、ある。

そこに気付くかどうか、だと思う。それを気付かせてくれる様な助言があったり、本を読んだりして、自分が知らないというのを知る。

無知に気付くためには、自分の認識を俯瞰で見る能力が必要なんだよね。何を知らないかを知る、という事だから。超巨大ジグソーパズルで、どのピースがはまっていないかをちゃんと把握する様なもの、か。

無知を「嫌がる」人は、そうならないんだろうなあ。知識を増やす事もせず、自分が知らないのを認めたがらない。でも、ピースがはまって無い所を手で覆い隠して、はまっている、と言っても、指の隙間から、ちゃんと見えるんだよね。はまって無いのを自覚してはいるのだけれど。

負けず嫌いなのかな。

他人に負ける/勝つ よりも、世の中の事についてどれだけ知っているか、というのが、大切なんじゃないか、と思う。

とまあ、そんな事を、ふと考えたのでした。自分は出来てるのか、と問われれば、ある程度出来ていて、ある程度出来ていない、と言えるでしょう。なんじゃそりゃ。

|

« 空気 | トップページ | ぬいぐるみ »

「随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/7944309

この記事へのトラックバック一覧です: パズル:

« 空気 | トップページ | ぬいぐるみ »