« 伝説の男 | トップページ | 見事な詭弁 »

2007年9月19日 (水)

クリシンのことか――――っ!!!

タイトルは、by悟空(こう書いても、解らない人は解らない)

クリティカル進化(シンカー)論―「OL進化論」で学ぶ思考の技法 Book クリティカル進化(シンカー)論―「OL進化論」で学ぶ思考の技法

著者:秋月 りす,道田 泰司,宮元 博章
販売元:北大路書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ドラゴンさんにご紹介頂いた本。

面白いですね。テキストもそこそこ平易で、読みやすいかな。

何より、漫画が面白い。元々読んだ事無かったので、凄く楽しみました。

クリティカルシンキング 不思議現象篇 Book クリティカルシンキング 不思議現象篇

著者:T・シック・ジュニア,L・ヴォーン,Lewis Vaughn
販売元:北大路書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今、7/10くらい読みました。

実に良い本。『疑似科学と科学の哲学』と『不思議現象 なぜ信じるのか』を、足して2で割った様な感じ(何だこの表現は)。ホント、オススメです。科学哲学的な説明、心理学的論理、医学的研究方法等が検討されていて、盛り沢山。採り上げられているトピックも、ニューサイエンス(フリッチョフ・カプラやライアル・ワトソン)、創造論、N線、ヴェリコフスキー、ESP、臨死体験、ルナエフェクト、等々。かなり色々ありますが、それでも、原著から削られているとか。偶数ページに、古今の科学者・哲学者・思想家・作家等の名言も書いてあって、これもいい。

是非一読を。

|

« 伝説の男 | トップページ | 見事な詭弁 »

「科学論」カテゴリの記事

コメント

ナメック星編のクリリンはオイシイ役回りでしたね。
初登場(大林寺から亀仙人を訪ねてきた時)の頃は、ちょっと調子良くて小ずるい奴、という印象が強かったのですが、この頃にはなくてはならないキャラになっていましたね。
そして、しまいには「地球人の中では最強」になると。
ロマンスもあったし。
クリリンがらみって「ちょっといい話」が多いですね。

すみません。ちょっと「息抜き」させてもらっちゃいました。

投稿: PseuDoctor | 2007年9月20日 (木) 21:45

PseuDoctorさん、今晩は。

kikulogのエントリーでは、お疲れ様です(としか言いようが無いですね、ROMの身としては)。

クリリンはいいですね。マンガ史上屈指のサブキャラだと思います。

さっきテレ朝の番組で、丁度あの場面をやってました。いやー、いい。

投稿: TAKESAN | 2007年9月20日 (木) 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/8006969

この記事へのトラックバック一覧です: クリシンのことか――――っ!!!:

« 伝説の男 | トップページ | 見事な詭弁 »