« おとなのリテラシー | トップページ | 科学者人形をサンドバッグにする人 »

2007年8月19日 (日)

昔の考え

ずっと前に書いた覚書から、ちょっと引っ張ってみます。細かい部分は修正。日付を書いてあるのに、何年に書いたものかが解らない…。特定のテーマを設定している訳でも無く、走り書きしたものなので、かなりばらばらです。

”頭の良い人”というのは、自分が何を知っていて、自分が何を知らないかを解っている人。事象の構造を、分析的、或いは直観的に見抜いている人。

--------

自己と他人の「認識のずれ」を認識する。

自分と他の人の考え方が違うのは当たり前なのに、自分の考えを押し付けたり、人の言う事を自分勝手に解釈し、勝手に腹を立てたりする。そして、仲違い・喧嘩・悪口等の、ネガティブな現象が起こる。

--------

肉親が死んだ、という演技をする時に、他の事を考えて感情を昂らせ、涙を流したとして、それは果たして、「本当の演技」を言えるのか。

--------

相手の言った事に反応する前に、少し立ち止まる。相手が何を考えているのか、同一の言葉に対しての、双方の認識のずれ。

--------

自分の頭の良さを自覚している人は、他人の考えが浅薄なものに感じ、相手を見下す事があるかも知れないが、それは、まだまだレベルが低い、という事。

--------

自分の事を、「頭が悪い」と言う人がいるが、使わないものが、良くなる筈が無い。これは、自動車の免許を持ってない人が、「自分は車の運転が出来ない」、と、当たり前の事を言っている様なものである。

うーむ。ここに書いている事と、共通しているかな。同じ人間だから、当たり前かも知れないけど。でも、すっごく偉そうですね(文体を、ちょっと変えました)。調子に乗ってる感がある。他人の意見をそれ程積極的に調べず、思弁を巡らせて書いたものなので、自分は結構賢いかも、とか思ってたんでしょうね。なかなか恥ずかしいですなあ。

|

« おとなのリテラシー | トップページ | 科学者人形をサンドバッグにする人 »

「随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/7588171

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の考え:

« おとなのリテラシー | トップページ | 科学者人形をサンドバッグにする人 »