« 教育 | トップページ | 読めない »

2007年8月 4日 (土)

ぱにっく

何か、しょこたんがパニクッてるみたいですね。ログを読むに、心霊現象的な事(←何それ)を体験したのかな? それで衝撃を受けているご様子。よくわかりませんけど。

いや、中川さん(←違う人みたいだ)は、オカルト的な事には懐疑的なんじゃないかなあ、なんて勝手な印象を持ってたので、ちょっと意外かな、と思って。でも、楳図かずおさんを尊敬なさっているみたいだし、元々そっち系を信じる方なのかも知れませんねえ。

ちなみに私は、子どもの頃、『恐怖新聞』とか『エコエコアザラク』とかに、やられました。あんなもん、小学2・3年生が読むマンガじゃあ、無い。怖いなんてレベルじゃありませんからね。精神衛生上、あんまり良く無いです(笑) 後、魔太郎とかにもやられましたけど。他にも、『ブラック商会変奇郎』とか『うしろの百太郎』とか。…うーん、凄いラインナップだ。超ネガティブなマンガばっかり。

-----------

お、このエントリー、1000番目だ。よー書いてますなあ。

|

« 教育 | トップページ | 読めない »

「随想」カテゴリの記事

コメント

別段ファンじゃないんですけど、実はしょこたんはつねづね凄いなぁ、と思っていたりして。アイコンと云うか、ヴィクティムと云うか。

どうなんでしょうねぇ。相当怜悧じゃないととてもできないようなことを平然としてるので、安易に乗せられたりしないような気がしてたんですけど。自分自身をあんなふうに素材として扱う、ってのは結構しっかりした自覚がないと難しいと思うんですけどね。

投稿: pooh | 2007年8月 4日 (土) 10:47

poohさん、今日は。

余程物凄い体験をしたんでしょうねえ。それへの言及の仕方も、客観的に自分を観察して、冷静さを保とうとしていて、そこに賢さが滲み出ていると感じます。

あ、これか⇒http://www.fujitv.co.jp/honkowa/story_main.html#32ie

何だろう。霊能者に色々見透かされて、それにショックを受けた、とかかな。

投稿: TAKESAN | 2007年8月 4日 (土) 12:50

こんにちは。
何がおこったのか気になるなぁ~
こうやって考えること自体、中川さん(自民党幹事長が浮かんじゃう)の手のひらなのかな><

うしろの百太郎を見てビビリながらこっくりさんやったなぁ~と感慨にふけりつつ、つのだじろうのHPを見てみたら「うしろの始皇帝」なるものを発見して、にやけました。

投稿: tank | 2007年8月 5日 (日) 09:33

tankさん、お早うございます。

既に、ちょっと「ほん怖」を観てみようかな、と釣られている自分がいます(笑)

私もこっくりさん、やりましたねえ。つのださんのマンガ、『恐怖新聞』とか、怖い怖い。

 >「うしろの始皇帝」

解説を読んで、噴きました。

振り返ってみると、ホラーマンガの影響は大きいなあ。信じ切ってましたしね。何故そんな人間が、ここまで懐疑主義になったんだろう…。

投稿: TAKESAN | 2007年8月 5日 (日) 10:07

私はしょこたんについては、ブレイクするかなり前から「映画秘宝」のインタビュー記事などで知っているのですが、確かに彼女は懐疑的どころか相当なオカルト好きで「ムー」とか読んでいるんですけど、なんというか変な方向に行ってしまう危うさはほとんどないように見えるんです。
彼女のオカルトに対する興味は、幼い頃に白血病で無くなった俳優の父親から影響を受けたのが始まりだと本人も言っていますが、しょこたんの場合はオカルトだけじゃなく同時にマンガとかアニメとかゲームとかカンフー映画とか、そういったサブカルというかオタク文化の洗礼も受けているんです。
これは私が見ても圧倒的に彼女の強みだと思っていて、幼少期にこういった色々な文化に触れた事で、ある種のサブカル的なものへの免疫が出来たのではないかと思っています。
こうした免疫を私はニセ科学の問題でも重要だと思っていて、例えばきくちさんやと学会会長の山本弘さんがオカルトやニセ科学を笑ったり批判する時に働かせる(SFおたく的と言ってはいけないんでしょうが、その資質も関係していると私は思う)懐疑心とはまた違うタイプの、ウソを見抜く力がこうした免疫を持つ人にはあるのではないかと。
実際しょこたんは物理学に関する知識は一般書に書かれてあるような程度のものしか無いですが、水伝を肯定したりはしていないですし。

投稿: 内海 | 2007年8月 5日 (日) 18:00

内海さん、今晩は。

▼▼▼引用▼▼▼
幼少期にこういった色々な文化に触れた事で、ある種のサブカル的なものへの免疫が出来たのではないかと思っています。
こうした免疫を私はニセ科学の問題でも重要だと思っていて、
▲▲引用終了▲▲
これは、とっても重要だと思います。この間、私も同じ様な事を書きましたけれど、子どもの頃から多種多様のものに触れる事で、メタになれる(事がある)のではないかと思っています。

しょこたんのエントリーのタイトルを見ると、物凄い知識量だというのが窺えますよね。ああいうのがポンポン出てくるのは、知識が多いのと、相対化して楽しんでいるから、なのだと思います。タイトルのネタが結構解る自分も、アレですけど(笑)

私はよく、最近の人の認識力が下がってきている(科学リテラシーや懐疑精神)と言う主張に、疑問を投げかける事がありますが、それは、上に書いた様な考えがあるからですね。懐疑的なものの見方というのは、そもそも他人の言う事を鵜呑みにしない、とか、色々なものを相対化し、比較して考える、という所と、具体的科学的な知識が合わさって醸成されるものだと思いますが、前者については、サブカルチャーに接する事によっても鍛えられるんじゃないかなあ、という感じです。
で、もちろん、科学的知識も、大変重要な訳で。直観的・直感的に、おかしいとか、まだ何とも言えない、と思っても、具体的な知識が無ければ、それをうまく、分析的に説明出来ないのですよね。科学というのは、現象の構造を記述するツールですから、それを身に着けるのは、肝腎ですね。

ですから、懐疑的精神が形成されていても、科学的な知識が不足していたりすると、凄く悩ましい気分になるのですよね。鵜呑みにする様な心性は無いが、ちゃんと説明がつかないのは、何だか気持ちが悪い、と。しょこたんは、そういう段階なのかな、なんて考えてます。

しかし、しょこたん、皆さんに、非常に高く評価されてますねえ。私もですけど。

投稿: TAKESAN | 2007年8月 5日 (日) 18:54

例えばマドンナは自分の(たまたま)持ち合わせた美貌や肉感性をまだ若い頃に自覚して、それが自分のソングライターとしての才能を生かすことのできる要素だって判断して、そこから戦略を組み立てていったんだと思うんです。

しょこたんにはそれに近いものを感じます。蜷川美花に対する自分自身の「差し出し方」といい。
でも彼女に対する本当の評価はこれからですが。ここまではとりあえず「かっこいい」です。

投稿: pooh | 2007年8月 6日 (月) 00:29

poohさん、今日は。

しょこたん、いそうでいなかったキャラですよね。私は3・4年前から知っていましたが、いいともなんかに出ても、観客は引きまくりでしたけど、今はすっかり売れっ子ですね。
色々自覚して、それを上手く出しているのでしょうね。

何年か前、いいともに出て、「ブーン」をやってましたけど、あれは誰も気付いてなかったなあ。

投稿: TAKESAN | 2007年8月 6日 (月) 12:04

しょこたんは、zororiさんご紹介の、ここを読むべし⇒http://www.nazotoki.com/

しょこたんなら、ウィザードさんと同じ様な認識に至れる筈。

ウィザードさん、20代かあ。お若いのに、大したものですね(←この言い方は若く無いなあ)。やっぱり、きっかけですよね。私にとってのきっかけは、きくちさんやapjさん、そして、中猫さんのサイトです(中猫さんの書く文章のファンなのです)。

投稿: TAKESAN | 2007年8月 8日 (水) 17:10

こんばんは。

実は、懐疑論や懐疑論者について知ったのは、ウィザードさんのサイトだったりします。
自分が影響を受けたサイトがkikulogや、TAKESANさんのブログで紹介されていて、思わず喰いついちゃいました。

あと、ウィザードさんのリンクでも紹介されていますが、ここのサイトもオススメです。特に残虐猟奇事件と残酷史は下手な怪談より、こうぇ~って感じです。寿命は縮まないのでご安心を。
http://www.nazoo.org/
すでにご存知でしたら、すみませぬ。


投稿: tank | 2007年8月 9日 (木) 00:04

tankさん、今晩は。

面白いサイトのご紹介、ありがとうございます。 「残虐猟奇事件と残酷史」、なかなか物凄いですねえ。

こちらも早速、お気に入りに入れました。

この手の話、最近は全然見たりしていなかったのですが、読んでみると、結構夢中になっちゃいますね。やっぱり、子どもの頃によく触れてたから、好きなのかな。

オーパーツの所も面白いなあ。

投稿: TAKESAN | 2007年8月 9日 (木) 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/7403641

この記事へのトラックバック一覧です: ぱにっく:

« 教育 | トップページ | 読めない »