« ちょっと余計な… | トップページ | きっかけ »

2007年7月 6日 (金)

思いついたまま

ものすごーく内省的な文章です。しかも、纏まっていない(纏めていない。めちゃくちゃに飛躍している)ですが、あんまり気にしないで下さい。

-----------------

何か書こうと思っても、全然出てこない。

こういう時は、PCの前で、ボーッとして、言葉が出てくるのを待つ。

「捻り出す」、と言うより、「染み出る」、という感じ。じわりじわりと。ウンウン唸っても、あまり良くない気がする。

調子がいい時は、止まらなくなるくらい、どんどん出てくる。こういう時は、「湧き出る」感じかな。

あの事について、何か書けないかなあ、と考える。それで、ちょっと文章を、頭の中で紡いでみる。

でも、それをそのまま出すのには、抵抗がある。そこはこうじゃないの? こう反論されたらどうするの、と、自分で自分の思考を批判する。

多少の学術的専門概念を知っている場合に、それを使って説明しようとする。そうすると、自分はそれについて、ちゃんと体系的に認識しているか、という自問が始まる。そして、自身の知識不足を悟る。

で、知らない事は、結構気持ち悪いから、当該分野について調べてみる。知識が広がる。そして、自分の知識がちっぽけである事を、再び自覚する。

この事について、他の人はどう考えているのだろう、と考える。もしかすると、自分が知らないだけで、どこかで、遥かにレベルの高い議論が行われているのかも知れない。

井戸の中で跳ねている蛙になるのは嫌だから、色んな事を考える。声が大きいだけで、中身が空っぽな事も書きたく無いから、徹底的に、自己を省みる。

自分の認識力がどの程度か、他にどれくらい優れた人がいるのか、自分を位置づける。正確な理解。狭い見方になっていないか。常に俯瞰でチェックする。

近視眼的な認識に陥っていないか、他者を見下していないか。自身の正しさを印象付けようとしていないか。取り繕いをしようとしていないか。

基本的に、臆病なのだと思う。そして、自分が駄目なのを嫌う。完全主義者的。負けるのが嫌い。だから、武装する。論理の剣を構え、知識の鎧を纏う。

結局、優れた存在でありたいという願望。たまに、そういう所を自覚して、厭になる事がある。

そういう、自己の無意識的な部分すら、自覚したいと思う。欲張りな人間。自分の事を自分が一番知りたい、という欲求。

かと言って、完全を「目指して」いる訳では無い。そんな事は不可能であるのを、知っているから。人間は死ぬしね。そういう意味では、「諦め」ている。楽と言えば楽。

だから、行ける所まで行く、という感じ。どこまで行けるか、楽しみだ。

|

« ちょっと余計な… | トップページ | きっかけ »

「随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/7045873

この記事へのトラックバック一覧です: 思いついたまま:

« ちょっと余計な… | トップページ | きっかけ »