« 考えられない | トップページ | キャッチボール »

2007年7月22日 (日)

できる子

こんな本が出てたんですね⇒アスコム:できる子は10歳までに作られる

七田式も採り上げられているんですね。もちろん、一般の養育者向けの内容なんでしょうけれど。

【楽天市場】できる子は10歳までに作られる:楽天ブックス

↑ここを見ると、ゲーム脳の話が書いてあるみたいです。どんな扱われ方しているのかな。

話は替わって、いつも思うのですが、篠原氏、テレビにしても何にしても、安易に出過ぎじゃないですかね(この本は読んでいないので、内容解りませんが)。氏は「科学者」ですから、望むと望まざるとに拘らず、ある程度の権威付けがなされると思うのです。それを視聴者や制作者の責任だ、と言ってしまえばそれまでですが、もう少し、どう捉えられるかを、考えた方がいいんじゃないかなあ。川島氏にも、同じ様な印象を持つ事がありますが。

|

« 考えられない | トップページ | キャッチボール »

「ゲーム脳」カテゴリの記事

「メディア論」カテゴリの記事

「社会論」カテゴリの記事

「科学論」カテゴリの記事

コメント

今日本屋で見つけたので、ちょっと読んでみました。

ゲーム脳については、ちゃんと批判がある事も載せていて、徒に煽る様な書き方ではありませんでしたね。脳内汚染についても紹介されていましたが、こちらは、そういう説が出されている、というだけでした。比較的、バランスが取れていた記述だったと思います。

七田式については、思った通り、内容としては穏当。当たり前ですが。kikulogでも紹介されていた様な、ほめて育てるとか、そういう感じ。才能逓減なんちゃらも、載っていましたが。

投稿: TAKESAN | 2007年7月22日 (日) 19:13

こんばんは(^0^)。

彼は、茂木さんと同じような意味で、「この人と対談したり、共著書いたらあかんやろ。」についてのセーブが上手く出来ていない、ちょっとうっかりさんなところあるんじゃないですかね(^^;。

速聴の田中考顕監修の本の共著者になっていたこともありますし。

投稿: JosephYoiko | 2007年7月22日 (日) 22:37

JosephYoikoさん、今晩は。

篠原氏のブログを読んだりすると、科学者としての好奇心が旺盛なのかな、というのは感じるのですが(科学的な認識力もあるみたいですし)、何でもかんでも出るのはなあ、と思います。超能力を扱う番組に出たりするのもなあ…(もちろん、科学者としておかしな事を言ったりする訳では無いのですが)。

投稿: TAKESAN | 2007年7月22日 (日) 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/7225119

この記事へのトラックバック一覧です: できる子:

« 考えられない | トップページ | キャッチボール »