« 道具主義 | トップページ | アップデートされない知識 »

2007年7月31日 (火)

選んだのは

横綱を選んだ人達が、横綱の「品格(とか品位とか)」についてあれこれ言うのは(私が見たのは、一人か二人だったと記憶しています。内一人は、横綱審議委員)、ちょっとおかしいと思うのですが、どうでしょうか。だって、横綱に品格が無いのが事実だとすれば(仮定ですよ)、その、「品格の無い」人を、審議した上で横綱に昇格させたという事実は、どうなるのでしょう。「ああいう品格の無い人間を選んでしまった責任は自分にもある。申し訳無い」、と言うのなら、まだ解りますが(そう言っている人、いるのかな?)、自分で選んでおいて、その人の人格の問題点を批判するというのは、自身の「見る目」が無かったと宣言している様なものだと思います。

あ、後。

歴代の横綱は、「品格」とやらを、備えていたのでしょうか。そして、本当に、朝青龍氏は、その「品格」とやらが、著しく欠落しているのでしょうか。昔の横綱のエピソードには、今それをやると大変な騒ぎになるものが、結構ある様に思います。昔なら、それが他に迷惑を掛ける様な行為であっても、「豪胆」とか「型に嵌らない」とか、ポジティブな評価を受けたのかも知れませんね。どちらが良い、という事でもありませんが。

これは余談ですが。個人的な語感からすると、品格を兼ね備えていると感じるスポーツ選手(武道も含む)など、見た事が無いです。私にとってそれは、威厳と謙虚さと自覚と強さと大胆さと優しさを併せた様な概念なので、それを持った人間が存在するかどうかも、怪しく思っているのです(笑)

|

« 道具主義 | トップページ | アップデートされない知識 »

「随想」カテゴリの記事

コメント

http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/customs_prevailing/story/06gendainet05017861/

一回、読んでみようかなあ。ある意味興味深いし。

少なくとも、「品格度チェック」に興じている人には、品格はありませんわな。

投稿: TAKESAN | 2007年8月 6日 (月) 13:29

参考に⇒http://plaza.rakuten.co.jp/saijotakeo0725/diary/200708050000/

同意出来る所も多いです。

投稿: TAKESAN | 2007年8月 7日 (火) 12:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/7336248

この記事へのトラックバック一覧です: 選んだのは:

« 道具主義 | トップページ | アップデートされない知識 »