« 出し方 | トップページ | ゲーム感覚 »

2007年7月20日 (金)

モバイル社会

遊鬱さんの所のコメント経由で⇒モバイル社会の現状と行方 : 書評 : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

追記:本の内容について、コメント欄で教えて頂きました。是非ご覧下さい。

ホント、こんなに批判的な書評というのも、あまり見ないですよね。面白い。

 携帯電話の普及がもたらす社会の変化も気がかりだが、携帯に対する偏見が生み出す闇もまた心配になってきた。携帯はあくまで道具。解釈よりまず取扱説明書をきちんと読んで、私もせめてメールぐらい打てるようにならねば。

素敵ですね。

しかし、何でもかんでも、「心の闇」とか言わんで欲しいですね(本にそう書いてあるのかは判りませんが、括弧で括っているので、書いてあるのかな、と思います)。

ケータイでのメールの平均が18件/日なんて、異常に多いと、直観的に思います。はずれ値がありそうな予感。サンプリングも、どうやったのだろう。「送受信件数」だから、メルマガとかも含むのでしょうか。詳細がわからないので、その内、読んでみようかな。ちなみに私、携帯電話でメールするなんて、数週間に一回とかのペースです(笑)

もちろん、このエントリーは、書評についての感想なので。本そのものについては、読んでいないので、何とも言えないです。心理学の専門家が書いた本だから、心理統計についても適当な事は書かないだろう、と思いたいのですが、著者に正高氏が入っているので、むむ、と思ったのでした。これも一つのバイアスですね。

モバイル社会の現状と行方―利用実態にもとづく光と影 Book モバイル社会の現状と行方―利用実態にもとづく光と影

著者:小林 哲生,天野 成昭,正高 信男
販売元:エヌティティ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 出し方 | トップページ | ゲーム感覚 »

「メディア論」カテゴリの記事

「文化論」カテゴリの記事

コメント

たまたま来たものです.この書評,たしかに辛口ですね.この本を読みましたが,評者は誤解が多いようですね.心の闇ばかりの主張でなく,ケータイのいい面もちゃんと書いてあります.また,データは年代別・男女別に分析されています.メール送受信が多いのは若者だけですね.一読をおすすめします.

投稿: たまたま | 2007年7月20日 (金) 12:08

たまたまさん、今日は。

情報、ありがとうございます。
成る程、モバイル普及の功罪を併せて記述している、という事なのですね。書評した方が言っているのは正論だが、そもそも本でも、それ程煽られている訳では無い、といった所でしょうか。
分担執筆になっていて、著者によってニュアンスがあるのかな、というのも推測しておりました(なので、正高氏云々と補足しました)が、どうなのでしょう。

興味があるので、その内に読んでみようと思います。

投稿: TAKESAN | 2007年7月20日 (金) 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/7208128

この記事へのトラックバック一覧です: モバイル社会:

« 出し方 | トップページ | ゲーム感覚 »