« 確信 | トップページ | 共通了解 »

2007年7月 9日 (月)

百貨店の包装紙2

同じ事でも、「誰が言っているか」で、その捉えられ方は、全く変わってくる訳で。

「当たり前過ぎてわざわざ言わない」内容でも、江原さんや細木さんが言う事によって、ありがたい言葉として、説得力を持つのですね。

別にこれは、必ずしも悪い事では無く、良い効果を持つ場合も、あるでしょう。憧れの人、カリスマ性の高いアーティスト、好きな人、等々の言葉で元気付けられ、勇気付けられて、人生の糧になるというのは、よくある事です。

ただ、それでも、誰が言っているか、とかは、一旦置いておいて、何が言われているかをちゃんと考えるのも、すべきですよね。

|

« 確信 | トップページ | 共通了解 »

「随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/13103/7071940

この記事へのトラックバック一覧です: 百貨店の包装紙2:

« 確信 | トップページ | 共通了解 »